Category: メディア

1

【朝日】新大久保駅事故から20年 最悪の日韓関係、「亡くなった韓国人に合わせる顔ない」の声

2001年にJR新大久保駅(新宿区)で線路に落ちた男性を助けようとした韓国人留学生の李秀賢(イスヒョン)さん(当時26)らが亡くなった事故から26日で20年になる。日韓関係はこの間、悪化の一途をたどっている。どうすれば改善の道が開けるのか。2016年7月から17年10月まで駐日韓国大使を務めた李俊揆氏に聞いた。
3

NHK「軍艦島」映像捏造疑惑、自民党会合で取り上げられる 稲田朋美「日本のメディアが真摯に向き合わないことは問題

「軍艦島」こと、長崎県・端島の暮らしを記録したNHKのドキュメンタリー作品「緑なき島」をめぐり、一般財団法人「産業遺産国民会議」と「真実の歴史を追及する端島島民の会」が「事実の改竄(かいざん)が行われた」と告発している問題が、自民党の会合で取り上げられた。
6

在日コリアン3世「近所のクソガキらに日本語下手やとバカにされた」 

在日コリアン3世・キムチョリが手掛けた演劇が上演された。描いたのは日本での厳しい差別や偏見と、それでも共生してきた日本への思い。チョリが大事にしているのは、父・キムインジョンから話を聞くこと。父は「周囲の日本人とともに生きてきた」という思いを大切にしてきた。
3

中央日報東京特派員「(日本で)苦しんでいる人たちがいる」

『東京特派員』という肩書をつけて記事を書いていると、しばしばこのようなコメントが寄せられる。「おい、コイツはなんでいつも日本の話しか書かないんだ?」、「今日も本国のニュースを伝えることに忙しいイ某記者」、それでは東京からハイデン大統領就任の記事を書くべきなのだろうか・・・。
6

滋賀・甲賀市長、市役所庁舎内での「しんぶん赤旗」勧誘は不許可→共産党市議「なぜ不許可なのか、きちんと理由を述べないのはいかがなものか」 

滋賀県甲賀市の複数の共産党市議が市役所庁舎内で職員の執務時間中に政党機関紙「しんぶん赤旗」の勧誘や集金を行っていたとされる問題をめぐり、岩永裕貴市長が市議側の許可申請に対し、「不許可」とする通知を出していたことが市への取材で分かった。
4

「二階俊博」を権力者にした気遣い伝説 視察に美女を手配、土産配りは一流も「呑んでも面白くない。光がない。友だちになりたくない」

「ああいう男と呑んでも面白くもおかしくもない。光がない。くらーい顔してさ。友だちにはなりたくないね。でも、無口なところが二階の力になっている。何を考えているか分からない、その気持ち悪さ。国民に腹の内を見せないというのも政治家の一つの手だ。今や二階は天下の幹事長。もう志帥会の長というより、立派な党の長だ。だがね……」
1

「福井がコロナに強いのは地上波TVが2つだけでモーニングショーがないから」→金沢市長「なるほど。説得力がある」

金沢市の山野之義ゆきよし市長が14日、ツイッターで「福井がコロナに強い理由」としてテレビ朝日系列の報道番組が放送されていないことなどを挙げたコメントをリツイート(引用)し「なるほど。説得力がある」と投稿した。15日に「誤解を招きかねない投稿だった」として削除した。
アクセスランキング