Category: 時事

4

【韓国メディア】 日本の侵略主義を象徴する『旭日勲章』、今でも受けとる韓国人がいる

アンカー:日本初の勲章で日帝強制支配期、李完用(イ・ワンヨン)をはじめとする乙巳五賊はもちろん、親日派なら大部分が受けた勲章があります。ところが今でも我が国の一部外交官と政治家、経済人がこの勲章を受けています。みなさんはどう思われるでしょうか?コ・ハンソク記者が報道します。
1

文大統領の支持率48.1% 最低を更新 不支持率は46.9% 

韓国の世論調査会社、リアルメーターが13日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は、前週より1.4ポイント低い48.1%となり、就任以降最低を更新した。不支持率は1.7ポイント上昇の46.9%。支持率と不支持率の差は1.2ポイントで誤差の範囲内(プラスマイナス2.5ポイント)となった。
0

【画像】ソウルの築27年のビルが崩壊危険… ソウル市が使用禁止措置に

崩壊危険に置かれたソウル江南区三成洞(カンナムグ・サムソンドン)のテジョンビルに12日、使用禁止措置が下された。これを受け、入居者はこの日午後まで事務室を空けなければならない。ソウル江南区庁はこの日午前11時ごろ、施設の安全およびメンテナンスに関する特別法第8条により該当建物を第3種施設に指定し、使用禁止措置を下した。 
1

メキシコ旅行に行った女性、目と心臓、脳、その他が跡形も無く消えた状態で帰国

イギリスのウェスト・ヨークシャーに住んでいる女性がメキシコ旅行に行ったところとんでもない目にあって帰国したことが分かった。 41歳のアマンダという名前の女性は昨年メキシコに旅行に行ったが、悲惨な姿で母親の元へ戻ってきた。旅行に行った彼女は目と心臓、脳、その他の臓器が跡形も無く消えた状態だった。
1

ファーウェイの報復か!?中国でカナダ元外交官拘束と報道

有力シンクタンク「国際危機グループ(ICG)」(本部ブリュッセル)は11日、中国など北東アジア担当のマイケル・コブリグ氏が中国で拘束されたとする声明を発表した。コブリグ氏はカナダの元外交官として北京や香港での勤務経験があり、中国語が話せるという。
2

【ゴーン逮捕】フランス元駐日大使「日本のことを友人だと思っていたのに……」「もし、同じようにトヨタ自動車の会長がフランスで逮捕されたら日本は怒るだろう」

フィリップ・フォール元駐日フランス大使(68)がパリ市内で毎日新聞の取材に応じ、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕に強い不快感を示した。日本政府は逮捕容疑に関する詳細な情報を提供すべきだとし、国際社会で日本が信頼を失う事態に発展しかねないと警告した。
アクセスランキング