2018年03月21日一覧

【民進党】元TBS 杉尾秀哉の支持団体がヤバいwwwwww

杉尾 秀哉(すぎお ひでや、1957年9月30日 - )は、日本の政治家、ジャーナリスト。民進党所属の参議院議員(1期)。元TBSテレビ報道局記者、解説委員。

記事を読む

中国人が深刻な睡眠不足 90年代生まれの平均睡眠時間は7.5時間、6割が「睡眠が足りない」

3月21日は18回目の「世界睡眠デー」。中国医師協会睡眠医学専門委員会はこのほど、世界の睡眠状況と睡眠への認知に関する最新の調査データ報告を発表した。「90後(1990年代生まれ)」のうち、「睡眠時間が足りていない」と感じている人は6割を上回り、「早起きの都市」トップは北京であることが、報告から明らかになった。 北京晩報が伝えた。

記事を読む

【AERA】半島有事の際に北朝鮮と韓国の難民、長崎での受け入れが有力視「我々が問われている」

北朝鮮有事の際、沿岸部は邦人避難や難民を受け入れる可能性もある。地域はどう考えているのか。記者が長崎・対馬を訪ねた。仮に有事となれば、難民として日本を目指すのは、日本人妻と子孫、そして帰還事業で帰った元在日朝鮮人ら、日本に所縁のある人たちだろう。

記事を読む

【北朝鮮】ひとりぼっちの境遇になった日本の安倍一味は荒唐無稽な詭弁で真実をまどわしてはならない

朝鮮中央通信社は20日、「荒唐無稽(こうとうむけい)な詭弁(きべん)で真実をまどわしてはならない」と題する論評を発表した。論評は、最近、共和国の主動的な措置と平和愛好的な提案によって北南間には劇的な和解の雰囲気が醸成され、朝米関係においても変化の機運が現れていると明らかにした。

記事を読む

倉持弁護士元妻が手記「山尾志桜里さん、夫と息子を返して」「私がいちばん深く傷ついたのが、山尾さんが私たち夫婦の寝室にまで上がり込んでいたことでした」

昨年「週刊文春」9月7日発売号が報じた山尾志桜里衆院議員(43)と倉持麟太郎弁護士(35)のW不倫疑惑。 この不倫疑惑が原因で、昨年11月末に倉持夫妻は離婚。 夫妻は2015年4月に結婚し、同年に長男が誕生していた。

記事を読む

朝日新聞・鮫島浩「この期に及んで安倍内閣を支持する31%」の人達 この3つしか思い浮かばない

鮫島浩@SamejimaHこの期に及んで安倍内閣を支持する31%はこの内閣が倒れるとよほど困る人だろう。①アベノミクスでごっそり儲けてきた人②安倍首相の威を借りてリベラルに罵声を浴びせてきた人

記事を読む

【朝鮮日報】韓国企業がベトナムで『夜逃げ』、現地で信頼低下懸念

2月21日、ベトナム南部ドンナイ省チャンボム地区にある韓国系の繊維メーカーK社を訪れた。一時は従業員3000人が働いていた工場に人影はなく、公安(警察)と警備員7人が正門と通用門を守っているだけだった。国旗掲揚台の太極旗(韓国国旗)とハングルの案内板はここが韓国企業だったことを物語っていた。

記事を読む

都内のコンビニ飲食店から中国人留学生バイトが消える。東南系が急増

日本にやって来る外国人留学生の約4割を占める中国人留学生。前回(「中国人学生『カネ・コネなしの中間層』が日本を目指す理由」)は向上心旺盛な学生たちをご紹介したが、今回は近年とみに増えている、「遊学」しに来た学生たちをご紹介する。

記事を読む

室井佑月「軽い気持ちで安倍政権を持ち上げたマスコミが、責任をもって引導を渡すべき」

3月10日付の毎日新聞(電子版)によると、「安倍晋三首相は10日、学校法人『森友学園』への国有地売却に関する決裁文書が書き換えられたとされる疑惑について、『財務省において(大阪地検の)捜査に全面的に協力をする一方、文書の有無を明らかにするために全力を挙げなければならない』と述べた」。

記事を読む

【悲報】毎日新聞がおわびと訂正「文書改ざん『麻生氏ぶれる説明』記事は確認が不十分でした」

17日朝刊「麻生氏ぶれる説明」の記事で、佐川宣寿前国税庁長官処分に関して財務省の矢野康治官房長が 「麻生氏から指示され、書き換えの可能性を含めて『決裁文書を国会提出した時の担当局長だった』ことも処分の理由にした」と答弁したとありますが、 麻生氏が指示したのは決裁文書書き換えについての調査で処分の理由を起案したのは財務省事務当局でした。

記事を読む

広島県警「公表しておらず、コメントは控える」パンツ盗撮警部補匿名報道

広島県警の50代の男性警部補が、女性のスカートの中を盗撮したとして書類送検されていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。広島県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されたのは、広島県警・警備部に勤務していた50代の男性警部補です。

記事を読む

官邸前抗議デモ 東京都迷惑防止条例で規制か!!東京新聞「大勢の市民が 『街頭での運動が制限されかねない』と猛反発している」

東京都議会で審議中の迷惑防止条例改正案に対し、大勢の市民が 「街頭での運動が制限されかねない」と猛反発している。改正は、ストーカーによる「つきまとい」行為などの規制強化が主眼とされるが、条文の解釈次第で、国会前デモや労働組合による会社への抗議活動、報道機関の張り込み取材なども取り締まり対象となる恐れがある。

記事を読む

【ハンギョレ新聞】政府がベトナムに公式謝罪する時が来た 大韓民国は安倍の道を進むことはできない

私と電子メールをやりとりしてきた韓ベ平和財団のク・スジョン理事が、今年初めの最初の対面で、3月11日に50周年をむかえるベトナム広南省ハミ村での慰霊祭に一緒に行こうと提案した。

記事を読む

【中央日報】 春の花、桜とフリージア。王桜の原産地は日本ではなく済州

春風がそよそよと吹いてくる。 自然に暖かい風に乗って散歩もして旅行を楽しむこともある。道を歩けば、色々な種類の花が道端で風に身を任せて揺れて、私たちを迎えてくれる。雪解けた地で育って私たちの心まで暖かくしてくれて、他の季節よりも春に咲く花がさらに嬉しくて親しんでいる。

記事を読む

韓国、文在寅・トランプ・金正恩のノーベル平和賞受賞を推進する委員会が1日で解散www

韓国の市民団体が19日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領をノーベル平和賞に推薦するための委員会を発足させる動きを見せたことに関連し、韓国大統領府(青瓦台)は20日、 「望ましくない」との立場を示した。

記事を読む