Category: 食文化

3

いきなりステーキ、起死回生のおまけクジを配布開始 特賞はなんと!一瀬社長との握手券(写真付)

株式会社ペッパーフードサービス(本社/東京都墨田区・代表取締役社長CEO/一瀬邦夫)は、2019年12月20日(金)~2020年1月14日(火)の26日間、いきなりステーキ全店で『いきなり!ステーキ公式アプリ』をダウンロードして頂いているお客様を対象に、アプリ内にてお召し上がり頂いたステーキ200g毎に、肉マネークーポンなどが当たるスクラッチを1枚付与致します。
1

アメリカの韓国人経営の日本料理店が次々と廃業「最近の白人は日本食の良し悪しをよく知っている。日本人のふりをしてもすぐバレる」

米国人の韓国人観を形成する極めて重要な要因は、170万人という在米韓国人(韓国系米国市民を含む)の動向だ。一般の米国人は近くのコリアン・レストランで食事をし、そこで韓国人と接触するか、子供の学校で知り合った韓国人生徒や父兄を通じて「韓国」を知るケースが少なくない。
1

【和牛遺伝子海外流出】流出に刑事罰検討 不正売買や取得差し止め

 農林水産省は17日、和牛の受精卵や精液などの「遺伝資源」が海外に流出するのを防ぐため、不正な売買や譲渡、取得に刑事罰を設ける方針を固めた。遺伝資源を「知的財産」と見なして保護を図り、ルールに違反した転売などの取引や生産を差し止める規制も設ける。今後さらに詳細を詰め、来年の通常国会への関連法案提出を目指す。
アクセスランキング