【朝日新聞】石破茂元幹事長に善戦を許したことで求心力の維持が難しくなる可能性がある。

 自民党総裁選は安倍晋三首相が狙った「圧勝戦略」に狂いが生じ、3期目の政権運営に影を落とす結果となった。首相は来月1日にも内閣改造を行うが、麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官、党役員人事では二階俊博幹事長を続投させ、政権の骨格は変えない方針。だが、石破茂元幹事長に善戦を許したことで、来夏の参院選の結果次第では求心力の維持が難しくなる可能性がある。

記事を読む

【南北首脳会談】朝鮮中央テレビ、文在寅大統領「90度お辞儀」を何度も報道…「しばらく語られるだろう」

北朝鮮朝鮮中央テレビが韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪朝日程を25分かけて詳しく報じた。特に、文大統領が平壌(ピョンヤン)市民たちに対して腰を曲げて挨拶する様子は3回以上放送した。朝鮮中央テレビは文大統領の訪朝翌日である19日に関連のニュースを詳しく報じた。平壌順安(スナン)空港で文大統領を待つ北朝鮮首脳部の様子から「大統領閣下」と優遇する儀仗隊査閲の様子、21発の礼砲もそのまま放送した。

記事を読む

文在寅「わが民族は優秀です。わが民族は強いです。 わが民族は平和を愛します。 わが民族は共に生きるべきです。」

「わが民族は優秀です わが民族は強いですわが民族は平和を愛しますわが民族は共に生きるべきです」日本で同じこという政治家がいたら、 リベラル言論に死ぬほど叩かれただろうな。

記事を読む

【クソワロw】アホの朝日新聞 文科省の不祥事を「前事務次官も」と報道 聖人の名前は一切出さず

文部科学省の戸谷(とだに)一夫事務次官(61)が、文科省をめぐる一連の汚職事件の責任などを取って辞職する意向を固めたことが、関係者への取材で分かった。 文科省では、前の事務次官も組織的な天下り問題の責任をとって辞任しており、事務方トップが2代連続して不祥事で辞める形となる。

記事を読む

朝日新聞様が総裁選を論評「アベは信頼を勝ち得ていない。次の参院選では痛い目見るぞ!」

今回の自民党総裁選で問われたのは、「1強」がもたらした政権のゆるみとおごりだった。しかし、歴代最長の通算在任期間をうかがうのにふさわしい信頼を、安倍晋三首相が勝ち得たようには見えない。  首相の得票率は国会議員票82%に対し、地方票は55%。この差をどう読むか。首相支持陣営の強烈な締め付けにもかかわらず、地方議員や党員には、政権への不信が根強いと解するのが自然だろう。

記事を読む

マスコミ倫理懇談会 メインテーマは報道の『信頼度』

新聞、放送、通信社、出版などで構成するマスコミ倫理懇談会全国協議会の第62回全国大会が20日、札幌市のホテルで始まった。「その伝え方、信頼されていますか」をメインテーマに約100社・団体から計300人以上が参加。実名報道や災害報道の在り方など七つの分科会に分かれ、活発な議論を行った。

記事を読む

【朝鮮日報】ハンバーガーの中身がずれないように食べるには

ハンバーガーの中身がずれないように食べるには ハンバーガーを上下逆さにして食べると、中身がずれにくくなる。

記事を読む

石破 茂氏「今回は無理だったけど、次で安倍の任期切れるしそこを狙うわ」

 自民党の石破茂元幹事長は20日、「ポスト安倍」に意欲を示した。両院議員総会終了後、党本部で「(ポスト安倍は)誰かがやらねばならないので、一生懸命努力する」と述べた。「自分が納得できないまま名乗りを上げるのは国民に失礼だ。自らを高めていきたい」とも発言した。

記事を読む

玉城デニー「南西諸島への自衛隊配備強行認めない。尖閣問題は外交や国際法で解決を」

①八重山・宮古への自衛隊配備計画について 住民合意もなく地域に分断を持ち込むような自衛隊配備強行は認められない。地元に十分な説明を尽くすことは国の最低限の責務だ。沖縄県民は先の大戦で筆舌に尽くしがたい悲惨な地上戦を体験し、多くの県民の命が奪われた。自衛隊は専守防衛に徹するべきだ。

記事を読む

【東亞日報】「安倍の3選と韓日」=コ・ミソク論説委員

本日行われる日本の自民党総裁選挙は事実上、次期総理を決定づける選挙である。選挙は安倍晋三総理と石破茂元幹事長の一騎打ちで行われる。3選を狙う安倍総理が確固たる優位を占める状況のため、すでに日本最長寿の総理時代が開かれるという展望も出ている。

記事を読む

無謀www 米豪に続きインド、韓国 5G通信で中国ファーウェイとZTE拒否  

次世代の無線通信技術5Gは、製造、医療、輸送などあらゆる業界に革命を起こす重要な最新技術だ。経済活動に欠かせない技術になるとみて、各国は早期の設置を急いでいる。同時に、大手通信企業の市場占有レースも始まっている。中国は国家政策で5G展開と世界市場参入を明記している。製造大国を掲げた「中国製造2025」にも、5Gの積極導入が書かれており、第13次5カ年計画(2016-2020)にも「5G技術と超高速通信技術を積極的に推進し、5Gの商業化を急ぐ」と記している。

記事を読む

【立憲】枝野代表「6年のうちに政権担う可能性は十分にあるから」 カウンターパート(になるかもしれない)トランプ氏の論評避ける

立憲民主党の枝野幸男代表は訪米中にトランプ大統領に対する印象について聞かれ「トランプ大統領の任期は最長6年あまりある。それまでに(立憲民主党が)政権を担う可能性は十分にあると思っているので、カウンターパートになる可能性ある方について、あまり第三者的に論評すべきではない」と軽々な発言は避けた。

記事を読む

【テカテカ】山尾志桜里、離婚報道に「一切回答しない」

立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(44)が今年2月に、IT企業経営者の夫(44)と協議離婚していたと19日、一部報道があったことを受け、山尾氏の事務所は「一切回答しない」とコメントした。山尾氏は昨年9月、年下の弁護士とのダブル不倫疑惑が発覚。

記事を読む

古谷経衡「酔っ払った山尾志桜里に罵倒された。本当にこの人はその昔検事だったのろうか。茨城県南部のヤンキーよりもたちが悪い」

先日、私は山尾志桜里に偶然にも邂逅した。のっけから私への敵愾心を鮮明にするどころか、初見から激しく罵倒された。 「だから、読んでもいねぇのに批判すんな、つーの! あ?」(ママ) 「私の国会答弁全部観た? 観た? 観てねーのに批判すんじゃねーよ!」(ママ)。

記事を読む

鳩山由紀夫が感涙「翁長元知事は『鳩山さんは沖縄にとって恩人だよ』とまで仰ったというのです。…翁長知事の遺志の一端を担がせて下さい。」

週刊金曜日に載った翁長樹子さんのインタビューを拝見し感涙しました。知事は「鳩山さんは沖縄にとって恩人だよ」とまで仰ったというのです。官僚の壁が厚くて辺野古に戻ったけれど、沖縄県民はもう我慢しなくて大丈夫と思わせてくれた人いう意味だそうです。翁長知事の遺志の一端を担がせて下さい。

記事を読む