Category: 中国メディア

7

【おまいう】中国メディア「増え続ける日本の『防衛費』、日本は『戦争の準備』をしているのか」

防衛省は2020年度予算の概算要求で、5兆3000億円超を計上する方針を固めたという。防衛費は7年連続で増額しており、来年度は過去最大額となる。 中国メディアの今日頭条は9日、「安倍首相は5.3兆円かけて戦争の準備をしている」と主張する記事を掲載した。
4

【中国メディア】韓国が「世界の強国」の地位を確立できない理由は?

中国からすると日本は国土の狭い島国と見られているが、韓国は国土が日本の4分の1で、人口は約5000万人だ。韓国は日本同様に先進国ではあるものの、中国メディアの今日頭条は23日、韓国の経済発展に着目し、「大きな発展を遂げたにもかかわらず、世界の強国としての地位を確立できていないのはなぜか」と疑問を投げかける記事を掲載した。
10

豪州で中国人による「プロ乞食」発生 中国メディア「中国人はどおりで海外で歓迎されないはずだ」

訪日中国人の増加で、中国へ行ったことのない人にも中国人のイメージがわきやすくなっている。中国メディアの今日頭条は1日、オーストラリアで物乞いをする中国人がいると伝える記事を掲載した。そのため、中国人に対するイメージが悪くなっているという。
8

香港メディア「韓流ドラマで描かれる韓国と、実際に訪れて目にする韓国は果たして同じなのか?」

近年、日本では若年層を中心に再び韓流が人気となっているが、これは中国も同様だ。韓国の文化やエンターテイメントが多く入り込んでいて、韓流にどっぷりと浸かっている中国人は少なくない。だが、テレビなどの画面を通じて伝えられる韓国と、韓国を訪れて実際に目にした光景が異なっていることに失望する中国人は多いという。
15

中国紙「我が国と違い東南アジアの国々が日本を恨まないのは植民地開放に繋がったから」

日本と中韓が抱える軋轢の多くは戦時中の出来事が原因であり、中国には歴史問題を理由に日本に対して否定的な感情を抱いている人が少なからず存在する。日本は戦時中、東南アジアも占領したが、中国人からすると東南アジアの人びとが日本に対して「中国人のような感情を抱いていない」ことが不思議なのだという。
19

中国メディア 「日本人はファーウェイがなくても困らないの?」

記事はまず、総務省が先日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社に5Gの電波を割り当てたことに言及し、 「日本は20年の東京五輪開幕までに5Gの商用サービスを始める」と説明。その上で、日本政府が中国通信機器の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を政府調達から事実上、排除すると報じられた問題を取り上げ、「日本国内の通信各社の『追随』を引き起こし、中国2社の日本事業は少なくない影響を受けた」と指摘した。
アクセスランキング