時事一覧

【イギリス】ヒースロー空港の免税店が「中国人差別」をネットで暴露される…批判受け謝罪

ロンドンのヒースロー空港の免税店で、中国人客に限って1000ポンド(約15万円)以上の高額な買い物をしなければ次回使える2割引きの優待券がもらえなかったことが暴露され、 中国のネットユーザーの間で「差別的だ」と批判されている。免税店の運営会社はフェイスブックで「直ちに是正措置を取った。心から謝罪する」と表明した。

記事を読む

三浦瑠麗を批判する言説は、1990年代の「拉致」関連言説(「拉致は右翼のデマ」)をそのまま反復してる

三浦瑠麗を批判する言説は、1990年代の「拉致」関連言説をそのまま反復してる。 「拉致があるかのように言うのは差別を助長する」「右翼のデマだ」――こういうことを言ってた人たちは、2002年に金正日が事実関係を認めて謝罪して以後、公式に謝罪や反省の言葉を述べたか?

記事を読む

ベトナムに進出した韓国企業が給与未払い、代表者の夜逃げなど相次ぐ

2018年2月11日、中国メディアの環球網は、ベトナムに進出した韓国企業で従業員への給与未払いや代表者の夜逃げなどが相次いでいると伝えている。記事が韓国・聯合ニュースの報道として伝えたところによると、ベトナムで「テト」と呼ばれる最大の祝日である旧正月を控え、ベトナムのドンナイ省に進出した韓国企業の代表者や韓国人社員らが8日、従業員への給与未払いのままベトナムを離れたという。

記事を読む

【台湾世論調査】花蓮地震 台湾に思い寄せてくれた国 日本75.8% 中国1.8%

台湾の民間調査研究機関は12日、東部・花蓮県を6日に襲った地震に関する世論調査結果を発表した。台湾に最も思いを寄せてくれた国を問う設問では「日本」との回答が75・8%に達し、一番高かった。次は中国だが、1・8%にとどまった。

記事を読む

韓国気象衛星、よりによって五輪中に故障…日本衛星を活用中

韓国の天気予報に活用されてきた衛星が2日間作動していないことが分かった。韓国日刊紙の東亜日報は13日、「韓国が開発した最初の静止軌道衛星『千里眼1号』が2日以上作動してないことが明らかになった」とし「障害で一日以上も衛星映像を受信できないのは2010年の打ち上げ以来初めてであり、日本側の衛星映像を活用している」と伝えた。

記事を読む

国外逃亡のタイ元首相が日本にイタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

タイのプラウィット副首相は12日、「(国外逃亡した)インラック前首相と(兄の)タクシン元首相は現在、日本にいると報告を受けている」と述べた。共同通信が報じた。

記事を読む

【平昌五輪】北朝鮮芸術団、ゴミ・髪の毛も持って帰る

平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を控えて北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長と実務陣の警護を国家情報院が担当したことをめぐって論争が起こっている。スパイを捕らえる国家情報院がすべき事ではないということだ。国家情報院は6日から訪韓した北朝鮮公演団と応援団の警護も引き受けた。

記事を読む

【フィリピン】やっぱり韓国はダメ! 日本の鉄道保守・復活契約に安堵の期待「マニラMRT3」

読売新聞(朝刊)が、MRT-3号線の保守・安全運行のために、日本政府が300億円の円借款を行う方針と伝えたことで、利用者から安堵の声が広がっている。 マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障がほぼ毎日発生している。この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

記事を読む

【朗報】民進党支持率が0.9%と完全泡沫化 改名待ったなしwwwwww

政党支持率は自民党が前回比2・8ポイント増の41・2%、立憲民主党は1・8ポイント減の10・9%。希望の党は2・0%、公明党4・0%、民進党0・9%、共産党2・7%、日本維新の会2・9%、自由党0・7%、 社民党0・7%で、「支持する政党はない」とした無党派層は33・4%だった。

記事を読む

退避計画、待ったなしの課題 壱岐・対馬フェリー真崎社長「有事の際 ピストン輸送を検討」

朝鮮半島有事を想定した在韓邦人の退避計画が定まらない中、壱岐・対馬フェリー(福岡市中央区)の真崎越郎社長(65)は産経新聞のインタビューに応じ、「退避計画は喫緊の課題だ」とした上で、日韓の国境海上までフェリーを出し、ピストン輸送で対馬などに避難させる手順確認を進めていると明らかにした。

記事を読む

韓国浦項で規模4.6の地震・・・3カ月ぶりに起きた4.0台の余震に市民が避難

昨年11月15日に慶北(キョンブク)浦項(ポハン)で発生した規模5.4の地震の余震(4.0台)が約3カ月ぶりに発生した。数多くの浦項市民が日曜の早朝に地震が発生すると、すぐに驚いて緊急避難した。11日の午前5時3分3秒、浦項市北区の北北西側5kmの地域で規模4.6地震が発生したと気象庁は明らかにした。

記事を読む

【平昌五輪】<謎のオブジェ> 通称「モルゲッソヨ」像の作者の最新作もヤバすぎるwwwwww

平昌五輪のメインプレスセンター前に立てられていた謎のオブジェ。このオブジェは彫刻家キム・ジヒョンが作った 「弾丸マン(Bullet Men)」という作品(一部メディアで銃弾マンと言われているが誤訳)。2009年に同作者が作ったもので、2013年平昌ビエンナーレ美術展が開催されその中にキム・ジヒョンの「弾丸マン」が展示されていた。

記事を読む

【台湾花蓮地震】蔡英文総統、安倍首相からのお見舞いに感謝「まさかの時の友は真の友」

東部・花蓮県で発生した地震被害に対し、安倍晋三首相からお見舞いのメッセージが送られたのを受け、蔡英文総統は8日、ツイッターで「安倍首相からのお見舞いは、まさかの時の友は真の友、まさにその通りです。このような困難な時の人道救助は正に台日双方の友情と価値観を体現するものだと思います」と感謝を示した。

記事を読む

【平昌五輪】旭日旗思わせる帽子着用で謝罪 平昌五輪、モーグルの西伸幸選手「申し訳ない」

平昌冬季五輪の選手村でフリースタイルスキー男子モーグルの西伸幸選手(32)=マンマーノフーズ=が旭日旗を連想させるデザインの帽子を着用していたことを9日、明らかにし、謝罪した。同日の予選終了後に「スイスで買った帽子で、悪いという認識はなかった。いろいろなところで迷惑をかけて申し訳ない」と述べた。

記事を読む

台湾地震の救援 蔡英文政権の「日本特別扱い」に中国激怒「大陸を拒絶しながら日本の援助を受けるのか?」

環球時報によると、台湾総統府報道官は8日、救援の人員や物資は足りていると説明し、中国などの援助を辞退しながら「唯一の例外は日本だ。高価な探査機を持っている」と発言した。日本の救援チームは8日、震源地に近い花蓮で、傾いたビルで人命探査装置による捜索活動を始めた。

記事を読む