Category: 世論調査・アンケート

13

【朝日新聞】日本は最下位、中国が首位 コロナ対策の満足度調査

 日本では、新型コロナウイルス対策に満足していない人が多い――。シンガポールの調査会社ブラックボックス・リサーチとフランスの調査会社トルーナが実施した国際調査で、こんな結果が出た。23の国と地域でコロナ対策への評価を聞いたところ、高く評価する人の割合で日本が最下位だった。
18

【台湾メディア】日本人に聞いた「もし新型コロナウイルスが終息したらどこの国の人に来て欲しい?」第一位はもちろん・・・

新型コロナウイルスが爆発的に全国へ広がり、その勢いはまだ収まらない。その影響は台湾にも及んでいるが、現段階では押さえ込みが功を奏しているようだ。今多くの人が考えているアフターコロナ。コロナ終息後に何をするか、どこへいくかかもしれない。
14

立憲民主党の支持率下落 記者、福山哲郎の会見に「ダメだこりゃ。まるで分かっていない。」

まるで分かっていない。 あるいは、これまで固執してきた政治手法を今さら否定できず、現実から目をそらしているのか-。立憲民主党の福山哲郎幹事長が、21日の記者会見で述べた言葉を聞いて、思わず「ダメだこりゃ」と声が出た。
5

米国人の3人に2人は「中国嫌い」… 新型コロナで反中深刻化 アンケートを始めて以来、最も否定的な結果

 中国に対する米国人の認識がますます否定的に変わりつつある。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)拡大期に実施されたアンケートで、米国人の3人に2人は中国を好ましくないと感じていることが判明した。
6

【立憲民主党】福山哲郎「この局面で支持率が落ちたのはセクキャバに行った高井が原因」

立憲民主党の福山哲郎幹事長は21日の記者会見で、報道各社の世論調査で党の支持率が低下していることについて、政府が緊急事態宣言を発令した後に高井崇志衆院議員が東京・歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」で遊興 したことが原因との見方を示した。
12

次の首相にふさわしいのは? 石破茂が20.2%でトップ 枝野幸男は2.2%

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、次の首相にふさわしい政治家を尋ねたところ、自民党の石破茂元幹事長が2カ月ぶりにトップに立った。 今年3月の前回調査では安倍晋三首相に僅差で敗れて2位に甘んじたが、今回は大きく差をつけた。
6

【世論調査】朝日「こちらは朝日新聞世論調査部です」 一般人「答えません。朝日新聞が嫌なんです。ムカッ」 朝日「朝日が嫌いだという方からも、お伺いしたいんです」

 「こちらは朝日新聞世論調査部です」。電話による世論調査を実施するコールセンターをのぞいてみると、オペレーターが1件ずつ有権者にお願いし、質問に答えてもらっていた。 突然の電話に戸惑う人もいるなか、やりとりに耳を傾けると、初対面の相手の心を解きほぐす「会話術」が見えてきた。
アクセスランキング