Category: 訴訟・公判

14

【沖縄米軍基地】反対集会巡り「不当逮捕」韓国籍の歯科医の、こかんほさん(62)が提訴「突然、機動隊員に囲まれ、約30分間にわたって殴る蹴るなどの暴行を受けた」と主張

沖縄県の米軍キャンプ・シュワブ周辺で沖縄県警の機動隊員らから集団暴行を受け、公務執行妨害容疑で逮捕されたのは不当として、神戸市灘区に住む韓国籍の歯科医こかんほさん(62)が、沖縄県に慰謝料など330万円を求める訴訟を神戸地裁に起こした。1月14日付。
10

【朗報】従軍慰安婦記事巡り元朝日記者 植村隆、控訴審も敗訴 札幌高裁

従軍慰安婦についての記事を「捏造(ねつぞう)」とされ名誉を傷つけられたとして、元朝日新聞記者の植村隆氏(61)が、ジャーナリストの桜井よしこ氏(74)や桜井氏の論文を掲載した週刊誌の発行元3社に損害賠償などを求めた訴訟の判決で、札幌高裁(冨田一彦裁判長)は6日、植村氏の訴えを退けた1審判決を支持し、請求を棄却した。
8

【慰安婦被害者側】日本政府の「主権免除」論理に反論へ=損害賠償訴訟

韓国の旧日本軍慰安婦被害者が日本政府を相手取って起こした損害賠償請求訴訟について、被害者側は5日に開かれる第2回口頭弁論で国際的判例と立法事例を具体的に提示して日本側の論理に反論することを決めた。被害者の代理の弁護士団体「民主社会のための弁護士会」(民弁)が4日、明らかにした。
2

日帝強制動員被害者 「戦犯企業に対して2次集団訴訟を起こす」

「勤労挺身隊ハルモニ(=おばあさん)と共にする市民会」(以下、勤労挺身隊市民)と「民主社会のための弁護士会」は14日午前11時、光州市東区(クァンジュシ・トング)光州地方弁護士会館で「日帝強制動員被害者、戦犯企業対象2次集団訴訟提起記者会見」を開くと明らかにした。
1

安田純平が国を提訴「パスポート発給拒否は違憲」

シリアで武装組織に拘束され、おととし解放されたフリージャーナリストの安田純平さんに対し、外務省がパスポートを発給しないと通知したことについて、安田さんは、外国への移動の自由は憲法で保障されているとして国にパスポートの発給などを求める訴えを起こしました。
5

植松聖「しゃべれるか?」意思疎通が可能か確認し次々と・・・「あいつどこいる?わーっと怒るやつ。電車持ってるやつ」とも

 相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告(29)の裁判員裁判の第2回公判が10日、横浜地裁(青沼潔裁判長)であり、夜勤中に結束バンドで拘束された施設職員らの供述調書が朗読された。
6

【14歳から吸っていた】大麻・スノボ元五輪代表の国母和宏被告に懲役3年求刑

大麻を密輸した罪に問われているスノーボードオリンピック元日本代表の国母和宏被告(31)が、初公判で起訴内容を認めた。 スノーボードオリンピック元日本代表の国母和宏被告は、「大麻ワックス」およそ57グラムを国際郵便でアメリカから密輸した罪に問われ、8日の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。
アクセスランキング