4

【米軍】尖閣諸島近海で“実際の作戦”想定とみられる訓練(NHK)

中国当局の船による航行が常態化している沖縄県の尖閣諸島の近海で、ことし2月、アメリカ軍が兵士を輸送機から降下させる訓練を計画し、海に物資を投下したとみられることが日本の防衛関係者への取材でわかりました。アメリカ軍が尖閣諸島の近海で実際の作戦を想定したとみられる訓練を行うのは極めて異例で、米中の対立が深まる中、この地域への関与を強めようとする動きだと受け止められています。
10

【お笑い韓国軍】空母搭載型艦対地弾道ミサイル玄武4-2の開発を完了!空母に弾道ミサイル!

韓国軍が射程距離と弾頭重量を大幅に増やした「弾道ミサイル3種セット」の開発を終えたことが分かった。大気圏外に出てから下に落ちる方式の弾道ミサイルは、低く飛ぶ巡航ミサイルに比べて破壊力が大きく、速度も速い特徴がある。サード(高高度ミサイル防御システム)のような迎撃ミサイルがあれば防御が可能だが、北朝鮮にはこうした迎撃手段がない。
5

【慰安婦詐欺団体】正義連、慰安婦訴訟敗訴に「国家免除は日本の論理…控訴する」「国際法の流れを無視した判決と言わざるを得ない」

旧日本軍慰安婦被害者20人が日本政府を相手取って起こしていた損害賠償訴訟で敗訴判決が下されたことに対し、今回の訴訟を支援してきた「日本軍慰安婦被害者支援団体ネットワーク」が控訴の方針を明らかにした。
5

【悲報】中国シノバック製ワクチンの有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる・・・チリ当局 「有症感染の防止効果は1回接種で16%」

中国疾病管理局のガオ・フー局長は、中西部の成都市で開かれたカンファレンスの場で、新型コロナウイルスに対するワクチンの有効性が低いとの認識を示した。フー氏は「現行のワクチンがあまり高い保護率を有していない問題を解決してゆく」と発言した。
8

立憲民主党「採決しないなら審議に応じてもいい」

衆議院憲法審査会で審議されている国民投票法の改正案について、立憲民主党の山花憲法調査会長は、採決は時期尚早だという認識を重ねて示す一方、採決が見送られるのであれば、22日の法案審議には応じる方針を自民党に伝えたことを明らかにしました。
10

【無慈悲】韓国「ワクチンスワップを!」 米国「ワクチン量に余裕がない」 韓国「困難な時の友人が本当の友人」

テョン外交部長官は21日、ソウルのプレスセンターで開かれた寛勲討論会で、韓米間のワクチンスワップと関連して「米国側から、今年の夏までにワクチン接種を終わらせる計画のために余裕量がないと説明された」と述べた。
5

【韓国】韓国の汚染水反発で・・・日本ネチズン、「韓国と断交すべき」

日本政府が福島原発の事故で発生した汚染水を海に放流することを決定して、韓国国内で大きな反発が起きている。特に韓国国内の大学生のデモに対し、日本のネチズンたちは「断交しよう」、「韓国から大使館を撤収すべき」、「北朝鮮がデモを扇動している」などのコメントが寄せられ、非難することに熱を上げる。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング