慰安婦問題一覧

【朗報】在米コリアンが慰安婦に疑問「当時の人口2千万人中20万人の少女を拉致?聞いたことない」

「私は戦時中すでに物心が十分ついた年齢でした。一族は代々、慶尚北道の大地主で 郷里には多数の親族と小作人家族が30所帯ほどおりました。その親族、小作人の家庭には、もちろん百人以上の少女がおりました。それなのに、そのうち日本の官憲により、慰安婦として強制拉致された事実は一件もありません」

記事を読む

ネームロンダリングキタ━━━━━!!元慰安婦支援団体「挺対協」が「正義連」に名称変更

 韓国の元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)は16日、組織改編を行い、新たに「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の名称で活動に取り組むと明らかにした。挺対協は韓国で最大の元慰安婦支援団体。名称変更は1990年の発足以来初めて。

記事を読む

国立日帝強制動員歴史館、慰安婦問題など韓国近・現代史の人文学特講開催

ホ・サンテョン記者=国立日帝強制動員歴史館(館長ユン・テソク)は8月から10月まで3ケ月間、歴史分野の名士を招待して韓国近・現代史を主題に「歴史館人文学特講」を行うと15日明らかにした。合わせて釜山人材生涯教育振興院と共に用意する「釜山生涯学習アゴラ」は今年で3年目をむかえ、来月11日午後3時、歴史館常設展示室中央ホールでチェ・テソンEBS韓国史講師が「まだ終わっていない8・15の話」を主題に進める予定だ。

記事を読む

大邱市にある慰安婦像に中学生が石をこすりつける映像が拡散、韓国ネットから批判相次ぐ(動画)

2018年7月12日、韓国・ニューシスによると、韓国のインターネット上で男性が慰安婦少女像に傷を付ける映像が波紋を呼んでいた問題で、韓国警察は「男性の正体は中学生だった」と明らかにした。

記事を読む

【アムネスティ東アジア調査官 】 70年が過ぎても「慰安婦」問題が重要な理由~日常的に性暴行と差別に苦しむ日本の女性

鮮明でない白黒画面の中、大きなくぼみに女性の死体数十体が捨てられている姿が見える。わずか19秒に過ぎない映像だが、正義を要求して数十年間続いた闘争を後押しする証拠だ。

記事を読む

【元慰安婦生存者が27人に】韓国で文政権への批判の声高まる 韓国野党「北朝鮮より慰安婦犠牲者の傷を癒せ」

元慰安婦女性のキム・ボクトゥクさんが死去したことを受け、韓国野党「正しい未来党」は、文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し「すぐに北朝鮮依存から抜け出し、韓国の国民や犠牲者の傷を癒すことに集中するべきだ」と主張した。

記事を読む

「恨みを抱いた100年」~慰安婦被害者キム・ボクドゥクさんが死去

豪雨が降りしきる7月初日、日本軍慰安婦被害者のキム・ボクドゥクさんが死去した。享年100歳。現在、政府に登録された慰安婦被害者のハルモニ(お婆さん)は27人だけが生存している。これに民主平和党は、政府の日本との慰安婦合意再交渉を要求した。

記事を読む

【朝鮮日報】ソウルの小中学生に詳細な「慰安婦授業」は必要なのか

ソウル市では来月から小中学校で旧日本軍従軍慰安婦問題の被害者に関する歴史教育をすることになった。対象は小学校5・6年生と中学生だ。外部の人物がソウル市内の各校を訪れて慰安婦被害者に関する教育をするもので、そうした教育は今回が初めてだ。

記事を読む

【関釜裁判】慰安婦映画『ホストリ(HERSTORY)』の涙腺を刺激する名セリフ

日本軍『慰安婦』被害者の熱い声が心に響く映画『ホストリ(HERSTORY)』が、去る27日に公開された。 『ホストリ』は、日本軍慰安婦被害者のハルモニ(お婆さん)たちが日本政府を相手に勝訴した実話の事件、『関釜裁判』を基にした作品である。

記事を読む

【韓国】日本政府は『慰安婦ハルモニたち』が死ぬのを待っている

去る6.13全国同時地方選挙・大邱市(テグシ)教育監(教育長)選挙で、40.7%の得票率で元女性家族部長官の姜恩姫(カン・ウンヒ)が大邱教育監に当選した。熾烈な接戦の末の当選となったが、姜恩姫教育監に対する世間の非難の視線は相変わらずである。

記事を読む

【慰安婦問題】 日本大使館前水曜デモ、ハルモニら健康上の理由で不参加「時間がない」~代わりに韓紙製少女像登場(写真)

ソウルの日本大使館前で開かれた第1341次日本軍性奴隷問題解決のための定期デモが開かれている。この日、水曜デモには慰安婦被害ハルモニらが健康上の理由で参加できなかった。いつもハルモニらが座っていた少女像裏手携帯椅子が空いている

記事を読む

ソウル市、小中学生に放課後慰安婦教育「日本軍慰安婦を記憶してください」

ソウル市は旧日本軍慰安婦被害者が体験した辛い歴史を子どもたちが記憶して共感するように小学校と中学校で訪問教育「記憶と共感-訪ねて行く日本軍慰安婦歴史教育」を初めて実施すると25日、明らかにした。

記事を読む

【日韓合意は?】 韓国「軍慰安婦研究所」8月オープン~日本の10億円は・・・

政府が運営する軍慰安婦研究所が来る8月、オープンされる。韓日慰安婦合意により日本から受けた10億円は政府が準備した部署に予備費として編成することにした。 テョン・ヒョンベク女性家族部長官は16日開かれた記者懇談会で「軍慰安婦研究所を来る8月、開所する予定」とし、「戦争と人権弾圧に関連した問題では韓国がメーカーにならなければならない」と話した。

記事を読む

【パヨク速報】韓国政府「慰安婦合意?そんなん知らんわ。いつまでもほじくり返したるでー」

韓国外交部の康京和長官は18日、就任1年を迎え、同部で行った記者会見で、旧日本軍の慰安婦問題について「国際社会で、戦時性暴力という非常に深刻な人権問題として位置付けられるよう外交部として近く発表する計画を準備している」と述べた。計画の具体的な内容については説明しなかった。

記事を読む

大阪市、米サンフランシスコ市に慰安婦像撤去を再要求へ。撤去の可能性は低く、姉妹都市は解消の公算か?

米サンフランシスコ市が慰安婦を「性奴隷」と記した碑文や像を公共物化したことをめぐり、姉妹都市提携の解消を決めた大阪市の吉村洋文市長が、サンフランシスコ市長選(5日投票)の結果確定後に新市長に送付する通知で、改めて公共物化の撤回を求めることが14日、分かった。一定の期間内に回答が得られなければ、自動的に提携を解消することを検討している。

記事を読む