毎日新聞一覧

アホ朝&変態毎日「加計新文書、首相動静は会っていない証明にはならない。会う手段はある」

加計学園の問題をめぐり、愛媛県が新たに国会に提出した一連の文書の中に、首相と加計孝太郎理事長が2015年2月25日に面会し、獣医学部新設についてやりとりを交わしていたと記録されていた。

記事を読む

【毎日新聞社特別編集委員】岸井成格さんの「ラストメッセージ」

特定秘密保護法、安全保障関連法、さらに憲法改正など、この国のかたちを変えていこうとする政治の流れの中で、テレビを通じてその危うさを伝え続けたのが岸井さんです。「NEWS23」(TBS系)のアンカーだった岸井さんが退任したのは、2016年3月25日でした。

記事を読む

【毎日新聞】これで人が育つ?生活保護、3年で160億円カット 安倍政権で続く減額

政府は2018年度から、生活保護の生活費相当分を3年かけて減額する。 その一方、「人づくり革命」の一環として、保護世帯の子どもの大学進学を支援する方針を打ち出した。こうした見直しは「子どもの貧困」にどう影響するのか、調べてみた。

記事を読む

変態毎日新聞「”国民の敵”発言は悲劇の始まり。ソ連の大粛清や中国の文化大革命思い出す」

民進党の小西洋之参院議員が16日夜、国会近くの路上で防衛省統合幕僚監部の3等空佐から「お前は国民の敵だ」と繰り返し罵倒された問題は、過去の暗い歴史を思い起こさせた。シビリアンコントロール(文民統制)の下にある現職自衛官が語った言葉の意味や影響を考えた。

記事を読む

マスコミの「世論調査は捏造が当たり前」だと、サヨクの鳥越俊太郎が言ってる

鳥越:毎日新聞の記者時代の経験ですが、例えば、選挙に関する世論調査の結果を発表する前に選挙の担当者が数字を“調整”するのをしばしば見てきた。 担当者が取材で掴んだ選挙区情勢と違うという理由です。そういった裏事情を知っているので、私自身は世論調査の数字を疑っています。

記事を読む

【毎日新聞】晩酌のお供にはキムチ奴がピッタリ

家飲みに欠かせないおつまみ。「簡単に作りたいけど手抜きとは思われたくない!」とお思いの方も多いはず。今回は、豪快盛り付けで手抜きに見えない冷奴をご紹介します。おつまみの定番「冷奴」を少し工夫するだけなので、今すぐ作れますよ♪

記事を読む

安倍首相、再び“こんな人たち”批判 「YouTubeを見てください」

 安倍晋三首相は9日の参院決算委員会で、昨年7月の東京都議選の街頭演説で「辞めろ」コールをした一部聴衆について「明らかに選挙活動の妨害行為だ。私の演説をかき消すかのような集団的な発言」と批判した。

記事を読む

【画像】朝日、毎日、東京 安倍政権の退陣を要求するパヨクデモの意見広告をデカデカと掲載!こんな予算どこにあるんだ?

ついに、共産党は実力的行使に出るつもりか??朝日にこんなデカでかと広告を打ち、動員を計る意図は?警察との小競り合いを引き起こさせ大々的に報道させ、権力の弾圧だーと叫び、世論を揺さぶる?国家騒乱させようとしてるな

記事を読む

【毎日新聞】在日コリアンらの排斥などを訴えるヘイトスピーチには生活保護受給者ら弱者を敵視する心理と共通性がある

生活保護受給者やホームレスなど、社会で弱い立場にいる人への攻撃的な空気が広がってきたのはいつごろからだろう。格差社会のもと、経済成長を遮二無二追求する中で、「生産性が低い」ことなどを理由に、排除しようという心理が見え隠れする。

記事を読む

【悲報】毎日新聞がおわびと訂正「文書改ざん『麻生氏ぶれる説明』記事は確認が不十分でした」

17日朝刊「麻生氏ぶれる説明」の記事で、佐川宣寿前国税庁長官処分に関して財務省の矢野康治官房長が 「麻生氏から指示され、書き換えの可能性を含めて『決裁文書を国会提出した時の担当局長だった』ことも処分の理由にした」と答弁したとありますが、 麻生氏が指示したのは決裁文書書き換えについての調査で処分の理由を起案したのは財務省事務当局でした。

記事を読む

【毎日新聞】キムチとチーズは相性抜群 まろやかなキムチーズ焼き豆腐

おつまみによく出てくるキムチとチーズ。今までは別々に楽しんでいたけれど、 実は合わせて食べても相性抜群なんです!キムチだけでは辛すぎて…と言う人も、チーズと一緒ならまろやかな味になって、食べやすくなるんですよ。

記事を読む

【連載最終回】室井佑月「死にたいなってしょっちゅう考える」

 何年か前、息子の友達が家に遊びにきて、ふともらした。「死にたいな」って。話の流れからウケを狙ってとかではなく、その言葉は、唐突で、でもとても自然に聞こえた。夕食を食べ終えたときだった。

記事を読む

【朝日、どーすんのこれ】毎日新聞が入手「朝日新聞、全く別の決裁書を比較し、印象操作をしていた可能性」

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられたとされる疑惑で、同省が国会に開示した文書とは別の決裁文書に、「本件の特殊性に鑑み」「学園に価格提示を行う」などの表現があることがわかった。毎日新聞が同省近畿財務局への情報公開請求で入手した。

記事を読む

毎日新聞「決裁印の押してある1枚目の修正は難しいが、2枚目以降は直すこともある」 朝日「・・・」

官公庁の公文書は、公文書管理法に基づき、職員が職務上作成して組織的に用い、役所で保有しているものと定義され、 意思決定に至る過程などが検証できるように作成するよう義務付けられている。 このうち、責任者が部下から提出された案を認めたことを示す印鑑(決裁印)が押され日付の入ったものが、決裁文書と呼ばれる。

記事を読む

【毎日新聞・小川一】フェイクニュースは社会を根底から腐らし、時代を根底から揺るがすもので、中世のペストに匹敵するパンデミック

フェイクニュースが社会的な課題となる中、インターネット情報の質向上を目指そうと(仮称)インターネットメディア協会(JIMA)の設立準備に向けた記者会見が2月26日、東京都内の講談社で行われました。発起人9人を代表し、古田大輔BuzzFeed Japan創刊編集長が「(DeNAの)ウェルク事件、アメ

記事を読む