Category: 歴史

8

【新ネタ】国連強制失踪委員会「日本は慰安婦とその子供の失踪について調査するべき」

国連の強制失踪委員会は19日、対日審査の報告書を公表し、慰安婦問題をめぐって日本政府に事実解明と責任者の処罰を勧告した。2015年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的解決を確認した」とする日本の主張は、「補償を求める被害者の権利を否定するもの」だとして遺憾を表明した。

4

北朝鮮で公に慰安婦被害証言の52人、全員死去明らかに―ソウルのシンポジウムで発表

2018年11月17日、韓国・KBSワールドラジオの中国語版サイトは、北朝鮮で慰安婦被害の事実を公に証言していた元慰安婦52人全員がすでに死去していることが、韓国挺身隊問題対策協議会創立28周年を記念して開かれたシンポジウムで明らかになったと報じた。

19

【spark】韓国系カナダ人「ライダイハンは、韓国軍の強姦によるケースは殆どなく、韓国人のビジネスマンなどと ベトナム現地の女性の間で生まれた子供の問題」

ライダイハンは、韓国軍の強姦によるケースは殆どなく、 当時南ベトナムに派遣されていた韓国人のビジネスマンなどとベトナム現地の女性の間で生まれた子供の問題です。

0

【徴用工訴訟】和解後に次々と訴訟を起こされた不二越の悪例 韓国は米国等にある日本企業の資産にも注目か

韓国人元徴用工4人が新日鐵住金を相手に損害賠償を求めていた裁判で、1人あたり1億ウォン(約1000万円)の支払いを命じる判決が確定した。韓国では少なくとも15件の徴用工訴訟が起こされ、対象の日本企業は約70社にのぼると報じられている。

さらに、韓国政府がまとめた「日本強制動員現存企業299社リスト」の企業へと訴訟が拡大する可能性もある。そうなれば、日本企業の韓国でのビジネスに大きな影響を与えかねない。

4

【日韓合意破棄】韓国政府、 慰安婦財団の解散を日本に通告

慰安婦問題を巡る2015年末の日韓合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」について、韓国政府が解散する方針を近く正式決定すると日本政府に伝えたことが分かった。複数の日韓関係筋が16日明らかにした。日本側は「合意の一方的な破棄だ」(外務省幹部)と強く反発。韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟判決で生じた日韓関係の亀裂が拡大するのは必至だ。

3

【ハンギョレ新聞】 東大・外村大教授「旧朝鮮半島出身労働者」だって?「強制動員被害者と言うべき」

 「(日本)政府は、徴用工という表現ではなく、昔の朝鮮半島出身の労働者の問題だと申し上げている。当時、国家総動員法国民徴用令には募集と官の斡旋、徴用があった。実際、今回の裁判での、原告の表明は、募集に応じたものだったという点で、朝鮮半島出身労働者の問題だと言うようになった」

1

鳩山由紀夫「日本は朝鮮人の強制動員を謝罪しろ!」 北朝鮮も参加した強制動員などをテーマとした国際会議

韓国の地方自治体の京畿道は16日、市民団体と共催で、日本の植民地時代の強制動員などをテーマとした国際会議を開いた。 北朝鮮の李種革・朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長が出席し「強制連行の最大の被害者は私たち朝鮮民族だが、いまだに謝罪や反省もなく、そうした犯罪行為を認めてすらいない」と日本を激しく非難した。

0

防弾少年団(BTS)が日本右翼の攻撃で苦しむ中、ARMY(ファン)たちが慰安婦被害者 に『原爆シャツ』と1千万ウォン以上を寄付www

15日、京畿道広州の「ナヌムの家」によると、BTSがあるメンバーが過去に着た「光復節Tシャツ」のため、日本右翼の攻撃で苦むなど議論を呼ぶ中、8日から最近まで130件、350万ウォンの後援金がナヌムの家の後援口座に送られた。

0

【悲報】 徴用工の賠償を南北共同で公論化するための会議に鳩山由紀夫もなぜか参加www

 リ・ジョンヒョク朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長(祖国統一研究院長)など北側の高官級関係者らが南側を訪問した。日帝強制占領期間の強制動員真相究明と被害補償に関し南北が額を突き合わせるためだ。南北が日帝の強制動員被害問題への対応方案を共に議論するのは今回が初めてだ。

8

【自称徴用工問題】姜尚中「事態を早めに打開する為、損害賠償を担う財団をつくるのも一つの案」

政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。韓国の元徴用工への損害賠償をめぐる問題について考える前に、日韓国交正常化と元徴用工にまつわる合意ができた背景を知っておくべきでしょう。

3

【中央日報】河野外相、また強制徴用賠償判決非難「両国の関係が非常に厳しくなる」

  14日、日本メディアによると、河野外相はこの日の衆議院外務委員会で「韓国との間では、自衛隊の旗の問題や国会議員の竹島への上陸など、未来志向とはとても言えない動きが続いていたが、今回の判決はこうしたものとは全く性質が違う」とし「両国関係の法的基盤を根本から覆すものだ」と述べた。 

アクセスランキング