Category: 観光

4

大韓航空 青森ーソウル線 4~10月は週3往復 青森県「しっかりと実績を残せるよう利用促進に取り組んでいく」

大韓航空は15日、今年3月31日から10月26日までの夏季運航スケジュールを発表した。3月30日までの冬季スケジュールでは週5往復で運航している青森-韓国・ソウル(仁川)線を、昨年夏季と同様、週3往復とする。県や大韓航空青森支店によると、夏季は仁川国際空港の発着枠を得るのが難しかったという。同航空は昨年夏季と同程度の需要を見込んでいる。
1

春節なのに… 韓国・明洞を訪れる中国人観光客が減少、代わりに日本・東南アジアへ

今月9日午後、ソウル明洞(ミョンドン)のある化粧品店。入口には中国人が好きな赤色の看板に「春節特価」という呼び込みコピーが書かれていた。店のスタッフが休む間もなく大きな声で「歓迎光臨!(「いらっしゃいませ」の中国語)」と叫んでいたが、店に入る中国人観光客は1時間で1人もいなかった。
1

韓国、春節の中国人の旅行対象外に 韓国人「来なくていい」「中国人観光客が増えると、物価も賃貸料も上がる。」

韓国・SBSは、「海外旅行に行く中国人が年々増加する中、韓国が関心の外に置かれている」と伝えた。 記事によると、旧正月の連休を迎えた中国では約700万人が海外旅行に出かけるとの調査結果が発表された。昨年の650万により約8%増えた過去最大規模だという。 旅行先の人気1位はタイで、後には日本、インドネシア、シンガポール、ベトナムが続いた。
6

『香川県 高松市』に韓国ネチズンが注目!リアルタイム検索語に浮上

タカマチュ(高松)が、リアルタイム検索語に浮上して注目を集めている。 高松は日本の四国にある香川県の県庁所在地で、人口45万人(2014年基準)の都市である。 日本の国宝級文化財が保存されている真言宗の総本山、チェンチュジ(善通寺)が有名で、日本式の伝統庭園であるリスリン(栗林)も名所に数えられる。
5

済州航空の日本協力企業FMG、韓国人職員に対し慰安婦被害者を後援するブランド「マリモンド(MARYMOND)」のバッグを持たないよう指示

チェジュ航空の日本協力企業が韓国人職員に対し、勤務地では日本軍慰安婦被害者を後援するブランド「マリモンド(MARYMOND)」のカバンを持たないよう指示していたことが分かった。
25

【ソウル観光】立憲 有田芳生「ソウルで驚いた事二つ。カード支払いで暗証番号やサインもなしで決済できること。もうひとつはホテルでWi-Fiにつなぐのにパスワードの必要がなかったこと。」

ソウルで驚いたこと二つ。ひとつはカード支払いで暗証番号やサインもなしで決済できること。もうひとつはホテルでWi-Fiにつなぐのにパスワードの必要がなかったこと。電子社会はどんどん進みます。
22

【FNN】韓国に喝!ビザなし渡航を制限する制裁は有効か?

冬の韓国・ソウルで生活するのは、なかなか厳しいものがある。氷点下10度以下という寒さには慣れたが、近年深刻化したPM2.5による大気汚染に慣れる事は永遠に無いだろう。酷い日には外出もままならず、市内を流れる漢江(ハンガン)の対岸は白く煙って見えないほどだ。この大気汚染と同様に視界不良なのが、日韓関係だ。
13

【インバウンド】日本の観光特需は見掛け倒し?韓国メディアが指摘=韓国ネット「韓国人観光客は今も十分日本でお金を使っている」

2019年1月18日、韓国メディア・韓国日報は「日本の観光特需、実は“見掛け倒し”」と題する記事を報じた。 記事は、安倍晋三政権が掲げる「20年に観光客4000万人、消費額8兆円」の目標について「観光客の規模だけ達成することになるだろう」と伝えている。
7

観光客が来ない!韓国済州島の宿泊業に“危機”=韓国ネットは「自業自得」「日本旅行のほうがよっぽど安い」 

記事によると、韓国銀行済州本部(以下、韓銀)は同日、「済州地域宿泊業リスク要因点検報告書」を発表した。それによると、島内の宿泊業者の保有客室は7万1822室に達しているが、観光客数を勘案した必要な客室数は4万6000室で、2万6000室近くが「過剰供給状態」にあるという。
3

「日本に行くのをやめよう!!」出国税に敏感に反応する韓国にまたもや“ブーメラン現象”が 

日本からの出国時に1人1000円を課す「国際観光旅客税」、いわゆる“出国税”が1月7日から始まった。報道によれば、年500億円の税収が見込まれるという。 出国税は、国籍を問わず日本を出国する人が納める。航空券の購入代金などに上乗せされるが、2歳未満の子供や入国24時間以内に出国する乗り継ぎ便利用者、天候などによりやむなく立ち寄る人は徴収されないそうだ。
アクセスランキング