2018年06月16日一覧

【生物テロ】中国からのコンテナにヒアリ2千匹以上見つかる

 環境省と大阪市は16日、中国から船で輸送されたコンテナから2千匹以上のヒアリが見つかったと発表した。環境省の職員ら2人が刺されたが、症状は軽い。

記事を読む

中国「パンダの契約終了な」 神戸市「何でもするのでそれだけは辞めてください」

神戸市立王子動物園にジャイアントパンダを招くため訪中した日中友好神戸市会議連(平野昌司会長)が、 現在貸与を受けている雌の「旦旦」をもって契約を終了する可能性を中国側に示唆された問題で、 同議連は15日、市側に訪中時のやりとりを説明する報告会を開いた。

記事を読む

【猿真似】 大桃美代子「日本にこだわってくれる東方神起はありがたい存在だと思う」~「反日パフォーマンス」に反論

 東方神起がライブで猿のような変顔や動作をしたことを「反日」に関連付けた一部報道に、K-POPファンを公言するタレントの大桃美代子(53)が「印象操作しないでいただきたい」と反論した。

記事を読む

ほんこんさん「在韓米軍が撤退したら喜ぶのは中国。戦勝国の思惑で動いてる事を日本人はもっと認識すべき」

ほんこん「在京の番組が『金正恩を偉大なる若い指導者』と言ってるがちょっと待てよと。そんなもんどの口が言うとうねん。誘拐していって身代金よこせと言ってるのに

記事を読む

ソウルの人気観光地が“修羅場”に?市民のマナー不足を韓国ネットが批判

韓国・アジア経済は、気温の上昇とともにソウル市内を流れる漢江(ハンガン)沿いにある汝矣島(ヨイド)漢江公園を訪れる市民が増加し、それにより公園に変化が生じていると報じた。

記事を読む

【産経】NHKがしきりに使う「在日コリアン」という妙な呼称は南北が「韓国」と「朝鮮」に分かれ、けんかしているせいである

NHKの衛星放送を見ていると最近、ニュースなどで「在日コリアン」という言葉がよく登場する。それをタイトルにした特集番組もあった。いわゆる在日韓国・朝鮮人の間で自らの呼称をそう主張する人たちがいるというのだ。

記事を読む

韓国ラッパー、旭日旗を「ディス」る 「私は日本を愛しているが、これは止める必要がある」

人気ラッパー、サニ(San E)が日本サッカー国家代表チームのユニフォームを「ディス」った。サニは14日午前、自身のソーシャルメディアに写真を掲示して「“I love Japan, but this need to be stopped(私は日本を愛しているが、これは止める必要がある)」という文を一緒に書いた。

記事を読む

【共産党】志位引退は近い。次期党大会までに小池が委員長代行、党大会で委員長正式就任となりそう

4中総の結語でほぼ見えていたが、志位引退は近い。体調も相当悪いみたいだから、次期党大会までに小池が委員長代行、党大会で委員長正式就任となりそうな雲行き。

記事を読む

イヴァンカ氏が「どっかで聞いたことありそうでなさそうな」中国のことわざを紹介→そんなものは無いと話題に

トランプ米大統領の娘、イヴァンカ氏が中国のことわざだとしてツイッターに投稿した。しかし中国語に相当する意味のことわざが見つからず、中国の専門家と中国のインターネットユーザーからの注目を浴びている。

記事を読む

【黒電話会談】トランプ大統領、金正恩と17日に電話会談「気が合う。電話番号教えた」

トランプ米大統領は15日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と17日に電話会談する意向を明らかにした。正恩氏について「非常に気が合う。とてもいいことだ」と評価し、「非核化に向かっている」と述べた。ホワイトハウスで米メディアなどに語った。

記事を読む

【傷害事件】IR法案採決 特定野党が委員長を取り囲み大暴れ 自民議員が痛々しいケガの画像公開

今日の内閣委員会。採決の際に前回の厚労委員会同様、野党の議員が委員長席を囲み、マイクを奪いました。 委員長のそばで発言を聞き取って、中山展宏理事が起立の合図を出してくださったのですが、その際、野党議員に引っ掻かれ、ケガをされました。とても痛そうです。

記事を読む

北朝鮮の労働新聞がモリカケを報道「安倍政権の首を絞める縄」⇒日刊ゲンダイ「御用新聞よりマトモな報道」

トランプ大統領に揉み手ですり寄る腰巾着が、何をエラソーなことを言っているのか。14日、北朝鮮による日本人拉致被害者の家族らと官邸で面会した安倍首相。「日本の問題として北朝鮮と直接向き合い、問題を解決していく決意」とドヤ顔で話していたが

記事を読む

北朝鮮ラジオ「拉致問題は既に解決」と放送

ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮の平壌放送(ラジオ)は15日、日本人拉致問題について「既に解決された」と言及した。米朝首脳会談後、北朝鮮メディアが拉致問題は解決済みとの従来の主張を表明したのは初めて。

記事を読む