Category: 地方紙

9

【マスゴミ】中日新聞東京本社社員 立花良夫容疑者(57)を痴漢で逮捕 「女性のお尻を触ったのは間違いない」JR上野東京ライン

 15日午前8時ごろ、JR上野東京ライン川崎駅-品川駅間を走行中の電車内で、川崎市幸区に住む契約社員の女性(24)が、男に下半身を触るなどされているのを神奈川県警鉄道警察隊員が発見。男を取り押さえて県警川崎署員に身柄を引き渡した。
28

【東京新聞】佐藤圭「日本政府やメディアは朝鮮民主主義人民共和国ではなく、『北朝鮮』と呼んでいる。朝鮮民族に対する蔑視・敵対感情が背景にあるのは明らか。正式名称が長ければ『朝鮮』でいい」

日本政府やメディアは朝鮮民主主義人民共和国ではなく、北朝鮮と呼んでいる。朝鮮民族に対する蔑視・敵対感情が背景にあるのは明らかだろう。
19

【東京新聞】 望月衣塑子が憲法の意義主張「憲法は権力者が個人の自由や尊厳を奪うことに抵抗するためにある」

憲法記念日の5月3日、護憲派団体による「憲法を守り育てる集会」が福井県福井市のアオッサで開かれた。東京新聞社会部の望月衣塑子(もちづき・いそこ)記者(43)が講演し、「憲法は権力者が個人の自由や尊厳を奪うことに抵抗するためにある」と主張した。
19

朝日記者「道行く方に『令和への期待』について聞く取材。紙面を取り繕うための作為的な質問で違和感を拭えない」→東京新聞 佐藤圭「奉祝報道に不満を抱いている記者やデスクは多い」

道行く方に「令和への期待」について聞く取材。紙面を取り繕うための作為的な質問と言われても仕方ないです。自分が聞かれても「?」だし、違和感を拭えませんでした。取材決まった時から抱いてた違和感を隠し、言われたことをやるだけになった自分の浅はかさ。猛省です。
9

【沖縄タイムス】阿部岳「ドローン規制法改正、自衛隊の権限拡大は軍事の聖域化が進む恐れ。旧日本軍の憲兵がー」

衆院を通過したドローン規制法改正案は、米軍と自衛隊の特別扱いが目立つ。現行法では国や地方自治体なら首相官邸や原発の上空も同意なく飛ばせるのに対して、改正案で対象に加わる基地の上空だけは禁止。さらに自衛官に基地外での排除措置を認めており、軍事の「聖域化」が進む恐れがある。(編集委員・阿部岳)
18

【神奈川新聞】石橋学記者「選挙に名を借りたヘイトは選挙の価値を破壊するもので、選挙を正しく保つために落選運動は積極的に行われるべき」

「元々落選運動は広く認められているが、差別扇動団体の候補がいる相模原ではとりわけ意義がある。周知活動は社会への悪影響を食い止めるため積極的に行われるべき。選挙に名を借りたヘイトは選挙の価値を破壊するもので、選挙を正しく保つためにもあるべき運動だ」
18

【琉球新報】辺野古移設をされるなら苦難覚悟で沖縄独立を 中国ロシア北朝鮮を味方に付けよ

辺野古移設反対が多数を占めた県民投票の結果を受けても、安倍政権が「基地負担を軽減するため辺野古に新基地を造る」と沖縄を愚弄(ぐろう)する言葉を吐き続けるなら、もはや島はさらなる苦難を覚悟で独立を志向したほうがいいのかもしれない。 その場合、沖縄が味方に付けるべき相手は中国、ロシア、北朝鮮のうちの1国。または3国全て。
7

【 琉球新報】琉球処分から140年 琉球民族独立総合研究学会「政府は他の地域には決して沖縄と同じ態度は取らない。140年前から続く植民地主義だ」

1879年に琉球王国が滅亡してから、27日で140年。松田道之琉球処分官が、熊本鎮台兵(日本軍)や武装警官ら約600人を連れて首里城へ入り、琉球国王・尚泰に廃藩置県の通達を突き付けた。日本政府の武力を背景にした琉球併合(琉球処分)で首里城は明け渡され、沖縄県が設置された。
アクセスランキング