Category: 訴訟・公判

0

【徴用工訴訟】和解後に次々と訴訟を起こされた不二越の悪例 韓国は米国等にある日本企業の資産にも注目か

韓国人元徴用工4人が新日鐵住金を相手に損害賠償を求めていた裁判で、1人あたり1億ウォン(約1000万円)の支払いを命じる判決が確定した。韓国では少なくとも15件の徴用工訴訟が起こされ、対象の日本企業は約70社にのぼると報じられている。

さらに、韓国政府がまとめた「日本強制動員現存企業299社リスト」の企業へと訴訟が拡大する可能性もある。そうなれば、日本企業の韓国でのビジネスに大きな影響を与えかねない。

1

韓国から金塊密輸の韓国籍の男女3人、摘発少ない宮崎空港を“抜け穴”に複数回成功 初公判で明らかに

韓国から宮崎空港に金塊を密輸しようとしたとして、韓国籍の男女3人が関税法違反(無許可輸入未遂)などの罪に問われた事件で、犯行を指示していた韓国の密輸グループが、事件前に同空港への金塊密輸を複数回成功させていたことが2日、分かった。

4

【法よりも情緒】韓国最高裁「宗教上の理由で兵役拒否は正当」最高裁判決を最高裁が覆す

韓国最高裁は1日、宗教的な信念で兵役を拒否し、兵役法違反罪などで起訴された宗教団体信者の30代男性の上告審で、「正当な兵役拒否理由」に当たるとして、懲役1年6月を言い渡した2審判決を破棄し、差し戻した。2004年に有罪判決を出した最高裁の判断を14年ぶりに覆した形だ。

2

【韓国最高裁判決】 請求権12億2千万ドルを要求したのに3億ドル(無償分) しか受けられず、強制動員の慰謝料まで含まれたと見るのは難しい

大法院の合議体はこの日原告の損害賠償請求権が1965年に韓日政府が結んだ請求権の協定の適用対象に含まれないと判断した。 「日本政府の不法な植民支配および侵略戦争の実行に直結した日本企業の反人道的不法行為」によってもたらされた慰謝料請求権という理由からだ。

2

【東京新聞】朝鮮学校の卒業生側、二審も敗訴→ 佐藤圭記者「またも不当判決。官製ヘイトを司法が追認。」

朝鮮学校を高校無償化の対象から外したのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校高級部の卒業生61人が国に計610万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は30日、請求を退けた一審判決を支持し、原告の控訴を棄却した。卒業生側は最高裁に上告する方針。

11

【当たり前】朝鮮学校無償化裁判 東京高裁でも元生徒側が敗訴 涙を流して判決に抗議

朝鮮学校を高校無償化の対象に指定しなかった処分は違法だとして、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の元生徒61人が国に1人当たり10万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が30日、東京高裁であった。 阿部潤裁判長は「不指定処分は違法と言えない」と述べ、請求を退けた1審・東京地裁判決を支持し、元生徒側の控訴を棄却した。元生徒側は上告する方針。

12

韓国内に財産は無いと思われてた新日鉄住金 韓国のポスコ製鉄所の株を3%保有 早速差し押さえへ

日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者が新日本製鉄(現新日鉄住金)を相手取った訴訟で、韓国大法院(最高裁)が30日、
原告勝訴とした判決を出したことで、原告側は賠償請求が可能になったと喜びの声を上げた。

 韓国の大法院はこの日、韓国人被害者4人が新日本製鉄に損害賠償を求めた訴訟で、原告を逆転勝訴させた差し戻し控訴審判決を支持し、
新日鉄に原告1人当たり1億ウォン(約1000万円)の支払いを命じた。 

6

【河野外相】韓国大使を外務省に呼び出し強く批判 適切な対応を要請「国際社会の常識では、考えられない」

そして、河野大臣は「判決は、請求権の問題を完全かつ最終的に終わらせている日韓請求権協定に明らかに違反しているばかりか、日本企業に不当な不利益を負わせ、1965年の国交正常化以来築いてきた両国の友好関係の法的基盤を根本から覆すものだ。法の支配が貫徹されている国際社会の常識では、考えられない」と強く批判しました。

14

【徴用工判決】日本の支援団体「企業側は直ちに補償を。それが日韓の長期的な信頼関係につながる」

原告である韓国人の元徴用工4人のうち、3人は亡くなっている。支援団体は、残された原告の李春植(イチュンシク)さんも90歳を超えている点を強調。「残された時間はない。企業側は直ちに補償してほしい」と訴え、それが日韓の長期的な信頼関係につながると訴えた。

9

【超速報】徴用工判決 韓国最高裁「強制徴用賠償請求権は消滅しない」とんでも判決キタ━━━━━━━━!!

太平洋戦争中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた裁判で、韓国の最高裁判所は、賠償を命じる判決を言い渡しました。徴用をめぐる問題について、日本政府は、1965年の国交正常化に伴う日韓請求権・経済協力協定によって「完全かつ最終的に解決済みだ」としており、今後の日韓関係に影響を及ぼすことも予想されます。

アクセスランキング