Category: 慰安婦問題

7

【慰安婦問題】李容洙さん「尹美香、国民を裏切った…人間じゃない」

慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん(91)は28日、慰安婦被害者支援市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)寄付金関連疑惑などをめぐり、与党「共に民主党」尹美香(ユン・ミヒャン)次期国会議員について、「人間ではない」「私を裏切って、国民を裏切って、全世界の人々を裏切ってだました」と語った。
2

自称慰安婦 イ・ヨンスさん、国会議員になりたかったが尹美香に止められていたwwwwww

慰安婦被害者を支援する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の理事長を務めた尹美香(ユン・ミヒャン)氏(共に市民党の比例代表で国会議員に当選)が8年前、慰安婦問題の解決のために国会に進出しようとしていた李容洙(イ・ヨンス)さんを引き止めていたことが分かった。
4

韓国与党「慰安婦基金流用指摘は個人攻撃!誹謗中傷!ウヨに負けるな!」「事実と決め付けるな!」

韓国与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表は27日、「慰安婦寄付金流用」など同党の尹美香(ユン・ミヒャン)当選人(慰安婦被害者支援市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」〈正義連〉前理事長)をめぐる疑惑について、 「個人攻撃的な疑惑提起に屈してはならない」と言った。
3

【新潮】告発騒動でバレた韓国「慰安婦支援団体」の本性 まだ日本に謝罪を求め続けるのか?

28年前に元慰安婦だと名乗り出た李容洙(イヨンス)氏が、突如“告発”。慰安婦問題を追及する支援団体「日本軍性奴隷問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」に対し、“寄付金が慰安婦たちに使われず使途不明”などと語ったのだ。
6

【朝鮮日報/社説】「被害者が最も重要だ」と言っていたのに追い込まれるや慰安婦被害者を「土着倭寇」とあざ笑い 

慰安婦被害者・李容洙(イ・ヨンス)さんが、慰安婦被害者支援市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)前理事長であり、与党・共に民主党の尹美香(ユン・ミヒャン)当選人の捜査と処罰を促したことについて、同党は「捜査を見て立場を決めたい」と言った。
5

【慰安婦詐欺】空腹訴える元慰安婦に「カネはない」と言っ放った尹美香、家5戸を現金で購入していた 

韓国野党・未来統合党の郭尚道(クァク・サンド)国会議員は25日、正義記憶連帯などの基金を流用した疑いが持たれている共に民主党の尹美香(ユン・ミミャン)次期国家議員ファミリーが1995年から2017年にかけ、マンションなどの住宅5戸を全て現金で購入していたと指摘した。
10

日本の慰安婦支援団体でも内ゲバwww 「和田春樹東大教授は私たちにとっては迷惑でしかない暴力的善意だ」

和田氏は慰安婦問題解決を要求するために、2015年4月に日本の国会で尹氏らと共同記者会見を開いた。この時も尹氏はアジア連帯会議決議の決議文に基づいて慰安婦問題合意の3項目と同様の主張をした。和田氏は「尹氏らが明らかにした案の程度であれば韓日間の合意が可能だと判断した。
11

【速報】自称慰安婦被害者の李容洙さんの会見終了「被害者らは利用されてきた。裏で操って利益だけを得る者がいる」 

慰安婦被害者を支援する市民団体が寄付金を被害者のために使わなかったという疑惑を初めて提起した慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん(92)が25日、韓国の南東部大邱(テグ)のホテルで2回目の記者会見を行いました。
3

友達が慰安婦だったという自称慰安婦イ・ヨンスさん、本日2回目の記者会見・・・新たな疑惑を暴露か

正義記憶連帯(以下、正義連)の不透明な寄付金使用疑惑を提起した慰安婦被害者のイ・ヨンスさん(92歳)が、25日に2回目の記者会見を開く。この席で共に民主党のユン・ミヒャン当選者に対する立場と、新たな疑惑を暴露するか否かに注目が集まっている。
7

毎日新聞 論説「意外とあっけなかった韓国の慰安婦タブー  ただし、今回の事態を過大評価はしない方がいい」

韓国の元慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連、旧挺対協)」の尹美香・前理事長が窮地に追い込まれている。募金や政府補助金の横領疑惑や寄付金を使った不透明な不動産取引などが次々と報道され、横領罪などでの告発を受けたソウル西部地検が5月20日に正義連事務所を家宅捜索した。
アクセスランキング