Category: 訴訟・公判

2

日帝強制動員被害者 「戦犯企業に対して2次集団訴訟を起こす」

「勤労挺身隊ハルモニ(=おばあさん)と共にする市民会」(以下、勤労挺身隊市民)と「民主社会のための弁護士会」は14日午前11時、光州市東区(クァンジュシ・トング)光州地方弁護士会館で「日帝強制動員被害者、戦犯企業対象2次集団訴訟提起記者会見」を開くと明らかにした。
1

安田純平が国を提訴「パスポート発給拒否は違憲」

シリアで武装組織に拘束され、おととし解放されたフリージャーナリストの安田純平さんに対し、外務省がパスポートを発給しないと通知したことについて、安田さんは、外国への移動の自由は憲法で保障されているとして国にパスポートの発給などを求める訴えを起こしました。
5

植松聖「しゃべれるか?」意思疎通が可能か確認し次々と・・・「あいつどこいる?わーっと怒るやつ。電車持ってるやつ」とも

 相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告(29)の裁判員裁判の第2回公判が10日、横浜地裁(青沼潔裁判長)であり、夜勤中に結束バンドで拘束された施設職員らの供述調書が朗読された。
6

【14歳から吸っていた】大麻・スノボ元五輪代表の国母和宏被告に懲役3年求刑

大麻を密輸した罪に問われているスノーボードオリンピック元日本代表の国母和宏被告(31)が、初公判で起訴内容を認めた。 スノーボードオリンピック元日本代表の国母和宏被告は、「大麻ワックス」およそ57グラムを国際郵便でアメリカから密輸した罪に問われ、8日の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。
10

【ようわからんけど死刑に入れた】裁判員裁判が破綻、最高裁が判決を覆す例相次ぐ

 2012年6月、大阪市・ミナミの心斎橋の路上で居合わせた男女2人を刺殺した無差別殺人で、殺人罪などに問われていた磯飛京三被告(44)について、最高裁第一小法廷(小池裕裁判長)は12月2日、同被告を無期懲役とした大阪高裁判決を支持した。これにより、一審の大阪地裁での裁判員裁判で出された死刑判決が破棄された高裁判決が確定し、凶悪犯は死刑を免れる。
1

【邪推】玉川徹、性暴力裁判で敗訴の元TBS山口氏に「安倍総理とものすごい親しいですよ。直接電話できるんですから…」

19日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)ではジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者・山口敬之氏(53)から性暴力を受けたとして1100万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が判決公判で「酩酊状態で意識がない伊藤さんに合意がないまま性行為に及んだ」と認定し、山口氏に330万円の支払いを命じたことを報じた。
1

新幹線殺傷事件、小島被告に無期懲役 閉廷と同時に「控訴はしません。万歳三唱をします」と叫び万歳三唱

東海道新幹線で昨年6月9日、乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人や殺人未遂の罪に問われた小島一朗被告(23)の裁判員裁判の判決公判が18日、横浜地裁小田原支部(佐脇有紀裁判長)で開かれ、無期懲役(求刑無期懲役)の判決が言い渡された。
アクセスランキング