Category: 朝鮮日報

2

【朝鮮日報】もしも大阪で肺炎が発生していたら…現政権は今回の病名を「大阪肺炎」と断言し、日本を侮辱するはずだ

6年前の2014年、モロッコでラクダ肉で作ったハンバーガーを初めて食べてみた。それ以前にもエジプトで食べたハトの焼き鳥、牛の脳の揚げ物も記憶に残っている。海外の文化をよく知り、尊重する思いから食べ慣れないものを食べた。しかし、2015年に「中東呼吸器症候群(MERS)」が流行した後はしばらく中東の食事を控えた。
2

【朝鮮日報】来月の韓米連合訓練、またも名称から「同盟」が削除される 北朝鮮の顔色をうかがっている

 韓国軍の来月実施する韓米連合訓練の名称から、「同盟」が削除されることが12日までに分かった。韓国軍は昨年、韓米合同軍事演習「キーリゾルブ」を取りやめ、後に名称を「19-1同盟」に変更して実施した。しかし北朝鮮がこの名称に反発し、昨年下半期の連合訓練からは「同盟」が削除されたことから、「北朝鮮の顔色をうかがっている」と批判されていた。
3

【朝鮮日報/社説】韓国製造業の生産力が最近48年で最悪、沈滞ではなく災難レベルだ

韓国製造業の成長潜在力を示す生産能力が昨年は1.2%減少し、1971年に統計を取り始めて以来48年間で最大の下げ幅を記録した。 アジア通貨危機当時でさえプラスだった製造量の生産能力が、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足直後の2018年にはじめてマイナス0.2%を記録し、それから1年でマイナス幅がさらに大きくなったのだ。
1

【朝鮮日報】《萬物相》ラ・ラ・ランド

 サッカー韓国代表チームの主将ソン・フンミンは北朝鮮の平壌でワールドカップ(W杯)予選を行った後、「けがすることなく帰ってきただけでも幸いだった」と言った。試合中、暴力を振るわれた韓国の選手もいた。月に人が行き、テレビ電話や映像チャットができる時代なのに、平壌での試合のニュースは「のろし」で伝え聞くような形でソウルに届いたし、韓国代表たちはホテルでは監禁状態だった。
2

借金で持ちこたえる韓国中小企業「むしろ通貨危機当時がよかった」

記者が最近訪ねた京畿道安山市の半月工業団地には「工場売却」という掲示が目についた。3-4年前のこの場所では平日の夜間はもちろん、土曜日にも工場に灯りがともっていた。しかし、2017年から内需が低迷し、今年は輸出までもが急減したことで受注量が大きく減り、廃業する工場が出始めている。めっき業者60社余りのうち数カ所が閉鎖。廃業を検討中の業者は数えきれない。
6

【朝鮮日報】韓国史の教科書がこんなことになっているのをご存じですか? 憤怒と憎悪、被害意識、羞恥に満ちたものになる

韓国政府の検定を通過して来年3月から高校の教室で使われる韓国史の教科書8種類が、大韓民国のアイデンティティーや経済発展を成し遂げた産業化の過程などは縮小し、民主化の過程ばかりを過度に強調している-という本紙の報道がなされると、ソウルのある高校の校長は、このように語った。この校長は「来年に子どもたちが学ぶ教科書8種類が、一様に『韓国は恥ずかしい国』と言っている」と語った。
3

【ブルームバーグ】米国が韓国への駐留経費負担要求5倍増撤回か!?-朝鮮日報

在韓米軍の駐留経費負担割合を定める現行の特別措置協定(SMA)が失効する年末が近づく中、米国は韓国から米国製武器を追加購入するとの言質を得たことから、韓国側の負担を現行の5倍の約50億ドル(約5500億円)に増やす要求を撤回した。朝鮮日報が26日、匿名の外交関係者を引用して伝えた。
5

【異世界速報】ハングル書道、日本で人気

毎週金曜日と土曜日の午前10時、大阪市北区にある大阪韓国文化院の教室には会社員、主婦、定年退職したお年寄りなど、さまざまな年代の日本人が20人集まる。 これらの人々は2週間に1回ずつここでハングルの書き方を毛筆で学ぶ。今年4月から子音と母音を学び始めた学生たちは、いつの間にかハングルの文章を書くことができるレベルになった。
5

【朝鮮日報】韓国人が好きな国、1位はアメリカ 日本は5位で7%  あの国が無いwww

 韓国人が、韓国を除いて最も好きな国は支持率16.0%で米国だということが分かった。以下、オーストラリア(12.0%)、スイス、カナダ(各9.0%)、日本(7.0%)、フランス(6.0%)、英国(5.0%)、ニュージーランド(4.0%)、イタリア、スペイン(各2.8%)の順で後に続いた。ただし、この調査は2019年5月に実施されたため、夏から続いている韓日関係の悪化の影響は反映されていない。
11

朝鮮日報「いっそのこと、もう一度日本に統治して貰うというのはどうだろう」

 英国の『エコノミスト』は、およそ170年の歴史を持つ経済週刊誌。経営学の教授を務める著者は、同誌が旧韓末および日帝強占期の韓国をどのように描写したか気になり、韓国と日本の図書館を探し回った。エコノミスト誌の当時の記事を翻訳し、解説を付した結果物が本書だ。
アクセスランキング