2017年11月03日一覧

【パヨク悲報】ASEAN世論調査「日本を信頼」91%…2015年調査(73%)から18ポイント増加 平和国家日本の歩みを「評価する」88%…外務省 

 外務省は3日までに、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国で行った対日世論調査の結果を発表した。 日本を「とても信頼できる」「どちらかというと信頼できる」と回答した人は91%に達し、2015年12月に実施した前回調査の73%から18ポイント増加した。

記事を読む

有田芳生「ここ数年にわたりネット上で「国賊」といった根拠なき攻撃が続いています。この国は寛容が消えていく危険水域にあります」

東京新聞の取材を受ける前、ある国民的ミュージシャンから相談を受けました。ここ数年にわたりネット上、とくにツイッターで「国賊」「非国民」といった根拠なき攻撃が続いています。音楽団体としてもツイッター社に適切な対応を求めるそうです。この国は寛容が消えていく危険水域にあります。

記事を読む

【トランプがやって来る】安倍首相の和牛ステーキもてなしに対抗!韓国ネットが「トランプ氏に食べてもらいたい」と挙げた味とは?

2017年11月2日、安倍晋三首相が5日来日する米国のトランプ大統領を和牛ステーキなどの鉄板料理でもてなす予定であることが韓国でも報じられ、話題を集めている。

記事を読む

【憤怒民国】韓国はいかにして「怒れる国」になってしまったのか=韓国ネット「競争とストレスで怒る余裕すらない」「改めて後進国だと実感する」

2017年10月31日、韓国ではこのところ、ささいなことへのイラつきや怒りから暴行・殺人など極端な犯罪につながる事件が後を絶たないという。このほど韓国・世界日報が「韓国はいつから『憤怒民国』になったのか」と題し伝えた。

記事を読む

日本の大学生らと面会したソウル市長「歴史問題の解決なくして未来はない」

2017年11月2日、韓国メディア・デイリアンによると、韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が日本の大学生らと面会し、「過去の歴史問題を確実に解決し、その上で未来を作っていかなければならない」との考えを示した。

記事を読む

【朝日あぶり出される】産経「日本を貶める日本人をあぶりだせ」→朝日「との記事に排他的だと批判がネットで集まっている!」

 産経新聞のウェブ版「産経ニュース」で、「日本を貶(おとし)める日本人をあぶりだせ」という見出しがついたコラムが配信され、ネット上で批判が集まっている。あぶり出した後でどうしようというのか。こうした言葉が、排他的な言説を拡散し、増幅させることにならないか――。

記事を読む

【不寛容】立憲民主党「自民党議員の飲み会行くな!飲むなら野党同士で」

立憲民主党が2日に開いた国対役員・筆頭理事合同会議で、自民党議員との「飲み会自粛令」ともとれる異例のお触れが出た。党関係者によると、国対幹部が各委員会の理事らに「党が費用を出すのでまずは野党の理事同士で交流を深めよう。

記事を読む

【東京・小平市】「日米壊滅」目指す朝鮮大学校の関与団体に使途不明金 補助金支出の小平市が架空領収書の調査を開始 過去五千万円拠出

「日米壊滅」目指す朝鮮大学校の関与団体に使途不明金 補助金支出の小平市が架空領収書の調査を開始東京都小平市が毎年度、約200万円の補助金を拠出する「小平市ごみ減量推進実行委員会」の支出に使途不明金があることが1日、分かった。市が明らかにした。

記事を読む

【朗報】憲法9条に自衛隊明記、賛成が反対上回る 安倍内閣支持率は54%に上昇 日経・TV東京世論調査

日本経済新聞社とテレビ東京は第4次安倍内閣の発足を受け、1、2両日に緊急世論調査を実施した。内閣支持率は54%で、9月の前回定例調査から4ポイント上がった。不支持率は38%で4ポイント下がった。

記事を読む

北朝鮮「おい、テレ朝 デマ報道は犯罪なんだよ!」核実験場崩落報道、テレ朝を名指しで猛抗議wwwww

北朝鮮は2日、日本のテレビ朝日が「豊渓里核実験場の地下坑道が崩落し約200人の死者が出た」と報じたことをめぐり、報道は虚偽・謀略であると猛反発した。

記事を読む

韓国自治体「水を満タン」にすると飛べない山火事用消防ヘリを2013年から使用していた事が判明。ヘリ賃貸業者を詐欺で摘発

韓国で水の積載量を偽った山火事用消防ヘリを自治体に貸し出し、不当に利益を得た民間ヘリコプターの賃貸業者が警察に摘発された。 韓国・全羅北道地方警察庁の知能犯罪捜査隊は1日、詐欺などの疑いで賃貸業者のA氏ら2人を書類送検したと明らかにした。

記事を読む

【中韓和解の条件】文在寅が中国に約束した内容www ハンギョレ新聞「『3NO』守れるだろうか?」

朝鮮半島周辺の環境や各局の利害関係によって状況が変化する可能性もあり、政府の「3NO」の約束がどこに向かっていくかを速断するのは難しい。

記事を読む