2018年09月13日一覧

ダライ・ラマ「欧州は欧州人のもの。欧州人は難民に対し、いずれは母国を再建しなければならないと明言すべきだ」

ベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世(83)は12日、スウェーデン南部マルメ(Malmo)で法話を行い、 「欧州は欧州人のもの」であり、難民は帰郷して母国再建に尽くすべきだという見方を示した。スウェーデンは2015年、亡命希望者数を人口で割った比率が欧州で最高となった。法話が行われた同国第3の都市マルメにも、大勢の移民が暮らしている。

記事を読む

アジア大会、日本に負けました。満足ですか?~韓国大学教授「韓民族を抹殺しようとした人々に負けて平気なのは親日派」

今回のジャカルタ-パレンバン、アジア大会で我が国は3位だった。わずか4年前、仁川(インテョン)アジア大会では2位だったのに今回は負けた。ところが大韓民国国民みながこの結果に満足している表情だ。血が逆流し、亡くなった金九(キム・グ)先生が墓からむくっと起きられるだろう。

記事を読む

北海道電力が電力を安定供給するためにはどうすればいい?→専門家「泊原発再稼働」

電力インフラの有るべき姿を常識的に考えれば、現時点で既に、北電の電力供給能力は「足りてない」。 ⇒ 苫東厚真発電所4号機(定格出力70万kW)に不具合が起これば即座にどこかを停電させる必要が生じるという、1トラブルにも対応できない非冗長な状況。

記事を読む

【暴露本】 トランプ大統領、今年初の文在寅との電話会議で怒り爆発「FTAを廃棄して貿易関係を破棄したい」

米国のドナルド・トランプ大統領が今年初めの文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で、「お金の問題」で怒りを爆発させていたというホワイトハウスの秘話が公開された。

記事を読む

文在寅が安倍首相へ送った災害お見舞いツイートの真実が判明!!あれは韓国民向けのメッセージだった・・・

崔碩栄@Che_SYoung文大統領のツイートの内容、マスコミの訳が面白い。なぜ文大統領の最初の言葉「日本国民と安倍総理に慰労の電文を送りました」 を訳さなかったのか。

記事を読む

【週刊朝日】室井佑月「盛りすぎやん」

自民党は20日投開票の総選挙について、報道各社に公平・公正な報道を求めた。作家・室井佑月氏はこの姿勢に苦言を呈する。

記事を読む

【サッカー】人種差別論争のチリ代表に「警告」を発した韓国 水原W杯競技場の電光掲示板

11日、韓国とチリのAマッチが開かれる前に水原(スウォン)ワールドカップ(W杯)競技場の電光掲示板に流された文章だ。国際サッカー連盟(FIFA)の人種差別反対のフレーズが韓国Aマッチに露出したのは初めてではない。だが、フレーズが目についた理由はチリ選手団の相次いだ人種差別行為のためだった。

記事を読む

【悲報】しばき隊界隈の自民党総裁選自主投票wwwwwwww(画像)

和田彰二 shoji wada@vibrajive てか、せっかくだしまじで投票した方が良くね? 投票運動。

記事を読む

【公選法】沖縄県知事候補予定の玉城デニー氏事務所「寄付金を収支報告書に書き忘れていたので修正申告した」

玉城デニー衆院議員の事務所は12日、玉城氏が代表を務めていた政治団体が2013年に葬儀社に「供花代」として支払ったと誤って政治資金収支報告書に記載していたとして修正申告した。玉城氏の事務所によると、収支報告書には13年1月22日に政治団体「城の会」から「花儀社」に3万円を支払ったと記載していた。そのうち1万5千円は誤って計上していたため、訂正して修正申告をしたという。

記事を読む

人権団体「助けて!日本の政府機関に監視されています」 国連「日本は人権団体を抑圧するな!」

国連は12日、中国、ロシア、ミャンマー、日本を含む38カ国が人権団体などを抑圧している疑いがあるとして強い懸念を示す報告書を公表した。日本については、人権団体から「政府機関に監視されている」との報告があった。日本政府は監視を否定している。

記事を読む

【石破氏】近未来短編小説掲載「イシバ内閣」の未来 主人公は地方に暮らすシングルマザーの女子大生wwwww

自民党の石破茂元幹事長(61)は12日、自身の党総裁選の特設サイトに自らの公約が実現した場合の近未来を描いた短編小説「柔らかい日本 あるいはイシバ内閣にワタシ達が夢想する未来」を掲載した。公約に掲げる地方創生や「不安のない子育て・老後」などへの注目を集め、支持を広げるのが狙いだ。

記事を読む

【プーさん】プーチン大統領、習近平に「はちみつ」を与えるwwwwww(動画)

雨雲@N74580626習近平国会議員のお土産に、よりによってハチミツを持たせるプーチン大統領www

記事を読む

【パヨク本】山口二郎 法大教授「出版不況の当節、さっぱり売れないと編集者が嘆いていました。何卒よろしくお願い申し上げます」

外岡秀俊さんには同世代として学生時代から注目してきました。小説「北帰行」のしなやかさには驚かされ、すごいなと思ったものです。朝日記者になったことにも驚きましたが、表現者としての選択だったのでしょう。「週刊文春」取材でNYでお世話になり、これまたビックリでした。必ず読む筆者です。

記事を読む

朝鮮日報「安重根の平和思想、韓日の青年たちに伝えたい」~元朝日新聞ソウル支局長ら銀座で追悼会

 10日夕、東京・銀座の韓国料理店で開かれた追悼会は、日本では珍しい集まりだった。日本の初代韓国統監・伊藤博文を射殺した安重根(アン・ジュングン)義士をたたえる人々が韓日両国から集まったものだ。日本で安重根義士の平和精神を伝える活動をしてきた日本人十数人がマイクを握り、安義士が広めようとしていた平和思想の重要性を力説した。

記事を読む