書籍一覧

アップルが在日韓国人として生きた親子4代の物語を描く小説、『パチンコ』を実写化したドラマの配信を決定

Appleに一風変わったドラマがやってきます。 NetflixやHuluやアマゾンプライムに負けず劣らず奮闘しているAppleに、在日韓国人として生きた親子4代の物語を描く小説、『パチンコ』を実写化したドラマシリーズがやってきます。

記事を読む

【古谷経衡】実家に帰省したら親がネトウヨになってた…元凶の「ビジネス右翼」どんどんネトウヨ動画のBANは進めましょう。日本の民度の低下に微細とは言え寄与している。

一冊の、リアリティに満ちた小説が話題になっている。ネット右翼に関する鋭い考察で知られてきた気鋭の文筆家・古谷経衡氏による初の小説作品――その名も、『愛国奴』。この10年ほどの間に一気に表面化し、「ネトウヨへのアピール」そのものがビジネスとして成立してさえいる今、そうしたネトウヨの“内実”を描いた本書は見逃すことのできない一冊だ。

記事を読む

朝日新聞「枝野氏の3時間演説がアマゾン1位になりました!!!」

立憲民主党の枝野幸男代表が7月20日の衆院本会議で行った2時間43分に及ぶ内閣不信任決議案の趣旨説明が本になり、扶桑社から出版される。ネット販売大手のアマゾンでは一時、本の予約で1位に。立憲の福山哲郎幹事長は30日の定例会見で「国民に知って頂く機会になる」とアピールした。

記事を読む

【韓国書籍】B級世界史 「トンカツには日本の帝国主義への熱望が込められている」

本のタイトルに入った「B級」という表現と「分かったら必ず使いたくなる歴史雑学事典」という副題から分かる様に、やさしくて面白い歴史の本だ。

記事を読む

【あったことをなかったことにはできない】前川喜平「面従腹背」毎日新聞出版より発売!なお出会い系バーについては触れない模様

安倍晋三首相と親密な関係といわれる学校法人加計学園が、国家戦略特区に獣医学部を新設した問題で、官僚トップの事務次官を務めた著者がなぜ「総理の意向があった」と記された文書の存在を認めたのか。

記事を読む

日本で出版された「抗日ドラマ読本」、反日プロパガンダどころかもはやギャグ!の解説に中国人の反応www

2018年4月17日、中国版ツイッター・微博で、「日本で『抗日神ドラマ大百科』が出版された」と紹介する投稿があり、ネットユーザーの間で議論を呼んでいる。紹介されたのは今月刊行された「中国抗日ドラマ読本」(パブリブ)という書籍。この本を紹介した微博アカウントは「日本で『抗日神ドラマ大百科』が出版された。

記事を読む

【書籍】ネトウヨは、こうして「気持ちよくなる」

琉球新報の若手記者が最近、「自分は以前ネトウヨだった」ということを告白し、ヤフーでも報じられて話題になった。琉球新報と言えば、反戦の牙城のような新聞社とみられている。どうしてそんなところに、「元」とはいえ「ネトウヨ」が紛れ込んでいたのか。なぜ彼は「ネトウヨ」を卒業したのか。いずれにしろ、改めて「ネトウヨ」の広がりぶりと存在が注目されることになった。

記事を読む

朝日新聞「ケント・ギルバート氏の中韓本 なぜ、売れるのか? 」

米国人弁護士ケント・ギルバート氏の著書「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」(講談社)が昨年の新書・ノンフィクション部門で最多の発行部数になった。2月には続編も出た。日本人の「高い道徳規範」を評価する一方、中韓の人について「『禽獣(きんじゅう)以下』の社会道徳」などと評する。なぜ、売れるのか?

記事を読む

望月衣塑子「空気を読まず、出すぎる杭になる。東京新聞、望月です」

第1章 記者への憧れ 演劇に夢中になったころ 小劇場へ、母と 人生を方向付ける一冊の本との出会い 記者の仕事をしていた父からの言葉 吉田ルイ子さんのあとを追ってTOEFLの得点に愕然

記事を読む