Category: 現代自動車

11

キタ━━━━━!!現代自動車、乗用車に続きバスも売れず 日本から完全撤退かwww

現代車は2000年、日本に現地販売法人の現代モータージャパン(HMJ)を設立、ソナタ、グレンジャー、アバンテ、i30等主力モデルを投じて2001年から日本列島攻略を始めたが、日本全域に販売ネットワークを構築するなど大々的な投資にもかかわらず、年間販売量が2千台を超えず、すぐに10年もたたない2009年、電撃撤退を決めた。
0

【UFO見るより希少】韓国メディア「韓国では日本車が4万台以上売れたのに、日本で販売された韓国車はわずか5台だった」

韓国メディア・アジア経済は「韓国では今年、日本車が4万台以上売れたのに対し、日本で販売された韓国車はわずか5台だった」と報じた。 韓国輸入車協会の資料によると、日本の完成車メーカー・ブランド(トヨタ、レクサス、ホンダ、日産、インフィニティ)が今年韓国内で販売した自動車は4万663台(11月末ベース)に達した。
1

現代自動車のイオニックが電気系統の欠陥で火災を起こす可能性あり リコールへ

ヒュンダイは火曜日、約10,600台のハイブリッド車とPHEV車が電気系統の部品が適切に取り付けられておらず、火災の危険につながる可能性があるとしてリコールされた。 このリコールは、2017年と2018年のヒュンダイイオニックハイブリッドと2018年のイオニックラグインハイブリッド車を対象としている。
4

【韓国経済】赤字の泥沼に28兆ウォンの銀行貸付償還圧力まで…自動車部品メーカー“連鎖倒産直前”

韓国の自動車産業を支える部品メーカーが枯死直前だ。 昨年の中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復に続き、今年に入り韓国GMの群山(クンサン)工場閉鎖まで重なり1年以上にわたり苦戦してきた自動車業界の後遺症が本格化したためだ。
3

現代自動車「業績ショック」、韓国GMは「赤字の泥沼」…慢性高費用低効率構造の自動車産業のエンジン冷え込む

崔鍾球(チェ・ジョング)金融委員長が17日に政府ソウル庁舎で開かれた現場懇談会でした話だ。枯死の危機に追いやられた自動車部品メーカーに対する貸し剥がしを自制してほしいという要請だ。部品メーカーは今年に入り工場稼動率の下落と資金難などから廃業の危機にさらされている。昨年中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復に続き、今年に入ってからは韓国GMの群山(クンサン)工場閉鎖まで重なり1年以上にわたり苦戦してきた自動車業界の後遺症が続いたためという分析が出ている。
アクセスランキング