メディア一覧

【週刊朝日】最近、ありもしない陰謀論をうたい、攻撃的な発言をする集団が目立つ 例えば、ヘイトスピーチ

社会を震撼させたオウム真理教事件。一連の事件を指示したとされる元教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら教団元幹部7人の死刑が執行され、真相は闇に葬られた。オウム真理教とはいったい何だったのか──。

記事を読む

朝日新聞 上丸洋一「まさか、まさか。「憲法に緊急事態条項がないから豪雨への対処が遅れた。憲法が悪いんだ」なんてメチャクチャなことを自民党は言い出さないでしょうね」

朝日新聞 上丸洋一「まさか、まさか。『憲法に緊急事態条項がないから豪雨への対処が遅れた』なんてことを自民党は言い出さないでしょうね」 ...

記事を読む

【パヨク画報】 新聞オワタ 

シミュラクラ@VTuber @arclisp つくづく新聞ってもう終わりかけの媒体なんだなと思った

記事を読む

『朝日ぎらい』な人々が世界各国で急増している理由

「朝日新聞」を批判する言説は、今やひとつのマーケットを確立したと言っていいほど巷に溢れている。なぜ「朝日」に象徴される「日本のリベラリズム=戦後民主主義」はこれほど激しく嫌われるのか。

記事を読む

NHKのネット同時配信を総務省が容認へ

NHKがテレビ番組を放送と同時にインターネットで配信することについて、総務省が容認する方針を固めたことが、11日分かった。

記事を読む

【週刊朝日】ヘイトスピーチの根底に、自分の不遇を責任転嫁するオウムと同じものが流れている

「オウムは、社会に人生の希望や理想を見いだせなくなった時代に出てきた。信徒たちが抱いたような虚無感は一般の人々にもある。人生について真面目に考えている人ほど、オウムのようなものに魅了される」

記事を読む

【山梨】容疑者の写真が欲しかった新聞記者さん、他の新聞の写真を接写し盗用、クビ

甲府市に本社がある「山梨新報社」は、ほかの新聞社から写真を盗用したとして、34歳の男性記者を諭旨解雇の処分にしたほか、上司ら4人を懲戒処分にしました。

記事を読む

【西日本豪雨】相変わらず刺激的な見出し躍る韓国紙「対災害強国の日本を丸のみ」「防災先進国の日本もお手上げ」

 西日本豪雨の被害について、韓国では9日付の主要各紙が水没した町や、屋根に取り残されたり、ボートで救助されたりする被災者の写真を1面に掲載し強い関心を示した。「“防災先進国”の日本も束手無策(お手上げ)」「対災害強国の日本を丸のみ」などといった刺激的な見出しも見られた。

記事を読む

【TBSは死んだ】オウム報道でTBSが炎上 7人死刑執行と情報リーク批判も…「坂本弁護士問題」は完全スルー

 オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚=執行時(63)=らの死刑執行について報じた8日放送のTBS系情報番組「サンデーモーニング」が物議を醸している。

記事を読む

辻元清美「文書の改ざん、虚偽答弁、日報の隠ぺい、セクハラ、裏口入学まで異常な内閣じゃないかなと思います」

辻元清美「文書の改ざん、虚偽答弁、日報の隠ぺい、セクハラ、裏口入学まで異常な内閣じゃないかなと思います」 ブルー@blue_kbx...

記事を読む

毎日新聞、特定野党の梯子外す「どんなに厳しく森友・加計問題を追及しても、そればかりでは支持は広がらない」

なぜ無党派層の中で支持の揺り戻しが起きたのだろうか。  ここからは推測になるが、森友・加計問題への関心が薄まっていると考えるほかない。安倍内閣を支持しない人の多くはもともと「安倍嫌い」で、森友・加計問題もけしからんと思っているのだろう。

記事を読む

【韓国メディア】韓国人の好感度、金正恩は安倍の2倍

 朝米首脳会談以後、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長とドナルド・トランプ米大統領に対する韓国人の好感度が大きく上がったことが分かった。北朝鮮に対する好感度も急騰し、中国と日本を超えたと調査された。

記事を読む

安倍首相「明治維新150年、日本はアジアの民主主義を助けている」→韓国メディア「過去の反省なしに自画自賛」

安倍晋三総理が明治維新後150年に言及してアジアの国家作りを助けていると主張した。6日、日本経済新聞によれば安倍総理は同紙が前日、東京都内のホテルで「アジアの価値観と民主主義」という主題で開催したシンポジウムで講演

記事を読む

韓国メディアがついにバラしてしまうwwwww 韓国の外貨準備高の92%が有価証券

外貨準備高といえば外貨、特に米国ドルを持っていると考えるかもしれないが、実際はこれと大きく違う。韓国の場合、韓国銀行が予備預置金という名目で現金を海外金融機関に預けているが、これは全体保有外国為替の5.6%にすぎない。

記事を読む

朝日新聞「記録的不漁、絶滅危惧種 それでもウナギを食べますか?」

土用の丑(うし)の日が近づき、ウナギのかば焼きが恋しい季節です。が、近年、養殖用の稚魚、シラスウナギは記録的な不漁で、半世紀前の約10分の1にまで減少。取りすぎによる資源枯渇が心配されています。

記事を読む