Category: 毎日新聞

12

【朗報!】毎日新聞リストラ第1弾で幹部67人が退職

リストラを実施中の毎日新聞社で、67人の幹部(部長職以上とその経験者ら)が早期退職に応じたことがダイヤモンド編集部の取材で分かった。同社は会社に残る社員の負担を軽減する考えだが、「実質的な賃金カット」につながる新聞制作の見直しに労働組合は反発を強めている。
21

【毎日新聞】女子高生の間で「韓国ブーム」加熱!新大久保の人気が原宿越え「政治と文化は無関係」

レーダー照射、徴用工、対韓輸出規制……と日本と韓国の政治状況が冷え込んでいる。 ところが、日本の若者の間では空前の韓国ブームが起きているという。なにが起きているのか。取材を進めると、両国の新しい関係が見えてきた。【日下部元美】
19

【毎日新聞】なぜ安倍首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか?

安倍晋三首相が6、7両日、参院選の応援演説で「立憲民主党」を「民主党」と繰り返し言い間違え、立憲民主の激しい反発を呼んだ。「党名が毎回変わっているから」と釈明したが、演説を聞くと、いずれも保育士の待遇改善を訴えるところでの発言だった。9日以降も「間違えないように、もう変えないでもらいたい」と挑発する首相。果たして「間違い」だったのだろうか――。
21

【ざまあ】毎日新聞が全社員の1割にあたる200人をリストラ 50歳代以上が社員の4割強を占め、さらに管理職が3割以上を占めるいびつな構造

毎日新聞社が社員の1割に当たる200人規模の早期退職を募集することがダイヤモンド編集部の調べで分かった。新聞の部数減少に歯止めが掛からず、事実上のリストラに追い込まれた。人員の大幅減のしわ寄せは地方の記者に行く。これによって毎日新聞の特長である現場発の独自視点の記事が減れば、自らの首を締めることになりかねない。
7

【首相面談記録未作成】内閣参事官「首相は人と会うのが仕事。官邸スタッフはそれほど多くない。『そこまではやってられません』というのが正直なところ」⇒ 蓮舫「は?」

官邸は、安倍晋三首相と官庁幹部の面談記録を一切残していないと明言している。「必要があれば官庁側の責任で作るべきもの」というのが官邸のスタンスだが、官庁側も十分に作成せず、双方が公文書を軽視している実態が浮かびつつある。首相面談のブラックボックス化は深刻だ。
12

【毎日新聞】関西テレビ「ヘイト」放送 岩井志麻子氏「(韓国人は)手首切るブスみたいなもん」発言を編集しなかったことは波紋を広げそうだ 

関西テレビ(大阪市)のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」が5月18日、出演者の作家、岩井志麻子氏による「(韓国人は)手首切るブスみたいなもん」などのヘイト発言と受け取られかねないコメントを放送し、ツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で批判が巻き起こっている。
アクセスランキング