Category: 慰安婦問題

8

【悪い事をする時は日本人のフリ】慰安婦像に唾吐き日本語を使い日本人を装った 韓国人4人を検挙

韓国の聯合ニュースは6日、ソウル郊外の京畿道安山で慰安婦問題を象徴する慰安婦像に日本人とみられる男性4人が唾を吐いたとの通報を受け、警察が捜査した結果、全員が韓国人だったと判明したと報じた。うち1人が日本語を話すといい、日本人を装った可能性がある。
13

韓国「日本人と推定される男4人が少女像に唾吐いた」と通報…警察が捜査(安山市)

京畿道安山(アンサン)で日本人と推定される男が平和の少女像に唾を吐いたという通報があり、警察が捜査に入った。 6日午前0時8分ごろ、安山市常緑樹(サンノクス)駅広場で日本人と推定される男4人が少女像に唾を吐き、これを引き止める市民と言い争いをしているという通報が2件あった。しかし警察が出動した時には男4人とこの市民は現場を離れた後だった。
18

慰安婦財団 日本の同意ないまま勝手に解散 残金5億円 

2015年の日韓慰安婦合意に基づき元慰安婦や遺族への支援事業を行ってきた「和解・癒やし財団」が解散登記を終え、正式に解散したことが4日わかった。韓国政府は同日夕までに、財団解散の事実を日本政府に伝えていない。日本政府は解散に同意しておらず、反発を強めそうだ。
18

元朝日記者 植村隆訴訟 請求を棄却⇒原告弁護団のしばき隊弁護士「不当判決だ!」

元朝日新聞記者の植村隆氏(61)が従軍慰安婦に関する記事を捏造と批判され名誉を傷つけられたとして、文芸春秋と麗沢大の西岡力客員教授(63)に計2750万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で東京地裁は26日、請求を棄却した。
25

【朝日新聞】最近は慰安婦という言葉はあまり使われず「日本軍性奴隷制被害者」という言葉が使われるようになってきている

「慰安婦」と「」に入れたのは、韓国では最近、慰安婦という言葉はあまり使われず、「日本軍性奴隷制被害者」という言葉が使われるようになってきているからだ。試写会後の会見でも「被害者本人が慰安婦という言葉を嫌っています」と、使わないようにお願いされた。とはいえ日本では分かりにくいので、「慰安婦」とする。
16

朴裕河世宗大学教授「植村隆記者が歪曲したインタビューを韓国の新聞に載せていたので反論します。今の日韓関係のねじれはこうしたところから来てます」

植村隆記者が私のことを歪曲したインタビューを韓国の新聞に載せていたのでそれについて書きました。今の日韓関係のねじれはこうしたところから来てます。韓国の問題だけではないのです。ぜひお読みください。
12

慰安婦の遺族、日本からの支援金欲しいのに財団を解散させられて受け取れない「姉の名誉回復につながると考え申請したが、時間だけが無駄に過ぎている」

2019年6月10日、韓国・ニューシスは、韓国政府が慰安婦問題をめぐる15年末の日韓合意に基づき設立された「和解・癒し財団」の解散を発表したことにより、元慰安婦やその遺族らに対する救済支援に遅れが生じていると報じた。
18

慰安婦映画「主戦場」上映中止求め、ケント・ギルバート氏・テキサス親父氏ら東京地裁に提訴「契約違反、名誉を毀損された」

 慰安婦問題をテーマにした映画「主戦場」に無許諾で出演させられたとして、「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝副会長やタレントのケント・ギルバートさんら5人が19日、監督のミキ・デザキさんや配給会社に対し、上映中止と計1300万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。
19

大変!慰安婦の遺族が支援金受け取れなくなってるの

 韓国の文在寅(ムンジェイン)政権が、2015年の日韓慰安婦合意で設立した「和解・癒やし財団」の解散を進めていることに対し、元慰安婦の遺族らから不安の声が上がっている。財団の事業が宙に浮いたことで、受け取れる支援金が届かないためだ。今後の事業をめぐる日韓の協議は滞ったままで、解決の糸口は見えていない。
17

【悲報】朝日新聞 鮫島浩「映画『主戦場』を観た。朝日新聞が慰安婦報道を取り消した時、このくらい深く検証するドキュメンタリーを自ら制作していたら安倍政権と報道機関の歪んだ関係は随分違っていた」

ミキ・デザキ氏の映画「主戦場」を観た。朝日新聞が慰安婦報道を取り消した時、慰安婦問題の本質をこのくらい深く多面的に検証するドキュメンタリーを自ら制作して同時に発表していたら、その後の安倍政権と報道機関の歪んだ関係は随分違っていたのではないか。そう思った。
アクセスランキング