地方紙一覧

沖縄タイムス「沖縄県知事選、内ゲバをやめろ!」

沖縄県知事選挙は2018年9月13日告示され、30日の投開票に向け決戦が始まった。メディアを含め一般的には、普天間飛行場の名護市辺野古移設問題が「最大の争点」だとみているが、自民、公明、維新、希望が推す佐喜真淳氏(前宜野湾市長)は辺野古埋め立ての賛否を明確にしないため、争点化できず空回りが続く。

記事を読む

沖縄タイムス「県知事選に向け、インターネット上のフェイクニュースを確認する」 

#沖縄県知事選 について #沖縄タイムスさん が #インターネット 上の「#フェイクニュース」を確認するプロジェクトを始めるようです。でも、沖縄タイムスさん自身が、#フェイクニュース大賞 協会賞を受賞しているのですが、大丈夫でしょうか?

記事を読む

【琉球新報】マスコミに公正な報道求めるのは威圧行為だ。許されない

嫌な時代から、怖い国になってきたとの思いを強くする。 8月28日に自由民主党本部総裁選選挙管理委員会委員長・野田毅名で「総裁選挙に関する取材・記事掲載について」のお願い文書が各報道機関あてに配布された。そこには以下の具体的な要請内容が記されている。

記事を読む

琉球新報「自民党に総裁選で公平公正な報道要求されました。不当な圧力だ!言論の自由がー」

7日に告示される総裁選を前に、自民党が「公平・公正な報道」を求める文書を新聞・通信各社に送付した。記事や写真の掲載面積で候補者を平等に扱うよう注文している。新聞社や通信社は独立した報道機関であり、記事や写真の取り扱いで権力側からあれこれ指図される筋合いは全くない。

記事を読む

沖縄タイムスのアンケートがヤバ過ぎる「沖縄の発展には外国人の力が必要ですか?」 

沖縄タイムスは9月30日投開票の県知事選を前に、ウェブアンケートを実施しています。 選挙権を持たない18歳未満の方のご意見も受け付けています。

記事を読む

琉球新報「沖縄予算要求額を去年と同額にされました。政府はアメとムチを使い分けるな!」

内閣府は2019年度の概算要求で沖縄関係予算を3190億円に決定した。 18年度当初予算比で180億円増だが、要求額は前年度と同額となった。 安倍晋三首相が3千億円台の維持を確約して以降の概算要求としては、昨年に続いて最少額となった。

記事を読む

琉球新報 社説「辺野古承認撤回で政府が沖縄県に損害賠償請求するのは恫喝だ。請求したいのは、むしろ、沖縄の方だ」

損害賠償をちらつかせながら県に翻意を迫る。恫喝(どうかつ)以外の何物でもない。 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画を巡り、県が埋め立て承認を撤回した場合、1日当たり約2千万円の損害が発生するとの見積もりを政府がまとめた。撤回に関する訴訟で政府が勝てば、県への損害賠償請求を検討する構えだ。累計で数億円に達する可能性があるという。

記事を読む

【神奈川新聞】ヘイト規制条例「早期制定を」 県有識者会議で意見相次ぐ

県の人権施策のあり方を議論する有識者会議「かながわ人権政策推進懇話会」が20日、横浜市内で開かれ、ヘイトスピーチ対策を巡って意見を交わした。ヘイトスピーチ根絶に向け、県独自の対策の実施を打ち出した黒岩祐治知事の要請を受けたもの。委員からは、事前キャンプや競技会場になっている2020年の東京五輪も見据えた緊急課題として規制条例の早期制定を求める声が相次いだ。

記事を読む

琉球新報「歴史修正主義に警戒を。政治的思惑ないか見極めよう。恐竜のように滅びてしまわないように」

小学生の頃は恐竜が好きだった。 暇があれば恐竜図鑑ばかり眺めていた。 先日、沖縄美ら島財団と琉球新報社主催の「ティラノサウルス展」に足を運び、久しぶりに巨大生物の世界に思いをはせた

記事を読む

【東京新聞】 原爆忌に考える「韓国のヒロシマ」から 広島で三万五千人、長崎では一万五千人の朝鮮半島出身者があの原爆の犠牲になりました

 広島、長崎、そして韓国の原爆資料館。被爆者の命の証しに触れる場所。伝えたい言葉はきっと同じです。「過ちを二度と繰り返してはなりません」-。

記事を読む

沖縄タイムス「私たちは乱発される政府のウソに慣れ過ぎてはいないか?」

[大弦小弦]「ウソはいけない」と子どもを諭しながら、人は世渡りに「ウソはいけない」と子どもを諭しながら、人は世渡りに必要なウソをつく。みだりにつかないようにと、自らを戒めながら日々を過ごす

記事を読む

【沖縄タイムス】阿部岳記者「辛淑玉さんは沖縄のために戦ってくれている。沖縄から、何ができるだろう」

言葉を詰まらせ、辛淑玉(シンスゴ)さんが「すみません…すみません」とうつむいた。東京MXテレビから謝罪された20日のこと。番組「ニュース女子」は辛さんと沖縄の基地反対運動へのデマを並べていた

記事を読む

【東京新聞】憲法、リズムに乗せて サヨク老人がCDブックス「ドレミファ憲法」発売

東京都国立市在住のフォークシンガー真思惟(まーしい)さん(61)が日本国憲法の前文と九条、一三条など計十カ条に曲を付け、バンドの仲間と演奏したCDブックス「ドレミファ憲法 歌で知る前文と10の条文」が発売された。

記事を読む

琉球新報「韓国の抗日はアジア諸国への加害責任に向き合わない安倍が悪い。信頼取り戻すまで反省しる」

米朝首脳会談が実現し、1カ月が経過した。非核化の道筋は不透明なままだが、武力衝突ではなく外交による、東西の緩衝地帯である朝鮮半島の平和構築に期待が高まっている

記事を読む

【山梨】容疑者の写真が欲しかった新聞記者さん、他の新聞の写真を接写し盗用、クビ

甲府市に本社がある「山梨新報社」は、ほかの新聞社から写真を盗用したとして、34歳の男性記者を諭旨解雇の処分にしたほか、上司ら4人を懲戒処分にしました。

記事を読む