Category: 時事

5

【話題】浄土真宗本願寺派住職「大塚愛さんの『さくらんぼ』が好きだ。なぜか心がゆさぶられる。正信念仏偈のリズムと一緒だということに気づいた。これが原因だったか」

大塚愛さんの「さくらんぼ」が好きだ。なぜか心がゆさぶられる。 なぜだろうと思っていたら正信念仏偈のリズムと一緒だということに気づいた。これが原因だったか。
7

【自己責任】韓国人含む人質救出、仏世論「政府の勧告を無視した無謀な観光客のせいで軍人の命が犠牲になった」と激怒

アフリカ西部のブルキナファソで武装勢力に拉致されていた韓国人1人を含む人質4人がフランス軍に救出され、この過程でフランス軍の兵士2人が犠牲になったことをめぐり、フランスでは政府の警告を無視して危険地域に入った人質に対する非難の世論が沸き起こっている。
4

【アカいトラクター】北朝鮮に贈られる予定だったトラクター27台が公園内に放置される「北朝鮮制裁解除」「米国は去れ」などと書かれた横断幕も

京畿道坡州市の臨津閣にある平和ヌリ公園の駐車場に新品のトラクター27台が10日以上にわたり放置されている。これらのトラクターは韓国のある企業が製造したもので、価格は1台当たり4000万ウォン(約380万円)、27台で合計10億ウォン(約9400万円)以上になる。
13

【特定野党支持率と一致w】毎日新聞世論調査で「天皇制廃止派」が7%いる事が判明

日本国憲法は3日、1947年の施行から72年を迎えた。毎日新聞が憲法記念日を前に4月13、14日に実施した全国世論調査で、今の憲法第1章に定められた象徴天皇制についてどう思うかを尋ねたところ、「現在の象徴天皇制でよい」と答えた人が74%と多数を占めた。
19

【東京新聞】 望月衣塑子が憲法の意義主張「憲法は権力者が個人の自由や尊厳を奪うことに抵抗するためにある」

憲法記念日の5月3日、護憲派団体による「憲法を守り育てる集会」が福井県福井市のアオッサで開かれた。東京新聞社会部の望月衣塑子(もちづき・いそこ)記者(43)が講演し、「憲法は権力者が個人の自由や尊厳を奪うことに抵抗するためにある」と主張した。
アクセスランキング