Category: 毎日新聞



5

【速報】都知事選情勢調査 小池優勢 大きく引き離されて山本、小野、宇都宮 特定野党に激震

 毎日新聞は27日、東京都知事選(7月5日投開票)についてインターネット調査を実施し、情勢を探った。現職の小池百合子氏が優勢。大きく引き離されて、れいわ新選組代表の山本太郎氏、日本維新の会が推薦する小野泰輔氏、立憲民主・共産・社民各党の支援を受ける宇都宮健児氏が2番手を競る展開となっている。
10

【毎日新聞】「クラウド蓮舫」が話題に ネット上では「蓮舫氏は間違っていない」「言葉足らずだったのでは」といった指摘も相次いだ

11日の参院予算委員会で、マイナンバーカードのシステムトラブルの解消方法を巡って立憲民主党の蓮舫氏が 「サーバーは増やすんじゃなくて、時代はもうクラウドなんですよ」と発言したことがインターネット上で話題になっている。
7

毎日新聞 論説「意外とあっけなかった韓国の慰安婦タブー  ただし、今回の事態を過大評価はしない方がいい」

韓国の元慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連、旧挺対協)」の尹美香・前理事長が窮地に追い込まれている。募金や政府補助金の横領疑惑や寄付金を使った不透明な不動産取引などが次々と報道され、横領罪などでの告発を受けたソウル西部地検が5月20日に正義連事務所を家宅捜索した。
13

【毎日新聞論説員】日本の中高年はなぜ若者の韓流ブームを全く理解できないのか

そこで、韓流ブームに関する日本の「世代間の断絶」について、朝鮮半島研究の第一人者である政治学者、木村幹・神戸大学教授と、毎日新聞社で韓国の取材を長年手掛け、『反日韓国という幻想 誤解だらけの日韓関係』(毎日新聞出版)を執筆した澤田克己・毎日新聞論説委員に対談してもらった。前後編で迫る。
1

【毎日新聞世論調査】 日本国民の韓国親密度、5点満点の1.9点・・・ロシアとともに最下位

毎日新聞が埼玉大学とともに企画した世論調査で、1285人を対象に10月~12月に実施された。韓国、米国、中国、ロシアの周辺4カ国を対象にした親密度調査で、「親しみを感じる」が5点、「感じない」が1点だ。
8

毎日新聞の知韓派ジャーナリスト『今の日韓関係はどん底以下。まだまだ沈む余地がある これからが本当の地獄だ。安倍首相が安倍首相が退けば、うまくいくと考えているのも誤解だ 』

ソウル特派員として8年間勤務するなど、「知韓派ジャーナリスト」として知られる毎日新聞の澤田克己外電部長は、「韓日関係はどん底だ」という悲観的な見方を示した。
6

毎日新聞外信部長「『反日種族主義』を一読した。事実関係は調べられているが、解釈は強引だったり一方的。悪意があまりにも強い。あまりにも感情的な日記を読まされ… 」

 「日本が経済戦争をしかけてきた」という反感が韓国に広まっていた今年夏。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近である曺国(チョ・グク)氏は、激しい日本非難をフェイスブック上で繰り返した。SNSを活用して「敵」をやりこめる発信は曺氏が得意とするもので、法相に指名されて自らのスキャンダルが発覚した時には過去の発言がブーメランのように返ってきて窮地に追い込まれた。
4

毎日新聞記者「ねえ聞いて!首相会見で手あげたのに当ててくれなかったの!」

季節外れの「桜を見る会」に揺れた臨時国会が9日、閉会した。「消えた招待者名簿」「悪質マルチ商法企業とのつながり」などなど、国会は閉じても、疑問は膨らむ一方だ。ならば安倍晋三首相にじかに疑問に答えてもらおう! 毎日新聞の取材班は、聞きたいことをノートに書き連ね、首相官邸の記者会見に乗り込んだ。ところが…。
6

【毎日新聞】元徴用工の人権回復を急げ。カネの話ではない

韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長が、元徴用工問題解決のため法案を準備している。日本企業に損害賠償を命じた昨年10月の最高裁判決後、日本企業が原告との和解協議に応じない状況を受けての法案だが、日本側の責任に関する言及はなく、賠償金をだれが代わりに払うか、カネの話ばかり議論されている現状を憂慮する。
アクセスランキング