Category: 北朝鮮

11

【無観客試合】北朝鮮選手たちは一斉に声を上げて殺到 暴言、肘打ち、バックタックル…孫興民「記憶したくない試合」

大韓サッカー協会は17日午後、ソウル市内で北朝鮮が撮影した90分間の試合のフル映像を韓国メディアに公開した。映像には今月15日に行われた韓国対北朝鮮の、選手たちの言葉通り激しい試合の様子が記録されていた。協会の公式ユーチューブ・チャンネルには前後半それぞれ3分のハイライト映像が公開されている。
2

元米高官「北朝鮮は韓国左派へのイデオロギー攻勢に成功、北が何をやっても無条件に従う水準に至った」

 米国の元政府高官が「北朝鮮はここ1年間、韓国左派へのイデオロギー攻勢で大きな成功をおさめた」と指摘した。昨年4月の南北首脳会談をはじめとして、韓国国内の左翼勢力に対話攻勢を仕掛けることで彼らの民族感情を刺激し、北朝鮮に同調する勢力として引き入れることに事実上成功したということだ。
7

【悲報】朝鮮日報「21世紀にもなって時代錯誤な『白馬ショー』でイキってる金正恩を見ると、同じコリアンと呼ばれるのが本当に恥ずかしい」

かつて、小中学校周辺の書店に広く置かれていた参考書の表紙には、白馬に乗ったナポレオンの絵が描かれていた。前足を振り上げた白馬の上でマントを翻し、皆が「不可能だ」として引き留めたアルプスを越えていくナポレオンの姿は英雄そのものだ。
4

【韓国統一相】対北独自制裁の解除 条件次第で検討できる

韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は17日、北朝鮮に対する独自制裁措置の解除について、李明博(イ・ミョンバク)政権下で緩和し、朴槿恵(パク・クネ)政権下では南北とロシアの共同プロジェクトを例外としたことがあるとし、「条件と状況に合わせ検討することができると考える」と述べた。国会が統一部に対して行った国政監査で答弁した。
5

朝鮮半島の白頭山、1000年ぶりに噴火しそう

白頭山(ペクドゥサン)天池(テョンジ)で観測される火山噴火の兆候に対応した南北共同研究が必要だという主張が提起された。韓国地質資源研究院(地質資源研)は26日、白頭山火山研究南北交流活性化のための政・官・学カンファレンスを開き、白頭山がいつ、どれほどの規模で噴火するかについて予測結果を共有し、南北間研究活性化案について議論した。
6

【盗っ人猛々しい】大和堆での漁船衝突事故で北朝鮮が日本に賠償と再発防止を要求「船員の生命の安全を脅かした」

石川県の能登半島沖の日本の排他的経済水域内で、水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故について、北朝鮮が初めて公式の反応を示し、「船員の生命の安全を脅かした」と反発したうえで、日本側に賠償と再発防止を求めました。
6

【北朝鮮の工作船事件】日本の暴力団が関与したケースも 暴力団と繋がりの深い在日韓国人との間で数十回も通話をしていたことなど

北朝鮮の漁船が水産庁の船と衝突し、北朝鮮との関係性に再び緊張が高まっている。北朝鮮の船はこれまで幾度となく日本でトラブルを起こしてきたが、最大の事件として知られる北朝鮮の工作船追跡事件には、日本の暴力団の影があったという。暴力団取材に精通したジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏が語り合った。
7

北朝鮮の漁船と衝突 水産庁コメント「退去警告中に接触」

7日午前、石川県の能登半島沖の日本海で、水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突しました。水産庁は資源管理部漁業取締課の桑原智課長が会見し、「本日、午前9時7分、取り締まりの過程で大和堆周辺のわが国の経済水域に入って来た北朝鮮漁船と取締船が衝突した。現在、救助を行っているところだ」と述べました。どちらがぶつかったかなど詳しいことは調査中だとしています。
7

【ムン悲報】北朝鮮が文政権を非難「自分のすべきことはせず盗人猛々しく、ずうずうしく振る舞っているのは万人の驚愕をそそるだけである」

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は2日、南北対話が膠着状態に陥っている責任を、韓国政府が北側に転嫁していると非難する論評を掲載した。米国との実務協議再開を目前に控えたタイミングだけに、その意図が注目される。
アクセスランキング