Category: メディア

7

NHK会長が受信料値下げに否定的見解「値下げありきで番組の質が落ちたらどうすんのよ」

 放送行政を所管する武田良太総務相が受信料の値下げに言及したことで、対応が注目されているNHK。受信料を巡っては高市早苗前総務相も繰り返し値下げを求めてきたが、NHKの前田晃伸会長(75)が「週刊文春」の取材に応じ、近い将来の受信料値下げには否定的な見解を示した。
5

【中央日報】日本はすでにトランプ落選予感?日本は米国と中国の間で綱渡り中だ。自身は何の被害も受けないという考えだ。憎らしいほどに計算高い日本だ

12日に日本から出たニュースだ。トランプ米大統領が11月の大統領選挙を前後して台湾を電撃訪問し、台湾を国と認定するだろうということだ。事実なら大変なことが起こることだ。これは事実上トランプの対中宣戦布告だ。中国が台湾侵攻に出るのは火を見るより明らかだ。それを見た米国はじっとしているだろうか。すぐに米中戦争開始だ。
2

【ハンギョレ】日本も国益かかった主な外交懸案では韓国同様の対応 日本の曖昧な立場はクアッド外相会議の発言にも表れている

韓国の保守系マスコミが韓米同盟が損なわれた証拠として挙げる主な“外交懸案”について、日本も大体似たような態度を取っていることが分かった。盲目的な対米追従よりは国益を優先する“原則に基づいた外交交”で、意見の相違がある部分では、米国を粘り強く説得しなければならないものとみられる。
4

【朝鮮日報】在日韓国大使館・サムスン電子日本支社の差し押さえも検討 徴用賠償問題で現金化された場合の報復措置

 日本の政権与党、自民党が韓国大法院による徴用賠償判決で差し押さえられた日本企業の資産が現金化された場合の報復措置として、東京の在日韓国大使館、サムスン電子日本支社の差し押さえを日本政府に要求したことが18日までに明らかになった。
21

【朝日新聞】「我々少数派はどこに訴えれば」朝鮮学校の卒業生ら落胆 無償化棄却「朝鮮人として生きるのは贅沢ですか」

 高校の授業料無償化から朝鮮学校を外した国の処分について、元生徒らが取り消しなどを求めた訴えは16日、広島高裁の控訴審判決で退けられた。「我々少数派はどこに訴えればいいのか」。落胆と憤りの声が上がった。
8

【アホ朝社説】森友遺族訴訟 全容は未解明のままだ 政府は国民に説明する義務がある(野党のパワハラは省略)

 国有地の売却額を値引きした時の算出過程に問題がある。公文書を改ざんした経緯を詳細に記録したファイルが残されている――。森友問題をめぐり、見過ごすことのできない「証言」が新たに浮上した。政府は国民に説明する義務がある。
5

【毎日新聞】学術会議「最初の大失敗」 “せっかち”菅内閣1カ月 成果に躍起

菅義偉首相は16日で就任から1カ月を迎える。就任直後から、役所での押印廃止や携帯電話料金引き下げなどの検討加速を矢継ぎ早に指示。「スピード感」(首相)を持って成果を得ようと躍起だ。一方、就任2週間で日本学術会議が推薦した新会員候補6人を任命しなかった問題が発覚。政権は推薦された全員が任命されてきた前例を「打破すべき既得権」と位置づけて状況転換を図るが、説明不足は明らかだ。26日召集予定の臨時国会の紛糾は必至で、今後の政権運営を占う最初の関門となる。
5

【中国メディア】日本人の女性タレントが次々と一般男性と結婚してるぞ!いったいどうして!?

中国でも日本のエンタメ業界への関心は高い。この度、石原さとみさんが一般男性と婚約したことを多くのメディアが取り上げている。中国メディアの百度も、日本の女性タレントが続々と一般人男性と結婚している状況について取り上げている。記事は、「なぜ彼ら一般人男性は女性タレントに選ばれたのか」と述べ、「一般人男性が女性タレントと結婚するための3つの秘訣」を取り上げている。
アクセスランキング