2018年02月14日一覧

韓国政府、侵奪目的で建設された鉄道の開通日である現行の「鉄道の日」は日帝残滓~記念日を変更へ

行安部が記念日を変更するのは現行の「鉄道の日」であるの9月18日は実際、日帝が韓半島侵奪を目的に建設した京仁(キョンイン)線開通(1899年9月18日)を記念するために制定した「恥辱的」日付だからだ。政府は1964年11月に鉄道の日を指定して日帝の記念日をそのまま引き継いだ。歴史学界では「恥辱の日を大韓民国政府がそのまま引き継ぐのは問題が多い」という批判の声が提起された。

記事を読む

韓国世論調査 南北首脳会談「賛成」77%「対話を拡大すべき」72%「制裁強化すべき」12%

世論調査機関の韓国社会世論研究所は14日、文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談に賛成するとの回答が77・4%に上ったとの調査結果を発表した。反対は20・5%だった。30~40代の賛成は85%を超えた。ただ「北朝鮮の核凍結・廃棄が前提でなければ意味がない」との回答は50・9%で、「条件なしに会うべきだ」の45・8%と拮抗した。

記事を読む

【平昌五輪】韓国政府、北朝鮮代表団受け入れに約3億円支援を決定

韓国政府は14日、北朝鮮の平昌冬季五輪の参加にからみ、南北協力基金から28億6千万ウォン(約2億9千万円)を支援し、 韓国政府が負担することを決めた。同日開いた南北交流協力推進協議会で決定したもので、支援金は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正氏ら北朝鮮代表団や芸術団、応援団、テコンドー演武団の韓国での滞在や移動にかかった経費などに充てられる。

記事を読む

【中央日報】安倍友軍・産経が伝えた韓日会談「文大統領の顔から愛想笑い消えた」

9日に平昌(ピョンチャン)で開かれた韓日首脳会談の舞台裏を伝えた13日付の産経新聞のタイトルの一部だ。安倍晋三首相が首脳会談で慰安婦合意問題に対してたたみかけるようにして決断を迫ると、文氏の顔から愛想笑いが消えたという内容だ。安倍氏は13日の衆院予算委員会に出席して、会談当時、文氏に「リーダーがある程度批判されることを含めて決断しなければ、未来志向の関係は築けないと申し上げた」と述べながら、慰安婦合意の履行を迫ったことを紹介した。

記事を読む

【世界よ、これが韓国人だ!】ショートトラックで韓国人選手が失格、銅メダルのカナダ選手のSNSに韓国人が猛抗議

2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪ショートトラック女子500メートル決勝に出場した韓国のチェ・ミンジョン選手(世界ランキング1位)が、2位でフィニッシュ・ラインを通過したが、ビデオ判定の結果、失格となった。レース中盤、2番手になったチェ選手は最終コーナーでインコースに入り、イタリアのアリアナ・フォンタナ選手(世界ランキング3位)との距離を縮めた。

記事を読む

【民進党】小西ひろゆき『安倍総理は朝日新聞を批判するために国会に呼ばれているのではない。政府予算案の審議のために憲法・国会法の規定によって呼び出しを受けているのである。』

小西ひろゆき (参議院議員)@konishihiroyuki 安倍総理は朝日新聞を批判するために国会に呼ばれているのではない。政府予算案の審議のために憲法・国会法の規定によって呼び出しを受けているのである。朝日の記事が気に入らないなら他の事例のように政府として抗議文書を出せばいい。

記事を読む

【今日の旭日旗】英国の歌手エド・シーランが日本戦犯旗「旭日旗」を連想させる映像を掲載して論議

去る12日(韓国時間)シーランは、自分のインスタグラムに日本戦犯旗「旭日旗」を連想させる映像を掲載した。この映像はポッドキャストの広報映像だったが、議論の発端はシロンの背後にある旭日旗模様の背景だった。国内のコミュニティではこの写真を掲載して「違うと信じたい」、「エド・シーランには本当に失望した」などの反応を見せた。また、他の国内のファンたちはシーランのインスタグラムの掲示板に「謝罪しなければならないのではないか」、「慎重に掲載するべきだった」などのコメントを残して指摘を続けている。

