地方紙一覧

【在日】『そんなに日本が嫌なら半島に帰れ』との心ないバッシングに柳美里さん「差別意識が顕在化している。この風潮は危険だ」

柳美里さん(49)は日本生まれの日本育ちだが、韓国籍の「在日」だ。 「38度線の存在しない朝鮮半島をずっと思い描いてきた」 動きだした半島情勢が気になる。

記事を読む

苦慮する沖縄のレンタカー業界、外国人観光客の国際免許証不正「どう確認すれば」 

中国人観光客が日本でレンタカーを借りる際に使う国際運転免許証の中に、不正に取得されたものが含まれている可能性が浮上し、業界は対策を取り始めている。ただ不正なものだったとしても、本物かどうかを判断できる材料はなく、対応に苦慮している。

記事を読む

沖縄タイムス「本土の空が沖縄化している 逃げてください 逃げてください」

広大な米軍の訓練空域が設定され、日常的に米軍機が上空を飛び交う沖縄では、本土復帰から46年たった今も「空の安全」が切実な問題となっている。

記事を読む

【おいタバコ】「温泉にも行けず貯金する事もできない」ナマポの男性悲鳴(画像)

生活保護、やまぬ減額に受給者悲鳴 1日2食、貯蓄は月千円「お金に余裕があれば大きい浴場で思いっきり風呂につかりたい」。生活保護を受けている福井県福井市の独身男性(69)は「風呂も食べたいもんも我慢する毎日」を送る。

記事を読む

【環境汚染】有害物質てんこ盛り 沖縄の浜辺に中韓から大量のゴミ流れ着く 自然環境に深刻な影響

沖縄県の八重山諸島や宮古島、与那国島の海岸で、有害液体などが残存している廃ポリタンクや水銀を含む管球類廃棄物などの危険な有害物質を含む海外からのごみの漂着が、深刻な状態であることが7日までに分かった。

記事を読む

【悲報】琉球新報、米軍属の妻であることを伏せて報道する

6日午前2時3分ごろ、北谷町の民家に男が侵入し、寝ていた40代の米国人女性を刃物のような物で切りつけて逃走した。女性は左腕や右指に切り傷を負ったが命に別条はない。沖縄署が男の行方を追っている。

記事を読む

【琉球新報】辺野古のサヨク活動家にアンケート 沖縄居住及び60代以上が8割

4月23~28日に実施された「辺野古ゲート前500人行動」の参加者へのアンケートを、同実行委員会が4日までに集計した。実行委のまとめでは、回答した411人中、県内からの参加が346人で84・2%、県外からの参加は64人で15・6%だった。

記事を読む

【沖タイ】パヨ弁護士「憲法9条への自衛隊明記で『徴兵制』も可能となる」

日本国憲法が施行されて71年となった3日、憲法講演会(主催・県憲法普及協議会など)が宜野湾市民会館で開かれた。法律家や行政官を育成する「伊藤塾」を主宰する伊藤真弁護士が講演。

記事を読む

【内容はフィクション】東京新聞、望月衣塑子の著書が映画化か?主演はまさかの蒼井優!?

「東京新聞の望月衣塑子(いそこ)さん(42)の著書 『新聞記者』 を題材にした映画の企画が水面下で進行中だそうです。主演にはなんと、女優の蒼井優さん(32)の名前が挙がっているといいます」(映画業界関係者)

記事を読む

沖縄タイムス「日本政府よ、北朝鮮に完全非核化を求めるのであれば米国の”核の傘”から離脱しろ」

復帰前、沖縄は海外における「世界最大級の核拠点」となった。沖縄に核を集中させ、その抑止力に依存する、というのが政府の考えだった。

記事を読む

沖縄タイムス「あなたの”屈辱の日”はいつですか?」

沖縄を日本から切り離した1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約から66年。27年間も米軍統治下に置かれ、過重な基地負担と米軍絡みの事件事故が今も続く沖縄にとって、「屈辱の日」は「4・28」だけではない。

記事を読む

和田政宗議員「東京新聞・望月衣塑子記者と共産党についての記事は、よく調査されたなあと感じました。」

明日発売日の『WiLL6月号』。今回号から私の連載が始まっていますが、先程届き、いち早く読みました。 また、東京新聞・望月衣塑子記者と共産党についての記事は、よく調査されたなあと感じました。 

記事を読む

神奈川新聞「朝鮮学校差別は私たちの問題」補助金再開訴え声明

神奈川県をはじめ各自治体が朝鮮学校への補助金を停止している問題で、埼玉県の市民団体は16日、埼玉朝鮮初中級学校(さいたま市)の補助金再開を同県に求める声明を発表した。すべての子どもに保障される学ぶ権利が侵害されている現状は「私たちの社会のあり方を問うている」と指摘。差別を容認している日本社会の問題として解決すべきだと提起している。

記事を読む

【東京新聞】望月衣塑子の「森友漫談」がパヨク界隈で話題に

文部科学省の組織的天下り斡旋問題で辞職し、 加計学園の獣医学部新設に関し官邸の関与を主張してきた前川喜平・文部科学省前事務次官が、“ミスター文部省”と呼ばれたOBの寺脇研氏と、菅義偉官房長官会見での森友・加計問題の追及で話題になった東京新聞社会部の望月衣塑子記者と鼎談。

記事を読む

【ド正論】加戸前愛媛県知事「特区は全て議長の首相案件」「改憲を阻止したい勢力が倒閣運動をしているだけ」

 獣医学部の誘致で県職員が官邸を訪問した際に作成した柳瀬唯夫首相秘書官(当時)との面会メモを巡り、知事在職時(1999~2010年)に誘致に関わった加戸守行氏(83)は11日、愛媛新聞の取材に「国家戦略特区諮問会議の議長は安倍晋三首相。

記事を読む