Category: 時事

5

【中央日報】約束を守る国・日本、正義が重要な国・韓国

昨年10月、福岡で開かれた駅伝マラソン大会では奇怪な場面があった。走っている途中で片方の足を骨折した19歳の女子選手がこれ以上走ることができない状態になったが、中継所までの残り約300メートルを膝で這って完走した。アスファルトの道を四つん這いで血だらけになって這うこの選手の姿は全国に生中継された。
6

中国調査船が沖ノ鳥島周辺海域 無断で活動 中国船「本船に構うな。本船は公海上で海洋調査をしている」

2018年12月中旬、沖ノ鳥島周辺で、中国の海洋調査船が、日本政府に無断で調査活動を行っていたことが、FNNの取材で明らかになった。 政府関係者によると、12月18日、沖ノ鳥島周辺で、中国の海洋調査船「向陽紅」がワイヤのような物を海の中へ垂らしているのを、海上保安庁が確認した。
0

【ついにはじまる】新日鉄住金の韓国資産、被害者らが差し押さえを韓国裁判所に申請

韓国大法院(最高裁判所)は昨年10月末、日本による植民地支配時代の強制徴用被害者賠償請求権を認め、原告勝訴の判決が確定した。「日本企業の新日鉄住金は訴訟を起こしたイ・チュンシクさん(95)ら強制徴用被害者4人にそれぞれ1億ウォン(約1000万円)ずつ賠償せよ」という内容だった。
1

韓国の占い師、日米中韓朝5カ国の指導者の2019年を占う 今年最も活躍する人は?

すべては流れる。 時間が経って歳月が流れる。天体の運動によって四季が流れ、時間の変化によって人生も変わる。 自然に四季があるように、私たちの人生にも四季が流れている。 2018年は武術年だった。 一年の12月に代入するなら、秋の最後の月に当たる時期だ。 2019年は紀解年だ。 冬の初月に当たる年である。 
1

【回顧2018】「慰安婦問題」「徴用工問題」「レーダー照射」レッドライン踏み越え… 韓国の本質を思い知らされた年

 1つは、日韓合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」の解散を決定したことだ。文在寅(ムン・ジェイン)政権は日本側が再交渉に応じないと見るや、合意の根幹である財団を勝手に潰したのだ。日本中に「もはや韓国には何をやっても無駄だ」というあきらめムードが広がった。
4

【朝鮮日報】BMWはエンジンの設計ミスを隠し、嘘をついた~たとえ部品に欠陥があっても責任はメーカーにある

相次ぐ火災事故で韓国国民の不安を増幅させたBMWの車両にはエンジン設計に欠陥があり、同社がそれを知りながら、隠ぺいや事態縮小を図り、リコール(回収・無償修理)を遅延させたとする韓国国土交通部(省に相当)と官民合同調査団の調査結果がまとまった。
アクセスランキング