Category: 朝鮮日報

7

朝鮮日報「日本を代表する親韓派議員で韓国系の夫を持つ野田聖子幹事長代行が出馬表明」元暴力団については伏せるwwwwww

事実上の次期日本首相を選ぶ与党・自民党の総裁選に野田聖子自民党幹事長代行(61)が出馬を表明し、河野太郎行政規制改革担当相、岸田文雄元外相、高市早苗前総務相との四つどもえ構図で行われることになった。高市氏と野田氏の出馬により女性候補者が2人となったが、女性候補者が全候補者の半数に達したのは自民党総裁選挙で初めてとなる。
4

【朝鮮日報】「トランプもこんな言論法の推進は夢にも思わなかった」米メディア団体・学者ら、韓国の言論仲裁法を批判

韓国与党・共に民主党が言論仲裁法改正案の処理を強行しようとしていることを巡り、欧米、日本など先進国のメディア団体や学界から懸念と批判が相次いでいる。民主主義の最も基本的な前提の一つである言論の自由を権威主義国家の独裁政権のような方法で抑圧しようとする韓国政権勢力の姿に対し、国際社会は韓国が果たして民主主義をまともに実践できる国なのかという疑問を投げ掛け始めた。
3

【朝鮮日報】日本「ブースター接種」1億7000万回分を確保 

日本では来年の新型コロナワクチンの「ブースター接種(3回目の接種)」の準備を本格化させているが、米製薬会社ファイザーと追加のワクチン供給契約を間もなく締結する見通しであることが分かった。この契約が締結されれば、日本が来年のブースター接種のために確保するワクチンは少なくとも1億7000万回分に達する見通しだ。日本はこのほかにもノババックス製ワクチンの追加確保にも取りかかっている状況だ。
5

【朝鮮日報】接種率35%なのに外国にワクチンを提供する日本

7月23日、カンボジアの首都プノンペンの空港に、日本が提供した新型コロナワクチンおよそ33万回接種分を積んだ飛行機が到着した。フン・セン首相自ら出迎えて「日本のワクチン提供はウイルスと戦うための資源と能力が足りない国を助けようという温情の現れ」だとし、感謝のあいさつを伝えた。カンボジアは東南アジアでも代表的な親中傾向の国で、アジア・太平洋地域の各種懸案で中国の立場を擁護してきたが、この日は日本に対して公に感謝を示したのだ。
6

【朝鮮日報】文大統領、東京五輪開会式に出席、首脳会談の方式は結論出ず

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が東京五輪に出席するため訪日することが8日、分かった。政府関係者が同日、「五輪開会式が行われる23日から1泊2日の日程で文大統領が日本を訪問する案を調整中だ」と明らかにした。両国は訪日の日程までは暫定合意したが、韓日首脳会談の方法に関連してはまだ決めることができていないという。
アクセスランキング