記事を読む

【哀れな朝日新聞】森友問題 佐川氏招致は不可欠だ 安倍首相をはじめ政権全体の姿勢が問われている

森友学園への国有地売却問題を、野党がきのうの衆院予算委員会で改めてただした。焦点は、昨年の通常国会で、学園との交渉記録を「すべて廃棄した」と繰り返した財務省の佐川宣寿(のぶひさ)・前理財局長(現国税庁長官)の答弁の正当性だ。財務省は学園側との交渉経過が含まれる内部文書を1月に5件、先週には20件公表した。

記事を読む

慰安婦が死去「1945年に16歳で岡山に連行されつらい生活を強いられた」生存者30人に

旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の福祉施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)は14日、88歳の被害者1人が同日早朝に死去したと伝えた。遺族の意向により氏名や葬儀の手続きなどは公表しない。施設によると、この日死去した被害者は16歳の時に日本の岡山に連れて行かれ、慰安婦としてつらい生活を強いられた。解放(終戦)後に故郷に戻り、2012年10月から同施設で暮らした。

記事を読む

【中央日報】「韓米演習がなぜ内政問題か」文氏の発言に爆発した自民党

「韓米軍事演習は内政に関する問題だ。(安倍)首相がこの問題を取り上げるのは困る」という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言をめぐって、玄海灘を越えた日本でますます論争が大きくなっている。13日に開かれた自民党の外交部会でこの発言が集中的に扱われた。自民党内の外交関連議員が主導するこの部会には、外務省の高位官僚も出席している。

記事を読む

【ハプニング動画】テレビ出演中に子供乱入の「BBCパパ」が受賞 YouTubeで1000万回以上再生

韓国・釜山大学のロバート・ケリー准教授がBBCの生放送でインタビューを受けていた際、ケリー氏の2人の子供が闖入(ちんにゅう)するというハプニングに、世界中が微笑んでから11カ月。「BBCパパ」として知られるようになった、あのシーンがこのほど、2018年度「ブロードキャスティング・アワード」のタイムラインTVシーン部門で受賞した。

記事を読む

韓国外交部「慰安婦問題の真の解決、『関連国』の努力が重要だ」

13日、魯圭悳(ノ・ギュドク)外交部報道官は午後の定例記者会見を通じて「韓国政府がこれまで数回にわたって明らかにしてきたように、慰安婦問題の真の解決のためには慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やすために関連国が努力していくことが重要だ」と明らかにした。 「関連国」がどの国を指し示しているのは明らかにしなかったが、日本を指すものと解釈できる。

記事を読む

江川達也「在日韓国の方は済州島でいい暮らしをして欲しい」

江川氏は、ニュース配信サイト「ハフポスト」が11日に掲載したネット記事に反応。記事は、前日10日に行われた韓国・平昌オリンピックの女子アイスホッケーにおける、南北合同チーム対スイス戦で起きたことについて記されたものだ。観客席にいた北朝鮮応援団員たちは「謎の男性」のお面を身に付け、統一旗を振って南北合同チームの応援をしたという。

記事を読む

元駐日韓国公使「平昌五輪はヒトラーのベルリン五輪以来最悪のオリンピックだと思う。」

五輪出席前に行われたペンス副大統領との会談後、「北朝鮮の微笑み外交に目を奪われてはならないことを訴えていくことで一致した」と記者団に述べた安倍総理。ペンス副大統領も「文大統領および韓国国民に約束する。米国は今後も協力して北朝鮮に対して最大限の圧力をかけていく」とプレッシャーをかけた。

記事を読む

【イギリス】ヒースロー空港の免税店が「中国人差別」をネットで暴露される…批判受け謝罪

ロンドンのヒースロー空港の免税店で、中国人客に限って1000ポンド(約15万円)以上の高額な買い物をしなければ次回使える2割引きの優待券がもらえなかったことが暴露され、 中国のネットユーザーの間で「差別的だ」と批判されている。免税店の運営会社はフェイスブックで「直ちに是正措置を取った。心から謝罪する」と表明した。

記事を読む