Category: 書籍

13

【新刊】韓国教授「韓国は世界最高の核技術国 6カ月あれば核兵器を作れる」

「核兵器1発の開発費用は1兆から2兆ウォン(現在のレートで約880億-1760億円、以下同じ)、 期間は月城重水炉のプールにある使用済み燃料棒のプルトニウム再処理に3カ月、起爆装置の製造に2カ月、プルトニウム弾の完成に1カ月で、全部合わせて6カ月あれば十分だ。 月城原発の使用済み燃料棒からは、核兵器4330発分のプルトニウムを得ることができる」(112ページ要約)
7

【韓国】『論説室の書』著 安田浩一 「日本右翼の現代史 」

韓日の対立が激しいこの時期、日本の右翼を暴く本が出た。日本の右翼は果たして誰なのか、何を主張してきたのか? 国家権力と右翼の関係はどうなのか? 著者はこのような質問を投げかけ、日本の右翼の歴史を追跡した。著者は右翼の関連人物を直接取材して、右翼の心理、特徴、問題点を一つ一つ暴いた。これを通じて膨大な右翼の系図を整理した。
47

恵泉女学園大学の韓国人教授「韓国には日本を批判する本は1冊もありません。日本だけおかしい」

この記事をこのまま国連の人権委員会に出したとして、表現の自由だと認めてくれると思うか。日韓関係が最悪だといっても、中国や韓国の出版社には、日本との関係を断絶するとか、日本を批判するような本は1冊もないし、そういう本は売れない。読む人もいない。嫌韓、反中国の本がベストセラーになるのは日本しかない。
11

パヨクさん「『地球の歩き方』韓国編を買ったが、地図から安重根記念館、西大門刑務所歴史館の存在が完全に消し去られている。酷い」

秋にまた韓国へ行くので釜山と済州島の予習をしようと『地球の歩き方』韓国編を買ったが、ソウルの地図を見て驚いた。大日本帝国統治時代に日本が朝鮮の人々にどんなことをしたか学べる施設の大韓民国歴史博物館、安重根義士記念館、西大門刑務所歴史館の存在が、本から完全に消し去られている。酷い。
50

歴史学者・呉座勇一 「戦後自虐史観や朝日新聞の偏向報道というのはネトウヨの妄想・陰謀論でしかない」

さて『日本国紀』の事実誤認に関する指摘が相次ぐようになると、百田氏は「アンチは12章と13章と終章には、ほとんど何も言いません。実はこの最後の3つの章こそ、『日本国紀』の神髄なのですが」と言い出した (2019年1月5日のツイート)。
12

【韓国書籍】障害者蔑視は日帝残滓「障害者差別と排除は5000年の韓国の歴史でわずか100年余りにしかならない」

韓国で障害者は近代より朝鮮時代により良い待遇を受けていた。歴史の中で障害者の人生を研究してきたテョン・チャングォン高麗(コリョ)大客員教授は2011年に出した<歴史の中の障害者はどのように生活していたか>でこの事実を資料で立証した。
30

元サッカー日本代表 戸田和幸氏、中3の息子に『日本国紀』を勧めて「良書に感謝」→パヨクの苦言に戸田氏の大人の対応が素晴らしい

少し前に中3の息子に「読んでみてよ」と渡したこちらの本。 久々「どうだった?」と聞いたら 「面白いよ、友達にも見せたら買ったみたい」と。 「何が面白いの?」と聞いたら。 「ただ何が起きたじゃなくてその背景を知る事が出来るから」と。 なるほどそれは面白いはずです。
アクセスランキング