Category: 中央日報

1

【もうしてる】中央日報 社説「未来世代の『韓国脱出』が懸念される」

ソウル教育庁が「教育基本手当て」という名前で「学校外の青少年」らに毎月20万ウォン(約2万円)ずつ支給するという発表はさまざまな面で論議を呼んでいる。学齢期に正規の小・中・高校に進学していない青少年はもちろん、辞退・退学された生徒にまで領収書が要らない現金を支給するのが教育的に正しいかと、問題の余地が多い。地方自治体の越権行政という批判もある。学校外の青少年に関する業務が女性家族部の所管だが、事前協議もまともに行われなかったという。

5

【中央日報】昨年だけで約17万人の韓国人観光客がラオスを訪れた。これという輸出品がないラオス政府にとっては、これほどありがたい外貨稼ぎはない。

ラオスの人々の目には、韓国は本当に「おかしな国」として映っている。旅とバラエティを融合させたテレビ番組が人気を呼んだだけなのに、突然、韓国人観光客がどっと入ってくるようになった。

昨年だけで約17万人の韓国人がラオスを訪れた。これという輸出品がないラオス政府にとっては、これほどありがたい外貨稼ぎはない。今年7月に発生したセピアン-セナムノイダム崩壊事故に関連した韓国の対応もラオス人の事故救助では理解することができない謎だ。

0

【中央日報】バルサ「中国と日本は戦略的に最も重要な国」「ホームページで日本語、中国語、インドネシア語のサービスをしているのもこのため」…韓国は除外 

スペインプロリーグ名門クラブのバルセロナが来年、アジアのうち中国と日本を訪問する。韓国は含まれなかった。バルセロナ球団は17日、ホームページで「球団ブランドグローバル化、拡張戦略のため、来年、中国・日本を訪問することにした」とし「中国と日本は戦略的に最も重要な10大国のうち2カ国」と伝えた。

6

【旭日旗】韓国メディア、「戦犯旗」という単語がここ5~6年の間に韓国で作られた造語だということをあっさり報道してしまう

1906年、日帝統監府は京畿道水原(キョンギド・スウォン)に農業試験場を設置した。 1910年に韓国を強制的に占領した後には、朝鮮総督府がこの施設を前面に出して「優良品種」米の普及を試みた。 熊本県の早神力、山口県の穀良都、栃木県の多摩錦のような単位面積当たりの生産量が多い品種の米を持ち込んだ。1920年ごろには韓半島(朝鮮半島)でこれらの優良品種が全体の米生産の62%を占めた。 そして、1910年代初めに1200万石水準にだった米生産量は1937年には2700万石へと倍以上に増加した。

アクセスランキング