Category: サヨク

6

【慰安婦詐欺】慰安婦被害者の遺族「母が生きていたら尹美香の胸ぐらをつかんでいただろう」

19日午前、ソウル清涼里(テョンニャンニ)駅の近くで会った故金順徳(キム・スンドク)さんの長男Aさんは与党「共に民主党」当選人の尹美香(ユン・ミヒャン)氏(「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」元代表、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」元理事長)と挺対協について「市民団体から裏切られた気持ち」と表現しながらこのように話した。
10

茂木健一郎「鳩山さんは本当にいい人。なぜ総理なんかに」 鳩山「全然やる気なかったんだけど成り行きで」 

茂木氏は19日、ツイッターを更新。 「以前から不思議に思っていたことの一つが、鳩山由紀夫さんがなぜ総理大臣になれたのだろう、ということで、 というのも能力がないとかそういうことではなく、鳩山さんはほんとうにいい人で、およそ権謀術数とかめぐらす(めぐらせる)タイプではない。なぜ首相になれたのだろう」との疑問を、前日に行われた本人との対談前の雑談で直接尋ねた会話について書き出した。
13

早大教授 「安倍首相をヒトラー政権になぞらえる論者がいますが、そうじゃない。独裁者スターリンだ」

政府の裁量で検察幹部の定年を延長できる検察庁法改正案をめぐり、国会の論戦がヤマ場を迎えている。 時に最高権力者の逮捕も辞さないなど「政治権力」とは緊張関係を築き、それが国民の信頼の基盤となっている検察庁。それだけに、改正案は「検察の独立」を揺るがしかねないという反対論は根強い。どこが問題なのか。
7

【正義記憶連帯(旧挺対協)】朝鮮日報「 正義も記憶も連帯もなかった」

正義記憶連帯(正義連)のイ・ナヨン理事長は11日、ソウル市内の「人権財団サラム」で行われた会見を、慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんに謝罪することから始めた。「聖金(寄付金)がおばあさんたちのために使われず、いったいどこに使われたのか分からない」として寄付金流用疑惑を提起したおばあさんへの謝罪だった。しかしそれまでだった。
アクセスランキング