Category: 文化

5

韓国、一線を越える… 映画 『東アジア反日武装戦線』の韓国封切り決定~戦犯企業破壊により対価を払って責任を負おうとした人々の話

東アジア反日武装戦線をスクリーンで最初に表現した映画「東アジア反日武装戦線」が8月20日の封切りを確定した。 この作品は1974-75年、日帝戦犯企業を連続爆破した「東アジア反日武装戦線」の痕跡を探す。
6

【なりすまし】韓国 全南道が米国Amazonで特産品を『日本産』のようにマーケティング展開

全南道(テョンナムド=全羅南道の略)が、世界最大のオンライン電子商取引プラットホームである米国(アメリカ)の『アマヂョン(Amazon)』で地域の特産品を販売しながら、『日本製品』のようにマーケティングを展開して物議を醸している。
3

【ボルトン回顧録】 初めて米国が滅びるかもしれないと感じた~トランプ大統領に失望超えて虚脱感覚えた

ジョン・ボルトン前米大統領補佐官が書いた回顧録『The Room Where It Happened:A White House Memoir(それが起こった部屋:ホワイトハウス回顧録)』を読んで、記者はドナルド・トランプ米大統領に対する失望を超えて、虚脱感に襲われた。
15

韓国映画「マルモイ」日本で公開され話題…改めて知った「朝鮮語抹殺」の痕跡

日本では日帝強占期に日本語を強要したという事実自体も知らない人が大部分だろう。植民地支配の歴史さえ知らない人もいるほどだからだ。 3・1独立運動100周年だった昨年に韓国で公開された映画『マルモイ ことばあつめ』は1940年代に日本語を強要される中で危険を冒して朝鮮語辞典を作ろうとした人たちの話だ。
3

『世宗大王』の歴史アニメーションを日本語で制作

『ジニースクール(代表=チョ・スナム)』は9日、『大阪韓国教育院』との協力を通じて在外国民の正しい歴史観の形成に役立つよう、『世宗大王(セヂョンデワン)』5部作の歴史アニメーションコンテンツを日本語で製作したと明らかにした。
10

【悲報】小林よりのり、狂う

もし明日の気温や気圧次第では、わしがマスクをすることもあり得る。 言っておくが風邪でもコロナでもないぞ。 わしは『コロナ論』が出るまでは絶対、風邪一つひくわけにはいかない。 ましてやボルソナロやボリス・ジョンソンみたいなミスは冒せない。
8

【悲報】韓国にハマる若者のLINEをごらんください

今、才能ある日本の若者たちが韓国を舞台に活躍している。先月デビューメンバーが発表され、話題となった「Nizi Project」も日本のソニーミュージックと韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントの日韓共同企画。参加者の大多数は日本人でありながら、彼女たちが目指していたのはJ-POPではなくK-POPスタイルのアイドルであった。
アクセスランキング