2018年08月14日一覧

新宿区がデモに使える公園を一か所のみに 東京新聞「違憲では?」 区長「ヘイトスピーチ対策です」 

新宿区がデモに使える公園を一か所のみに 東京新聞「違憲では?」 区長「ヘイトスピーチ対策です」  1: 名無しさん@涙目です。...

記事を読む

慰安婦式典出席の文在寅大統領「私は韓国と日本が外交紛争になることを望まない!」

旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡り、韓国政府が被害の記憶を国内外に伝える記念日と定めた14日、同国中部の天安で政府主催の式典が開かれ文在寅大統領が出席した。文氏は演説で、慰安婦問題は日韓間だけでなく、戦時の女性への性暴力で人類の普遍的な人権問題とした上で「韓日間の外交紛争につながらないことを望む」と述べた。

記事を読む

国連人種差別撤廃委員会「中国はウイグル族を弾圧している」

スイスのジュネーブで13日、国連の人種差別撤廃委員会が開かれ、この中で委員が「100万人以上のウイグル族が中国で拘束されているという情報がある」と指摘したのに対し、中国の代表は「根拠のない中傷だ」と述べて、強く反発しました。人種差別撤廃委員会は、1965年に国連総会で採択された「人種差別撤廃条約」の履行状況を監視するために設けられた委員会で、10日と13日、中国の人権状況について議論しました。

記事を読む

村西とおる監督「在日の中国人の友が会社をつくるから手伝ってくれという。目的はビジネスではなく日本の健康保険を手に入れること。」

村西とおる@Muranishi_Toru在日の中国人の友へ親戚の中国人がやって来て日本で会社をつくるから手伝ってくれ、という。目的はビジネスではなく日本の健康保険を手に入れること。沢山の中国人をその企業に所属させ商売にする魂胆。

記事を読む

米国防権限法が成立 国防予算は79兆円 全ての政府省庁と取引する企業で中国企業の通信機器の使用禁止

アメリカのトランプ大統領は、今年度の国防予算の大枠を定める国防権限法案に署名し、政府機関で中国の大手通信機器メーカーの製品を使用することを禁止する条項を盛り込むなど、中国への対抗姿勢を鮮明にしています。 アメリカのトランプ大統領は13日、議会が取りまとめた、ことし10月から始まる2019会計年度の国防権限法案に署名し、法律が成立しました。

記事を読む

アメリカ人監督「韓国のアイドル防弾少年団はみんな整形。リップまで塗ってる間抜けなアジア人」

 韓国系米国人のミュージックビデオ監督、ジョセフ・カーンがアイドルグループ防弾少年団に対して「みんな整形手術を受けた」と言及した。 ジョセフ・カーンは9日、自身のツイッターに防弾少年団の写真を掲載し、「みんな整形手術を受けてリップスティックを塗っている。間抜けた金持ちアジア人の典型的な姿」と書いた。

記事を読む

舛添要一『ネトウヨは、ナチスの反ユダヤ主義と同じであり、この国を全体主義へと導いていく』

 ある特定の国や民族を標的にしたヘイトスピーチは、自国優先主義、人種思想、神がかり的選民思想に凝り固まったものである。様々な不満のはけ口として、またスケープゴートとして、ある国や民族を貶め、大衆の憎悪感を動員する。それは、ナチスの反ユダヤ主義と同じであり、この国を全体主義へと導いていく。

記事を読む

【速報】文科省汚職 東京医大は立憲民主党議員を通じ相談していたことが判明 大スキャンダルへ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務を巡る収賄容疑で逮捕された文部科学省の前国際統括官川端和明容疑者(57)のあっせんで実現したとされる宇宙飛行士の講演について、東京医科大側が立憲民主党の衆院議員を通じて元コンサルタント会社役員谷口浩司容疑者(47)=贈賄の疑いで再逮捕=に相談を持ち掛けていたとみられることが13日、関係者への取材で分かった。

記事を読む

「韓国人の頭蓋骨、日帝強占期より解放後に大きく」…理由は?

日帝強占期と解放、韓国戦争(朝鮮戦争)や産業化などを経て、韓国人の頭の大きさや顔つきに大きな変化があったという研究結果が13日に発表された。

記事を読む

韓国メディア 「感謝の気持ちを知らない国」韓国~韓流熱風の中心地・台湾にある根深い反韓感情の理由

台湾はKOTRA「2015年韓流の経済的効果に関する研究報告」で韓流指数世界11位に上がるほど韓流熱風の中心地だ。しかし、同時に「反韓感情」も広く広まっている。韓国製品と韓国文化については興味が高いが韓国の国家と韓国人については否定的認識が広く共有されている。

記事を読む

2018年流行語大賞候補 「ケイスケホンダ」 「山口メンバー」 まだある?

今年前半にネット上で流行した言葉を決定する「ガジェット通信 ネット流行語大賞2018上半期」が発表されました。入賞した3つの言葉をはじめ、ノミネートされた21のワードから2018年上半期のムーブメントを振り返ります。

記事を読む