Category: 歴史

5

自称慰安婦 李容洙が菅首相に手紙「慰安婦問題、ICJ付託を」「判決が出れば、私はそれに従う」

旧日本軍の韓国人元従軍慰安婦、李容洙(イ・ヨンス)さん(92)が14日、ソウル市鍾路区の日本大使館を訪れ、慰安婦問題を国際司法裁判所(ICJ)に付託するよう菅義偉首相に求める手紙を大使館に手渡した。4月14日、韓国・聯合ニュースが報じた。
4

【爆笑】韓服姿の米NJ州テナフライ市長「韓服の日」宣言「韓服の起源は紀元前2333年、檀君が建国した古朝鮮に遡る」

 米ニュージャージー州テナフライ市のマーク・ジンナー市長が6日(現地時間)、市役所講堂で開かれた「韓服の日(Korean Hanbok Day)」宣言式に韓服を着て登場した。同市では今年から毎年10月21日を「韓服の日」として記念することになった。海外の地方自治体では初めてのことだ。この日の式では、韓国系の学生たちが韓服姿で長鼓舞などの伝統舞踊を披露した。
3

【K―POP】吉元玉ハルモニ「Hay!Yo!尹美香~どこに行っても私を利用してばかり」「肋骨折れていても歩き歌を歌い」

与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員が旧日本軍の慰安婦被害者、吉元玉(キル・ウォンオク)ハルモニ(おばあさん)を酷使したとの疑惑を最初に提起した余明淑(ヨ・ミョンスク)元ゲームコンテンツ管理委員長が5日、尹議員の立場にあらためて反論する動画をユーチューブに投稿した。吉元玉さんが「(尹議員が自分を)利用した」と話す内容が含まれており、波紋が予想される。
5

【ユネスコ】「世界の記憶」慰安婦資料は凍結濃厚! 加盟国の阻止可能に

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は1日までに、「世界の記憶」(世界記憶遺産)の制度改革案をまとめた。「政治利用」を狙った申請案件について、加盟国が登録を阻止できる仕組みを設ける。7日に始まるユネスコ執行委員会は改革案を承認し、新制度に基づいて来年、「世界の記憶」の登録申請を約5年ぶりに再開することを決める見通し。
4

【REMEMBER1910】韓国に日本の謝罪を求める歴史体験館がオープン=ネット上には日本の謝罪を求める声が相次いで寄せられる

記事によると、朝鮮の独立運動家・安重根(アン・ジュングン)の命日である26日、京畿道南楊州市に李石英(イ・ソクヨン)広場と「REMEMBER 1910」がオープンした。開館式には文喜相(ムン・ヒサン)前国会議長、鄭成湖(テョン・ソンホ)企画財政委員長、南楊州市議会の議長らが出席した。
アクセスランキング