2018年05月11日一覧

【セクハラ問題】無所属・野田佳彦「(マスコミが)オフサイド仕掛けようとわかっているのに何度も掛かるのは問題」⇒麻生大臣「以後、注意したい」

無所属・野田佳彦「報道を見た時にセクハラに罪はないとは言ってないと思っていた。色々大臣の言質を取ろうと言う人達がいるかも、報道で切取りがあるかもしれない。セクハラを軽視してると思っちゃう」

記事を読む

【北朝鮮】朝鮮人民軍の軍大佐「落書きしまくり」で公開処刑か

最近、北朝鮮の首都・平壌の中心部にある重要施設「4・25文化会館」で金正恩体制を非難する落書きが発見されたが、その犯人として朝鮮人民軍(北朝鮮軍)総参謀部の大佐が逮捕され、公開処刑されたと消息筋が伝えてきた。

記事を読む

【中国メディア】撤去されたフィリピン・マニラの慰安婦像 行政官「(大統領の発言から)それがもはや公有地に戻ることが許されない」

撤去されたフィリピン・マニラの慰安婦像 行政官「(大統領の発言から)それがもはや公有地に戻ることが許されない」2018年5月10日、中国新聞網は、フィリピンの首都マニラで先月、昨年12月に建立された慰安婦問題を象徴する女性像がマニラ市などによって撤去されたことについて、市職員が「元の場所に戻すことは難しい」との見通しを示したことを伝えた。

記事を読む

【朝日】蓮舫「女は子供を産んでセクハラに耐えろと言うのか」

 驚くべき発言が自民党議員から出た。加藤(寛治)衆院議員が「ぜひとも3人以上子どもを産み育てて欲しいという話を、20年以上結婚式で必ずあいさつをしている」「子どもが生まれない人は、人様の子どもの税金で老人ホームに行くことになる」と。

記事を読む

【OINKは通じないw】米国系ファンド、文在寅大統領に被害補償金6億7000万ドルを請求www 

サムスン・現代自動車の支配構造改編過程で問題を提起した米国系ファンド「エリオット・マネジメント」と韓国政府間の法律攻防が本格化した。

記事を読む

中国、日本と韓国の経済力はどっちが上?「比較できる次元になかった」

日本と韓国はサッカーや野球などではライバル関係にあると言われることが多いが、経済の実力でもライバル関係にあると言えるのだろうか。 中国メディアの今日頭条はこのほど、「経済的な実力が上なのは日韓のどちらか」と題する記事を掲載し、日韓両国の経済を比較している。

記事を読む

【パチンコ】夏の風物詩「『車内放置の子供救う』ため窓ガラスを割ります」マルハンの張り紙が話題に。

子どもの命を奪いかねない「車内放置」。そこから救うために「車の窓ガラスを割る場合があります」と、強硬手段を辞さない姿勢を知らせるパチンコ店の張り紙が話題だ。これを撮った写真がツイッターに投稿されると1万件近くリツイートされ、「全くもって同意します」といった声があがっている。

記事を読む

【米朝首脳会談6月12日】トランプ大統領 「大成功収める」と抱負 目標の達成まで一切、北朝鮮側に妥協しない方針 カリアゲ全面屈服か!?

トランプ米大統領は10日、シンガポールで6月12日に開催される北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との史上初の米朝首脳会談を巡り、記者団に「大成功を収める」と抱負を語った。ペンス副大統領も北朝鮮の完全な非核化達成に決意を表明し、目標の達成まで一切、北朝鮮側に妥協しない方針を示した。

記事を読む

【中央日報】韓国、アジア太平洋地域パワー7位…日本は?

オーストラリアのシンクタンクであるローウィー(LOWY)研究所は、アジア太平洋の主要25カ国・地域の総合国力ランキングを評価した報告書「アジアパワーインデックス2018」で、韓国が経済力・軍事力・外交力などを総合的に考慮した場合、アジア太平洋圏の主要国のうち7番目に総合国力が強いと発表した。

記事を読む

韓国系カナダ人 朴水石「一億総玉砕と言ったのに原爆で文句言うのは意味不明だよね」

spark @Yonge_Highway7 一億総玉砕と言ったのに原爆で文句言うのは意味不明だよね。

記事を読む

みずほ銀行「私たちは、中国の一帯一路構想を支援します」

みずほ銀行は10日、中国の政府系金融機関大手で、貿易促進を手掛ける中国輸出入銀行と業務協力協定を結んだと発表した。 中国が進める経済圏構想「一帯一路」への日本企業の参画を金融面から支援する狙い。技術力のある中小企業の海外進出を後押しする。

記事を読む

【パヨク悲報】トランプ大統領「北朝鮮問題で日本の果たす役割の重要性を十分認識した。日本はビッグプレーヤー」

安倍晋三首相は10日、トランプ米大統領と電話で会談し、北朝鮮に拘束されていた米国人3人の解放について「大きな成果だ」と祝意を伝え、「北朝鮮の前向きな姿勢であり、歓迎したい」と述べた。日本人拉致問題の早期解決に向けて、日米で協力していく方針を改めて確認した。

記事を読む