Category: 食文化

8

犬食禁止を訴える韓国の動物愛護団体、保護した犬数百匹を安楽死させ 外部には「養子におくった」⇒「安楽死に対する社会的議論が必要です」と居直り

 犬食に反対する運動を繰り広げてきた韓国の動物愛護団体が、およそ4年にわたり保護したイヌ数百頭を安楽死させたという主張が11日に提起された。当該団体の代表は「具合が悪かったり攻撃性がひどかったりする場合にのみ安楽死させた」と語った。
1

国産イチゴ、TPP発効受け輸出強化 アジア市場開拓へ「攻めの農業」

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の発効に伴い今後、海外展開に向けた「攻めの農業」が期待される。既に味や形の良い国産イチゴの人気がアジアなどで高まり、輸出に参入する産地が相次いでいる。輸出額は年々増加し、長時間の輸送でも品質が劣化しにくい新品種や保存方法を導入し、市場開拓を目指す動きも。
4

【擬態】「Kフードを米国に知らしめる」と米国進出した韓国BBQ店、広告に日本の芸者の写真やSushiの文字で物議

カムジャタンフランチャイズ業界の売上高1位のブランドであるイバドムが「韓国料理を米国に推進する」と米国進出を宣言したが、現地で不適切な広告のせいで「韓国のイメージをむしろ損なっている」と論議に包まれた。韓国料理を広報する中で芸者など日本のイメージを広告に使用したことをめぐり議論が起こり、メーカーは一歩遅れて広告を再検討すると明らかにした。
1

静岡県と韓国の学生が調理実習で交流 お題は『弁当』

静岡県内と韓国で、それぞれ食品や栄養学を学ぶ大学生が一緒に調理実習を行う交流会が静岡市で開かれました。 この交流会は、静岡県と韓国中西部の忠清南道が友好協定を結んでことしで5年になるのを記念して開かれました。交流会には、県内から静岡県立大学食品栄養科学部の学生23人が参加したほか、韓国からは忠清南道のコンジュ大学校で食品や栄養学について学ぶ学生10人が招かれました。
3

【チキン店→餓死】無慈悲www 韓国のセブンイレブンがチキン販売開始 チキン店主「死ねというのか」

「コンビニは全国各地にありますが、コンビニでチキンフランチャイズブランドを販売するのは、加盟店主は死ねというのと相違ありません。商圏が無条件重ねるしかありません。加盟本部だけが私腹を肥やすということでしょう。」
2

【朝鮮日報】「進撃の和食」ソウルの繁華街はまるで日本

20年前に日本の大衆文化が開放された時、「韓国の文化が日本のコンテンツに占領されてしまう」という懸念の声があふれたが、結果は逆だった。韓国が日本に輸出したコンテンツ産業(13億7600万ドル=約1548億1400万円)=以下、2016年時点=は、日本が韓国に輸出した額(1億5000万ドル=約168億7700万円)の約9倍となっている。
アクセスランキング