Category: 強制連行

2

日帝強制動員被害者 「戦犯企業に対して2次集団訴訟を起こす」

「勤労挺身隊ハルモニ(=おばあさん)と共にする市民会」(以下、勤労挺身隊市民)と「民主社会のための弁護士会」は14日午前11時、光州市東区(クァンジュシ・トング)光州地方弁護士会館で「日帝強制動員被害者、戦犯企業対象2次集団訴訟提起記者会見」を開くと明らかにした。
5

韓国大統領府「被告の日本企業が出資しなかった場合、問題解決につながらない可能性がある」文喜相案に否定的見解

韓国大統領府高官は20日、同国国会の文喜相議長が国会に提出した、日韓で寄付金を募り元徴用工らに支給する内容の法案について「被告の日本企業が出資しなかった場合、問題解決につながらない可能性がある」と述べ、否定的な見解を示した。
1

【募集工】日本政府「韓国政府の責任で解決策を」

韓国の国会では18日、「徴用」をめぐる問題の解決を目指して、法案が提出されました。ただ法案への韓国政府の立場は明らかになっていないとして、日本政府はあくまで韓国政府の責任で日本側が受け入れ可能な解決策を示すよう求める方針です。
1

【韓国世論調査】自称徴用被害者への寄付金支給案 賛成53% 反対42%

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が強制徴用被害者への賠償問題の解決策として発表したいわゆる「1プラス1プラスアルファ」法案を巡り、韓国の世論調査で賛成意見が反対意見を上回ったことが、17日分かった。文議長は一両日中に法案の発議を行う予定で、国会での審議が本格化すると予想される。
2

【文喜相案】徴用工問題の慰謝料の支払い対象を「旧日本軍の軍人・軍属」まで拡大 対象者が20万人規模に

徴用問題 韓国国会議長の法案は旧日本軍の軍人・軍属も対象に 太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、韓国国会のムン・ヒサン(文喜相)議長が提出しようとしている法案は、慰謝料の支払い対象を当時、「日本企業で働かされた」という人に加え、旧日本軍の軍人や軍属にまで広げる方針であることがわかりました。必要となる予算規模が膨らむことが予想され、実現するかどうかは不透明な状況です。
6

【毎日新聞】元徴用工の人権回復を急げ。カネの話ではない

韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長が、元徴用工問題解決のため法案を準備している。日本企業に損害賠償を命じた昨年10月の最高裁判決後、日本企業が原告との和解協議に応じない状況を受けての法案だが、日本側の責任に関する言及はなく、賠償金をだれが代わりに払うか、カネの話ばかり議論されている現状を憂慮する。
4

元慰安婦、ムン議長の寄付金支給案を非難「とんでもない話だ。受け入れられない」「日本を許すことはできない」

韓国大法院(最高裁)が日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じた訴訟に絡み、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が提案した解決策について、旧日本軍の慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さんが「受け入れられない」との立場を示した。
14

【リテラ】元外務官僚「日韓対立は日本が100パーセント悪い」

安倍首相が15日からのインド・中国歴訪で、約1年3カ月ぶりに日韓首脳会談を行う方向で調整していることが明らかになった。今度こそ、トップ同士がきちんと話し合いをして、関係を改善してもらいたいが、しかし、和解を求める韓国とは対照的に、安倍首相が「徴用工判決」問題を棚上げして、輸出規制を解除する公算は極めて低いと言わざるを得ない。
アクセスランキング