2018年01月一覧

【日刊ゲンダイ】オウム裁判終結でささやかれる 麻原死刑執行の政治利用「安倍首相が窮地に立たされた時こそがXデーとなるに違いない。」

【日刊ゲンダイ】オウム裁判終結でささやかれる 麻原死刑執行の政治利用「安倍首相が窮地に立たされた時こそがXデーとなるに違いない。」 ...

記事を読む

舛添要一「小室哲哉の辞任会見に正義漢ぶってコメントする者たちへ」 「正義どころか、金儲け第一主義。日本は終わる」

前東京都知事の舛添要一氏(68)が19日、ツイッターを更新。 18日発売の「週刊文春」で看護師との不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサー、小室哲哉(59)が同日、音楽活動の引退を電撃発表したことに言及した。 「小室哲哉の辞任会見に正義漢ぶってコメントする者たちへ」とつづり、「発行部数と視聴率、正義どころか、金儲け第一主義。日本は終わる」と持論を展開した。

記事を読む

【フランス】平昌五輪、頼みの綱 マクロン大統領が開会式欠席を表明wwwwwwww 中露+G7首脳が全員欠席か

フランスのマクロン大統領は18日、韓国の文在寅大統領と電話会談し、2月の平昌五輪開会式には仏政府からルドリアン外相、 フレセル・スポーツ相が出席すると伝えた。仏大統領府が19日に発表した。マクロン氏は、北朝鮮の平昌五輪参加は「前向きな要素」だと評価。南北協議が、朝鮮半島の非核化に向けた緊張緩和や信頼醸成につながることに期待感を表明した。

記事を読む

舛添要一「文在寅政権も、慰安婦問題で日韓合意を尊重しない。日韓関係改善に努力してきた者として、徒労感を覚える」

1965年の日韓基本条約の前提は、韓国の対日賠償権放棄である。しかし、その後韓国はこの前提を覆してきた。文在寅政権も、慰安婦問題で日韓合意を尊重しない。これが、同じ旧植民地であっても、日本人が韓国よりも台湾に親近感を持つ所以だ。

記事を読む

【悲報】天候不順で野菜が不作・高騰 ⇒ パヨク「ネトウヨが自民に票入れた結果がこれですよw」 「アベノミクスの結果がこれなのか」

レタスなど主要な野菜の高値が続いている。 東京都内のスーパーではレタスが1玉350円、ハクサイは1玉700円台と平年の3~4倍で売っている店もある。 2017年秋の長雨や台風など天候不順で生育が遅れた。

記事を読む

衛生のためごみ箱を撤去した韓国の公衆トイレ、かえってごみだらけに=韓国ネット「これだから後進国」

韓国・朝鮮日報によると、韓国で衛生面の理由から公衆トイレの便器横にあるごみ箱が撤去されたが、かえってごみだらけになってしまっている現状が明らかになった。韓国行政安全部は昨年5月に公衆トイレなどに関する法律施行令を改正し、今年から公衆トイレの便器横にあるごみ箱を撤去することにした。

記事を読む

【慰安婦問題】産経新聞「あの朝日ですら、やんわりと韓国政府を批判し首をかしげていた。それだけ韓国のやり方は、異質で意味不明」

韓国政府が9日、慰安婦問題をめぐる日韓合意について、日本側に再交渉は求めない一方で、日本政府が拠出した10億円と同額を韓国政府として拠出するとの対応方針を表明した。さて、これを在京各紙の社説はどう取り上げるかと注目していたところ、産経、読売、朝日各紙が早速、10日付朝刊でそれぞれ次のように書いていた。

記事を読む

【朗報】安倍首相、「平昌」開会式欠席へ 日韓合意、韓国新方針で判断

安倍晋三首相は韓国で2月9日に行われる平昌(ピョンチャン)五輪の開会式への出席を見送る方針を固めた。複数の政府関係者が10日、明らかにした。

記事を読む

【愛知】ゼロ戦展示で論議 パヨク「戦争美化になる」一度展示を見送った愛知県が“苦肉”の暫定展示(あいち航空ミュージアム )

国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発をきっかけに航空産業の発展を期して愛知県が昨年11月、豊山町にオープンした航空博物館「あいち航空ミュージアム」に、第二次大戦時の戦闘機「ゼロ戦」の復元機が展示された。

記事を読む

【またか】 韓国メディア「マルチャ(抹茶)が日本のもの?いいえ、韓国で作られた緑茶製造方法です。」

「マルチャ(抹茶)が日本のものだって?いいえ、韓国で作られた緑茶製造方法です。」日本の自動販売機で飲んだ緑茶、我が国の味と違ったという感じ。これを知ってみると、抹茶という。蒸した茶葉を日陰干しした後、臼で細かく擦って粉末状にして飲む茶だ。

記事を読む

【近鉄奈良線】日本旅行中の韓国人学生が電車のドアを開け飛び降りダイヤ30分乱れる 京都

10日午後5時50分ごろ、京都府京田辺市の近鉄新田辺駅から「走行中の電車から人が飛び降りた」と110番があった。京都府警田辺署などによると、同駅から南へ約500メートルの踏切付近で、韓国人の男子大学生(19)が倒れていた。

記事を読む

【朝鮮中央通信】米紙「ワシントン・ポスト」の東京支局長「2017年は朝鮮にとってとても立派な一年であった」

米紙「ワシントン・ポスト」の東京支部長は、昨年は朝鮮が米国との正面対決で成功した年、米国の対朝鮮政策が完全に破たんした年であったとし、「2017年は朝鮮にとってとても立派な一年であった」と評した。

記事を読む

【慰安婦問題】八代弁護士「韓国という国は国として機能しているのか自分自身考えた方がいいですよね」文在寅政権に激怒

10日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、弁護士の八代英輝氏が、日韓合意の現在をめぐって、韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権を猛批判した。番組では、2015年に成立した日韓合意をめぐる、韓国・康京和(カン・ギョンファ)外相の発言を取り上げた。日韓合意では、慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」している。

記事を読む