Category: 食文化

4

韓国語で「キムチ女」は嫌悪表現、では「キムチ男」は?⇒ 韓国女性家族部事例集「男性は多数なので嫌悪対象ではない」

女性家族部(女家部)が3月4日、全国市道教育庁に配布した「小・中・高・性平等教授・学習指導案事例集」に盛り込まれたQ&Aの内容だ。女家部が性平等教育と関連して具体的な指針をまとめ、現場に配布したのは、今回が初めてだ。全体的な内容は、男性と女性が家庭と職場で平等な関係を築き上げていこうという点にある。
4

【韓国】日本の現地人がオススメする『コンビニ食品TOP10』

特に、日本のコンビニ(ピョンウィジョム=便宜店)は美味しい上に価格対性能比(コスパ)が良い食品として、ソーシャルメディアでいつも話題を集めている。韓国でも最近、MBC『全知的おせっかい視点』でユ・ジェファンが春川(チュンテョン)タッカルビ、トッポギのコンビニバージョンを紹介して、『食教授』のイ・ヨンジャも驚いた。
7

韓国人「大気汚染の深刻な日はサムギョプサル(豚焼き肉)を食べる 。豚の油がのどにたまったほこりを流す」⇒ 科学者「科学的根拠なし」

2019年3月22日、環球時報によると、韓国の人々の間で、大気汚染の深刻な日にサムギョプサルを食べるのがはやっている。この習慣は、昔の鉱山労働者が「豚の滑らかな油はのどにたまったほこりを流すのに役立つ」と考えたのが始まりのようだ。
4

【世界キムチ研究所】キムチに育毛効果のある乳酸菌を発見!商品化を推進

世界キムチ研究所のチェ・ハクテョン研究開発本部長はキムチ中の乳酸菌ラクトバシラス・クルヴァトゥス菌株「ウィキム(WiKim)55」に育毛の効果があることを動物実験を通じて確認し、関連技術を56億ウォン(約5億5000万円)で技術移転したと19日に発表した。
6

【三養食品】韓国の本格激辛即席麺が日本に参入

韓国の食品大手「三養食品」が19日までに、日本の即席麺市場への本格参入に向け日本法人を設立した。 主力商品の激辛即席麺「プルダック(火の鶏)ポックンミョン(炒め麺)」の日本向け輸出が好調で、過去3年間の売上額は毎年2倍以上のペースで成長。若い世代を中心に人気が広まっている。
6

【画像】コメディアンのイ・スンユンが秘伝のレシピ『ラーメンごはん』を公開「魔性の新しい味」wwwww

16日に放送されたMBCの週末芸能『全知的おせっかい視点』で、イ・スンユンがマネージャーと一緒にラーメンごはんを作った。イ・スンユンは、「自然人に教わったレシピ」と言いながら、「この料理法を知る者は私とマネージャーのカン・ヒョンソク、そして自然人の3人だけ」と付け加えた。
6

【農心】新発売の「辛ラーメン乾麺」が爆発的人気 日本で新たな韓流食品ブームを巻き起こす日もそう遠くない

韓国食品会社の農心(ノンシム)といえば、インスタントラーメンの「辛ラーメン」が有名だろう。 日本でも代表的な韓流食品として知られ、ネット上で多彩なアレンジレシピが考案されるなどして多くの人々から愛されている。 そんななか、農心は去る2月9日にノンフライ麺を採用した新商品 「辛ラーメン乾麺」を発売。韓国では販売初日から爆発的な人気が続いている。
13

【悲報】ゴディバ、日本事業を韓国系投資ファンドに売却

入札が続いていたベルギーのチョコレート会社「ゴディバ」の日本事業について、アジア系投資ファンドのMBKパートナーズが買収することが決まった。関連事業を含む買収額は1100億円超。ゴディバの親会社であるトルコの食品大手、ユルドゥズ・ホールディングはトルコ通貨リラが下落するなか外貨建て債務の圧縮を急いでおり、グループ資産の売却を進めている。
アクセスランキング