Category: 毎日新聞

14

【毎日新聞 社説】安倍政権は(沖縄の)3連敗を真摯に受け止めよ。選挙という民主的手続きが何の意味もなくなる

辺野古埋め立てを既成事実化して住民のあきらめムードを作り出す。そんな戦術が全く通用しないことを、政権はどう考えているのか。  衆院沖縄3区の補欠選挙で米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する野党系無所属の屋良朝博(やらともひろ)氏が、自民党公認の島尻安伊子(しまじりあいこ)氏を大差で破り、初当選を果たした。
8

【大阪地裁】森友学園・補助金不正事件 きょう初公判 籠池被告「口封じのための国策捜査」と主張へ 教育現場に帰りたい未練

学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、詐欺などの罪に問われた前学園理事長、籠池泰典(66)と妻諄子(62)の両被告の初公判が6日、大阪地裁で開かれる。籠池被告は毎日新聞の取材に応じ、「僕が全く悪くなかったとは言えないが、詐欺なんてしていない。国策による逮捕、勾留だった」と捜査批判を繰り返した。
9

【悲報】毎日新聞ニュース速報「地元 下関の天然トラフグの刺し身に安倍首相『おいしい』」→パヨクさん発狂w「これ速報なの⁈ええええええっ」「ちょっと前から迷ってたけど、毎日新聞解約するわ」 

安倍晋三首相は21日、山口県下関市の仲卸業者らでつくる「下関ふく連盟」の見原宏理事長(左)らの表敬を首相官邸で受け、地元の旬の味に舌鼓を打った。
15

毎日新聞常務取締役の妻、増田ルミ子容疑者(46)を覚せい剤で逮捕⇒毎日新聞広報「増田という姓の取締役がいることは間違いないが、容疑者との関係は不明です」 

自宅で覚醒剤を隠し持ったとして、兵庫県警は7日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、東京都中央区の広告会社社員、増田ルミ子容疑者(46)を現行犯逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
6

【毎日新聞】日本じらされ「法的措置」 徴用工協議要請 日本、外交問題化、誤算

韓国の元徴用工判決で日本政府が日韓請求権協定に基づく政府間協議を初めて申し入れたのは、韓国政府の対応の遅れにしびれを切らし、日本が「法的措置」に踏み出したことを意味する。ただ同時に、あくまで「韓国の国内問題」にとどめる日本側の目算は外れ、完全に外交問題化した形だ。安倍政権は経済制裁もちらつかせながら事態打開を探るが、韓国側が態度を硬化させれば解決は遠のきかねない。
3

【神奈川】元勤務先の毎日新聞販売店からガソリン入り携行缶盗む~韓国籍金栄和容疑者(59)を逮捕「借りようと思っただけ」と容疑を否認

茅ケ崎市の新聞販売所からガソリン入り携行缶を盗んだとして、茅ケ崎署は5日、窃盗容疑で住所不定の職業不詳、金栄和容疑者(59)=韓国籍=を逮捕した。「借りようと思っただけ」と容疑を否認している。
7

中国は海外メディアにプロバガンダを報じさせている。日本で担っているのは『毎日新聞』英ガーディアン紙が暴露wwwwwwww

中国国営メディアは、海外の30以上の大手メディアと提携し、“China Watch”というプロパガンダまがいの記事を報じさせている。こうした手法を“borrowed boats”という。日本国内でこれを担っているのが毎日新聞。 毎日の発行部数が6.6百万部というのは多すぎだが、それでも他国の新聞より多い。
12

【ぱよちん界隈激怒w】毎日新聞取締役 小川一「韓国では、大統領が代わるたびに前の大統領が刑事訴追されたり自殺したりを繰り返しています。これでは成熟した社会とは言えません。」

民主化してまだ日が浅い韓国社会の脆弱さのひとつは、司法がポピュリズムに流されやすいことです。韓国では、大統領が代わるたびに前の大統領が刑事訴追されたり自殺したりを繰り返しています。これでは成熟した社会とは言えません。
2

韓国陸軍元准将が実名で告発「北朝鮮は核を手放さない」米韓も把握不能の「ウラニウム施設」問題

長く緊張状態にあった韓国と北朝鮮の関係が、融和に向かっている。9月19日の南北首脳会談後には、韓国の文在寅大統領が「非核化達成に向けた道筋で合意した」と語った。だが、安堵するのは、まだ早いらしいその理由を韓国陸軍の元准将が語った。
アクセスランキング