Category: 観光

8

対馬で宿泊所を経営する韓国人「人権重視で対立の解決を『市民の利益は何か』を問うことが、日韓対立の解決に向かう第一歩である」  

「息苦しい」。10月末、経営する宿泊所を訪れた40代の韓国人女性が漏らした。 毎月1日の有給休暇では3連休が限度で、異国情緒を味わえる日本旅行がぴったりだった。ところが最近は、周りの視線が気になって難しくなったと言う。
1

【セルフ制裁】日本旅行ボイコット、旅行会社の業績が急激に悪化、代替旅行先なく需要減る、希望退職募集も 

2019年11月8日、日本の輸出規制措置を受け韓国で日本旅行のボイコット運動が続く中、韓国紙は「旅行会社の業績が急激に悪化」と伝えた。日本への旅行客が減少したのにとどまらず、代替旅行先がなく旅行需要が減ったためだ。国内の大手旅行会社は長期休暇制度である「安息年」や希望退職の募集などに追い込まれている。
6

立憲・末松義規議員「訪日韓国人客減少で損害を被られた方に個別支援すべき」→麻生財務相「外国と商売してれば、その国の事情が変わった時には突如状況が悪化する。個人補償しろというのは如何なものか」

【個別支援しろ】立憲民主党・末松義規「訪日韓国人減少で損害を被られた方に対して支援すべき」 麻生太郎財務大臣「外国と商売してれば、その国の事情が変わった時には突如状況が悪化する。常に覚悟していかないといけない当然ことだ。損した時だけ何とかしろ、個人補償しろというのは如何なものか」
5

韓国私費旅行促進 中村時広愛媛県知事「何が問題なのか?目標人数を掲げることは当たり前」有識者「職員の忖度問われる」

愛媛県が松山―ソウル線の搭乗率を上げるため、部局ごとの目標人数を示して私費での韓国旅行を職員に促していた問題で、中村時広知事は5日、 「何が問題なのか分からない。県民の皆さんにソウル線の利用を呼びかける我々が汗をかくということが大事だ」と述べ、 ノルマやペナルティーはなく問題はないとの認識を示した。
5

【セルフ経済制裁】韓国人の日本ボイコットで韓国大手旅行代理店が壊滅的打撃…関係者「日本旅行の代替先はなかった」

日本による経済報復を受け、韓国で「日本旅行ボイコット運動」が3カ月以上続いている。大手旅行会社ハナツアーの先月の日本旅行需要は前年同月を82.3%下回った。減少幅は8月(76.9%減)、9月(75.4%減)よりも拡大した。
9

【愛媛県】ソウル便の搭乗率を上げるため県幹部が県職員に私的な搭乗を「依頼」 人数割り当ての「目標人数」も

日韓関係の悪化により国内各地でソウル便の運休や搭乗率の低下が相次ぐ中、松山―ソウル便の搭乗率維持のため、愛媛県経済労働部の幹部が他部局の幹部に対し、職員の私的な搭乗を依頼していることが分かった。 担当課は「お願い」としているが、職員からは「なぜ私費で行かなくてはいけないのか」と批判の声が上がっている。
アクセスランキング