Category: 訴訟・公判

21

【朝日新聞】「我々少数派はどこに訴えれば」朝鮮学校の卒業生ら落胆 無償化棄却「朝鮮人として生きるのは贅沢ですか」

 高校の授業料無償化から朝鮮学校を外した国の処分について、元生徒らが取り消しなどを求めた訴えは16日、広島高裁の控訴審判決で退けられた。「我々少数派はどこに訴えればいいのか」。落胆と憤りの声が上がった。
11

在日朝鮮人「朝鮮学校を無償化対象から外したのは違法!日本政府は賠償しろ!」 広島高裁「はい棄却」

広島朝鮮初中高級学校の高級部(広島市)を高校無償化の対象から外したのは違法として、運営する学校法人「広島朝鮮学園」と元生徒109人が処分の取り消しと在学中の受給額などに相当する計約6000万円の損害賠償を国に求めた訴訟の控訴審判決が16日、広島高裁であった。三木昌之裁判長は国の処分を合法と判断した1審・広島地裁判決を支持し、学校側の控訴を棄却した。
2

【キノコ速報】女性を性奴隷にしチャットで共有「n番部屋」創始者ムンに無期懲役

韓国で、未成年を含む多くの女性を脅して「奴隷」にし、テレグラム上の秘密のチャット部屋で残酷な性的映像を共有していた「n番部屋事件」。一連の事件に使われたチャットルームの創始者、通称「ガッガッ」と呼ばれていたムン・ヒョンウク被告(24)に対し、無期懲役が求刑された。
2

【慰安婦詐欺】横領した寄付金「返還できない」韓国与党議員 尹美香(ユン・ミヒャン)ら、請求棄却求める

韓国の元慰安婦支援団体による寄付金流用疑惑で、寄付をした市民らが、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協、現・日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯)と、挺対協の元代表で与党・共に民主党議員の尹美香(ユン・ミヒャン)被告、元慰安婦が生活する「ナヌムの家」を相手取り、寄付金返還を求めた訴訟の第1回口頭弁論が12日、ソウル中央地裁で行われた。聯合ニュースによると、被告側は寄付金を返還できないとの立場を示し、請求棄却を求めた。
6

【悲報】自称徴用工の現金化、また伸びそう

韓国人元徴用工の訴訟で原告側が差し押さえた日本製鉄(旧新日鉄住金)の資産について、売却を命じるか検討している大邱地裁浦項支部関係者は10日、関連書類をホームページなどに一定期間掲示することで送達したと見なす「公示送達」の手続きを取ったと明らかにした。売却命令が出るのは、公示送達の効力が発生する12月9日以降となった。
3

「暴力団員」と事実と異なる記事掲載「週刊金曜日」発行会社らに賠償命令、京都地裁

 暴力団組員だったとする事実と異なる記事で社会的評価をおとしめられたとして、京都市の男性が週刊誌「週刊金曜日」を発行する会社「金曜日」と、フリージャーナリストの男性に対し1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、京都地裁であった。増森珠美裁判長は、記事の内容は真実とは認められないなどとして、同社などに連帯して110万円を支払うよう命じた。
アクセスランキング