歴史一覧

【韓国メディア】日本の教科書指導に『様々な見解』条項・・・日本の立場を反映する歪曲憂慮

日本政府が地理歴史教科書の指導で論争の的に事案について、一方の見方だけを教えてはならないという原則を新設したと産経新聞が19日に伝えた。

記事を読む

【親日罪】韓国人教授「実はその気があって日本に従軍した」虚偽の慰安婦侮辱発言で法廷拘束 懲役刑へ

17日、光州(クァンジュ)地裁順天支院(判事チェ・ドゥホ)によると、慰安婦被害女性の名誉を傷つけたS被告に対して、このような判決を下して先月23日に法廷拘束した。S被告は光州高裁に直ちに控訴した。

記事を読む

【韓国メディア】 日帝の植民統治のおかげで近代化?~収奪に名分与えた「統計」、信用できない

「植民地近代化論」は我が国だけでなく西欧列強の植民統治を受けて第二次大戦後に独立したアジアとアフリカの様々な国の人々にとって大きな怒りを起こす単語だ。 列強の植民統治で永遠に産業化されない状態に置かれた非西欧圏地域の産業化、近代化が始まったし、彼らの「進出」がなければ、これら地域は相変らず無知蒙昧な前近代社会に留まっただろうという植民地近代化論はとても傲慢で植民統治を美化する侵略者の論理だからだ。

記事を読む

アジア大会、日本に負けました。満足ですか?~韓国大学教授「韓民族を抹殺しようとした人々に負けて平気なのは親日派」

今回のジャカルタ-パレンバン、アジア大会で我が国は3位だった。わずか4年前、仁川(インテョン)アジア大会では2位だったのに今回は負けた。ところが大韓民国国民みながこの結果に満足している表情だ。血が逆流し、亡くなった金九(キム・グ)先生が墓からむくっと起きられるだろう。

記事を読む

朝鮮日報「安重根の平和思想、韓日の青年たちに伝えたい」~元朝日新聞ソウル支局長ら銀座で追悼会

 10日夕、東京・銀座の韓国料理店で開かれた追悼会は、日本では珍しい集まりだった。日本の初代韓国統監・伊藤博文を射殺した安重根(アン・ジュングン)義士をたたえる人々が韓日両国から集まったものだ。日本で安重根義士の平和精神を伝える活動をしてきた日本人十数人がマイクを握り、安義士が広めようとしていた平和思想の重要性を力説した。

記事を読む

【関東大震災】 虐殺朝鮮人遺族2人が来日「真実が明らかになれば、日韓関係は改善し、東アジアの平和につながる」

関東大震災(1923年9月1日)で虐殺された朝鮮人の遺族2人が来日し、東京都内で7日、記者会見した。韓国で昨年8月に遺族会が結成されてからメンバーの訪日は初めて。「埋もれている事実は多い。遺族にとっても過去について改めて知るのはつらいが、真実は明らかにされるべきだ」と訴えた。

記事を読む

麻木久仁子「負の歴史があってもそれも全て、この「国」の歩みです。反省することになんの不都合が。それでガタガタ揺らぐようで、なにが「愛国」なのか」

どれほどの負の歴史があっても、それも全て、この「国」の歩みです。受け止めることになんの不都合が。反省することになんの不都合が。深く思いをいたしたとして、どんな負があったとして、だから何事でしょうか。

記事を読む

ノーインデックス朝日、慰安婦誤報検証「挺身隊混同した理由」記事にも検索避けメタタグ仕込んでいた

〈疑問〉朝鮮半島出身の慰安婦について朝日新聞が1990年代初めに書いた記事の一部に、「女子挺身(ていしん)隊」の名で戦場に動員された、という表現がありました。今では慰安婦と女子挺身隊が別だということは明らかですが、なぜ間違ったのですか。

記事を読む

【アジア経済】東京の戦犯企業のカフェが、何も知らない韓国人観光客で賑わっていた

【アジア経済】東京の戦犯企業のカフェが、何も知らない韓国人観光客で賑わっていた 1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/...

記事を読む

【日帝残滓】 ソウル・仁村路の名称変更へ、目的は「親日清算」~親日行為をした人物の号に由来した名称だから

 ソウル市城北区は4日、「親日の残滓(ざんし)を清算する」として、区内にある道路「仁村路」の名称を変更する方針を示した。「仁村路」は1946年に高麗大学校を開校した金性洙(キム・ソンス)=1891-1955年=の号である「仁村」にちなんで2010年4月に名付けられた。幅25メートルで、地下鉄6号線普門駅から高麗大前の交差点までの全長1.2キロの道路だ。

記事を読む

台湾・台南の慰安婦像が撤去されるかもしれない―中国メディア

台湾・台南の慰安婦像が撤去されるかもしれない―中国メディア 1: Ikh ★ 2018/09/04(火) 16:07:48....

記事を読む

【韓国KBS放送】 「日本よ、小国に回帰せよ」~日本が対外平和を構築していくために必要なこと

「小国日本への回帰」去る2日、毎日新聞に載った三谷太一郎東京大名誉教授(82才)の苦言だ。日本政治外交史を専攻した元老学者の三谷教授の話は近現代史を貫く日本の軌跡とその後の指向するところを語ってくれる。この短い言葉が持つ意味を調べてみよう。

記事を読む

米国サンフランシスコで高校生用「日本軍慰安婦教材」出版~18校に無料配布

現地多国籍NGOの社会正義教育財団(ESJF・代表ソン・ソンスク)は先月30日(現地時間)、サンフランシスコ地域の高校生用教材「慰安婦の歴史と問題(“Comfort woman” History & Issues)」(106ページ・非売品)を出したのに続き、今月、中公立学校と芸術学教など18の高等学校に無料配布すると3日明らかにした。

記事を読む

韓国大統領補佐官「トランプさん!お願いだから北朝鮮と終戦宣言を締結して!あとで撤回していいから!」

韓国の文在寅大統領の外交ブレーンとして知られる文正仁・統一外交安保特別補佐官は3日、ソウル市内でのセミナーで、朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言構想について、「(一度採択されても)撤回可能だ」という見解を表明、トランプ政権に受け入れを求めた。

記事を読む

【偉人はやっぱりテロリスト】 日帝総督に爆弾を投げた姜宇奎(カン・ウギュ)義士義挙99周年記念式開催

日帝強制占領期の朝鮮総督に爆弾を投げて民族の自主独立意志を万国に示した姜宇奎(カン・ウギュ)義士義挙99周年記念式が2日、ソウル駅広場で開かれた。国家報勲処によればカン・ウギュ義士記念事業会主管で開かれたこの日の行事には記念事業会会員と市民など200人余りが参加した。

記事を読む