Category: 時事

6

【河野外相】韓国大使を外務省に呼び出し強く批判 適切な対応を要請「国際社会の常識では、考えられない」

そして、河野大臣は「判決は、請求権の問題を完全かつ最終的に終わらせている日韓請求権協定に明らかに違反しているばかりか、日本企業に不当な不利益を負わせ、1965年の国交正常化以来築いてきた両国の友好関係の法的基盤を根本から覆すものだ。法の支配が貫徹されている国際社会の常識では、考えられない」と強く批判しました。
14

【徴用工判決】日本の支援団体「企業側は直ちに補償を。それが日韓の長期的な信頼関係につながる」

原告である韓国人の元徴用工4人のうち、3人は亡くなっている。支援団体は、残された原告の李春植(イチュンシク)さんも90歳を超えている点を強調。「残された時間はない。企業側は直ちに補償してほしい」と訴え、それが日韓の長期的な信頼関係につながると訴えた。
9

【超速報】徴用工判決 韓国最高裁「強制徴用賠償請求権は消滅しない」とんでも判決キタ━━━━━━━━!!

太平洋戦争中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた裁判で、韓国の最高裁判所は、賠償を命じる判決を言い渡しました。徴用をめぐる問題について、日本政府は、1965年の国交正常化に伴う日韓請求権・経済協力協定によって「完全かつ最終的に解決済みだ」としており、今後の日韓関係に影響を及ぼすことも予想されます。
2

【徴用工判決】 韓国人弁護士「米国内にある日本企業の資産も差し押さえる法的手続きを進める」・・約270社が訴訟の対象、2兆円請求

韓国最高裁が30日、日本による朝鮮半島統治下で、「徴用工」として労働を強いられたという韓国人4人が、新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審の判決を言い渡すのだ。
4

中央日報「徴用工問題、1年前の事案も忘れる韓国政府が長期戦に備えた戦略を持っているのか心配だ。長く執拗な外交戦が今始まろうとしているにもかかわらず、だ。」

今月18日。オードレ・アズレ国連教育科学文化機関(ユネスコ)事務局長と会談した安倍晋三首相は「ユネスコの非政治化」に対して謝意を表した。ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)審査過程を日本の意に沿うよう変更することについて「非政治化のための改革」と言って励ましたのだ。
4

【答え合わせwww】安田純平の盟友 常岡浩介氏「ヌスラに『身代金を獲って山分けしよう』と誘われ同意すると待遇が良くなる」

安田純平の盟友常岡浩介 「安田さんと同じくヌスラ戦線に拘束された人によると、ヌスラの幹部から『お前の国から身代金を獲って山分けしようぜ』と誘われたことがある。同意すると、待遇が良くなり幹部と食事もできるようになった」
3

【いよいよ本日】韓国最高裁で午後2時判決 日本企業(新日鉄住金)に「賠償命令」なら日韓関係破局へ

第2次大戦中に強制労働を強いられたとして韓国人男性4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟で、韓国大法院(最高裁)は30日に判決を言い渡す。賠償を命ずる判決が出た場合、日本企業の資産の差し押さえ訴訟や、類似の裁判が相次ぐ可能性もある。「解決済み」の個人請求権の扱いも絡み、展開次第では重大な日韓の外交問題に発展しかねない。
3

【速報】ロシア大統領補佐官「第三次世界大戦にむけて準備をしている」

ロシア大統領補佐官のアンドレイ・ベロウソフ氏が、ロシアは戦争に備えていると発言し、大きな波紋を広げている。 英紙「Express」(10月28日付)によると、今月、国連総会第一委員会に出席したベロウソフ氏は、「ロシアが戦争準備をしている」という米国の指摘に対し、そのことを認める発言をした。
1

韓国の自殺率、OECDでダントツの一位~他の先進国とは異なり、所得格差などの経済的、社会的、文化的要因も自殺に大きな影響

韓国保健福祉部と健康保険公団が29日発表した「2018経済協力開発機構(OECD)保健統計」によると、2016年時点での人口10万人当たりの自殺による死亡率(自殺率)は韓国が25.8人と、OECD加盟国(平均11.6人)の中で最も高かった。
2

【画像】安田純平さん、前から見ると人質っぽい風貌に見えるけど後ろから見るとすごくサッパリしている。 武装勢力「後ろ刈り上げますか?」 ウマル「いや普通で」

前から見ると人質っぽい風貌に見えるけど後ろから見るとすごくサッパリしている 安田さんは鏡を見て自分で人質っぽく見えるように工夫していたんだろうな だから鏡で見えない部分は綺麗なままになってしまった
6

【日経】元徴用工判決 日本で 「嫌韓」感情の高まりも

朝鮮半島の植民地時代に強制労働をさせられたとして韓国人4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審で、韓国の大法院(最高裁)は19日、今月30日に判決を言い渡すと発表した。日本政府は元徴用工の個人請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場。請求権を認める判決が出れば、日韓のビジネスや外交に深刻な影響を及ぼすことになる。
5

【いよいよ明日判決】 韓国最高裁で 「元徴用工」勝訴濃厚  日本企業に “慰謝料2兆円” 請求

韓国における元徴用工の裁判で、韓国の最高裁にあたる大法院が10月30日に判決を言い渡す。日本側には厳しい判決が予測されており、日韓関係の悪化が懸念されている。 元徴用工が新日本製鉄(現・新日鉄住金)を相手取って起こした民事訴訟の場合、原点は1997年に遡る。時系列を表にしてみた。
アクセスランキング