Category: 食文化

7

高まるキムチ人気 輸出で記録更新間近=日本向け好調 輸出額1億ドル達成できるかどうかは、最大の輸出市場・日本での売り上げにかかっている。

韓国関税庁と韓国農水産食品流通公社(aT)の統計によると、1~9月のキムチの輸出量は2万2148.5トン、輸出額は7835万5000ドル(約85億2300万円)だった。前年同期(輸出量2万311.1トン、輸出額7036万1000ドル)を上回っており、このペースなら初めてとなる「年間輸出3万トン・輸出額1億ドル」を達成しそうだ。
4

タイのメディア、韓国人を「キムチの人」と報道

ウィキペディアによると2013年の古い情報ですが、タイに住む韓国人の数は約2万人。また2018年の情報では、年間170万人がタイを旅行で訪れているそうで、特にバンコクや有名観光地では度々韓国人を見かけます。また韓国人に絡んだ事件も少なくありません。
24

TBS、また「韓国」を番組中、ぶち込んできた

▼「無印良品」人気の秘密を徹底調査!! 現在、国内店舗数420店舗、さらに世界27の国と地域にも、合計900店舗以上を展開し、今年4月には世界最大の売り場面積の店舗を銀座にオープンさせた「無印良品」。
3

【済州島】「隣の犬が吠えてムカつく・・・」~腹立ちまぎれに一線を越えた男

猛暑からまだ抜けきれない昨年8月、済州(チェジュ)島(道)のとある民家。 隣の犬の吠える声に大いにムカついたヒョン某氏(50代・男)は、越えてはならない『一線』を越えました。 平日の午前11時頃、ヒョン氏は角材を手に持ち、犬がいるその家に侵入します。
10

東須磨小学校「改善策として給食のカレーを中止します!」→インド人の反応はこちら

動画にショックを受けた児童への対応として給食のカレーを一時中止することや、動画が撮影された家庭科室を改修することなどを学校側が発表した。 教師が教師に激辛カレーを無理やり食べさせるなど理解し難い行為が繰り返された小学校。保護者向けに開催された説明会も理解し難い内容でした。
4

【中央日報】 克日農産物の代名詞「韓国イチゴ」、ビタミンC豊富な新品種「ビタベリー」が新たに登場

克日農産物の代名詞に挙げられるイチゴの新品種が新たに開発された。従来の品種と比べてビタミンCが豊富で糖度も高いという。 忠清南道論山(チュンテョンナムド)の農業技、術院論山(ノンサン)イチゴ研究所は現在最も普及している品種「雪香(ソルヒャン)」よりも硬度と糖度に優れ、ビタミンCの含有量が高いイチゴ「ビタベリー」を開発したと16日、明らかにした。
アクセスランキング