Category: 映画

8

【ラストは餓死?】昼はチキン屋、夜は潜入捜査官!韓国歴代No.1ヒット 映画「エクストリーム・ジョブ」予告完成www

韓国の観客動員数が1600万人を突破し、歴代興行収入ランキングの1位(日本円で約127億円)を獲得した映画「エクストリーム・ジョブ」の予告編とメインビジュアルがお披露目された。映像では、潜入捜査のため昼はフライドチキン屋を“偽装営業”する麻薬捜査官らの奮闘とともに、「揚げる大捜査線」というユーモラスなコピーが切り取られている。
14

佐藤浩市、あの映画の炎上事件を語る「今ずっとネット見てる…」→古市憲寿「専門家として言っておくと、基本は無視で正しい」

佐藤浩市が、11日放送の『いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP』(日本テレビ系)に出演。彼を襲った炎上事件についての本心を語った。 佐藤は5月に公開された映画『空母いぶき』で首相役を演じていたが、その際の漫画誌のインタビューで、「ストレスに弱くて、すぐお腹を下してしまうという設定にしてもらった」と役どころを説明。だがこれが、潰瘍性大腸炎を患っている安倍晋三総理大臣を揶揄しているのではないかと炎上していた。
33

元慰安婦 緊急来日「安倍は我々が死ぬのを待っているのだろう。安倍に会いに来た」

旧日本軍の従軍慰安婦だった李玉善さん(92)の半生を追ったドキュメンタリー映画「まわり道」の上映会が5日、川崎市で開かれ、李さんが来日して参加した。「日本が悪いことをしたのに『やっていない』と言う。その結果、今の韓日関係悪化がある。歴史の否定は許されない」と話した。
19

【沖縄タイムス】阿部岳記者「安倍政権周辺の人々は韓国政権の強権手法にも親近感を持ちそうなものだが、韓国全体に『さらば』などと言うことを不思議に思っている」

東京で、ずっと観たかった韓国のドキュメンタリー映画「共犯者たち」を観た。 検察が放送局の報道内容やストを罪に問い、記者たちを連行していく。 「遠くで始まった弾圧」はここにも。
8

【圧力か?】パヨクジャーナリスト「映画『新聞記者』が12日で公開を取りやめたり、参院選後の8月から再上映するとの情報が!」→ガセっぽい→非難殺到www

全国にて公開中の「新聞記者」が、急に明日12日金曜日で公開を取りやめたり、参院選後の8月から再上映するとの情報があり、IWJのスタッフが各館に問い合わせて取材をしていきました。後ほど、その取材結果の一部をツィートします。
13

【イソコ映画】韓国女優シム・ウンギョンの日本映画デビュー作、日本人の父と韓国人の母のもと米国で育った新聞記者・吉岡エリカを演じ安倍政権を正面狙撃

‬ 韓国女優シム・ウンギョン(25)が日本映画デビュー作『新聞記者』(藤井道人監督)で熱血女性記者役を演じた。映画のモチーフは加計学園事件。安倍政権が特定私学財団に獣医大学新設に関連した特恵を提供したという疑惑で、まだ論争が続いている事件だ。
25

【朝日新聞】最近は慰安婦という言葉はあまり使われず「日本軍性奴隷制被害者」という言葉が使われるようになってきている

「慰安婦」と「」に入れたのは、韓国では最近、慰安婦という言葉はあまり使われず、「日本軍性奴隷制被害者」という言葉が使われるようになってきているからだ。試写会後の会見でも「被害者本人が慰安婦という言葉を嫌っています」と、使わないようにお願いされた。とはいえ日本では分かりにくいので、「慰安婦」とする。
18

慰安婦映画「主戦場」上映中止求め、ケント・ギルバート氏・テキサス親父氏ら東京地裁に提訴「契約違反、名誉を毀損された」

 慰安婦問題をテーマにした映画「主戦場」に無許諾で出演させられたとして、「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝副会長やタレントのケント・ギルバートさんら5人が19日、監督のミキ・デザキさんや配給会社に対し、上映中止と計1300万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。
16

「メディアは嘘つき。安倍政権のプロパガンダの道具にされている」望月イソ子と前川喜平が講演

映画「新聞記者」の公開記念シンポジウム「官邸権力と報道メディアの現在」(主催・琉球新報社、提供・スターサンズ、協力・イオンエンターテイメント)が7日夜、那覇市泉崎の琉球新報ホールで開かれた。東京新聞記者の望月衣塑子さん、元文部科学事務次官の前川喜平さんが登壇し、現政権による報道圧力や、権力の監視役としてのメディアの在り方について議論を交わした。700人余りの聴衆が耳を傾けた。
17

【悲報】朝日新聞 鮫島浩「映画『主戦場』を観た。朝日新聞が慰安婦報道を取り消した時、このくらい深く検証するドキュメンタリーを自ら制作していたら安倍政権と報道機関の歪んだ関係は随分違っていた」

ミキ・デザキ氏の映画「主戦場」を観た。朝日新聞が慰安婦報道を取り消した時、慰安婦問題の本質をこのくらい深く多面的に検証するドキュメンタリーを自ら制作して同時に発表していたら、その後の安倍政権と報道機関の歪んだ関係は随分違っていたのではないか。そう思った。
アクセスランキング