メディア一覧

琉球新報「沖縄予算要求額を去年と同額にされました。政府はアメとムチを使い分けるな!」

内閣府は2019年度の概算要求で沖縄関係予算を3190億円に決定した。 18年度当初予算比で180億円増だが、要求額は前年度と同額となった。 安倍晋三首相が3千億円台の維持を確約して以降の概算要求としては、昨年に続いて最少額となった。

記事を読む

国連の、人種差別撤廃委員会 なぜトチ狂った勧告が出てくるのか?

国連の慰安婦問題勧告、委員会の仕組みは? 勧告が行われた背景は?国連の人種差別撤廃委員会は30日、慰安婦問題をめぐって日本政府に「被害者中心のアプローチによる恒久的な解決」を勧告した。委員会の仕組みや勧告が行われた背景などについてQ&Aでまとめた。

記事を読む

【朗報】辻元清美、ついにNHKに報道される!!!!

実はこれ、大阪で暮らす辻元さんのお母さんが、毎週、1週間分作って持たせてくれる特製カレー。 事務所の冷蔵庫に、雑穀米と一緒に常備しています。 これをレンジでチン!と。

記事を読む

【中央日報/社説】大企業も小商工人も「辛すぎる」…韓国経済、なぜここまで来たのか 

あらゆる規制の障壁に政策の混乱まで加わり、崖っぷちに立たされているということだ。大企業は支配構造を改編しようと「持分計算しているうちにすべてが終わってしまっていた」と訴え、小商工人は店を閉めて大雨が降りしきるソウル光化門(クァンファムン)広場で「最低賃金の制度改善」を要求するデモを行った。

記事を読む

中国「日本政府よ、自国メディアを教育し制限しろ」産経排除への抗議に反発

中国外務省の華春瑩・副報道局長は30日の記者会見で、秋葉剛男外務事務次官が王毅国務委員兼外相と会談した際、中国側が産経新聞の代表取材を認めなかったことに日本政府が抗議したのを受け、「理不尽な抗議で受け入れられない」と反発した。

記事を読む

【中央日報】今韓国で、日本就職が大ブーム!「人生のリセット」狙う…学閥資格ではなく、可能性を重視

韓国では国内就職市場が冷え込む中、海外就職ブームが熱い。中でも日本への就職が脚光を浴びている。人口絶壁で史上最高の求人難に直面している日本企業が海外から人手を探しているためだ。実際、昨年韓国産業人材公団があっ旋した海外就業者5118人のうち、日本で職場を探す人が1427人で最も多く、米国(1079人)・シンガポール(505人)・オーストラリア(385人)を抜いた。

記事を読む

【報ステ】日中で電気自動車のプラグの形状を統一するニュースをノリノリで報道www

日中で電気自動車の急速充電器のプラグの形状を統一するニュースを、報ステがノリノリで10分近く特集。後藤謙次氏も「世界標準を作って市場を支配する戦略」と、この動きを推す。

記事を読む

NHK「アメリカの有力紙によると~」皆様の受信料でコピペ報道 独自取材一切なし

アメリカの有力紙は、日本と北朝鮮の当局者がことし7月にベトナムで極秘に会談し、拉致問題をめぐり協議したとみられると伝えました。 一方、記事では、アメリカ政府高官が、日本側から事前の連絡がなかったことに不快感を示しているとも伝えています。アメリカの有力紙、ワシントン・ポストの電子版は28日、関係者の話として、ことし7月に日本と北朝鮮の当局者がベトナムで極秘に会談していたと伝えました。

記事を読む

深田恭子主演のNHKアイヌのドラマ にパヨ界隈が苦言「ブラックフェイスかよ」

北海道ロケ取材会に松本 潤&深田恭子が登場! 北海道150年記念ドラマ「永遠のニㇱパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」【会見】 2019年春[総合]北海道で先行放送のあと、全国放送(73分)

記事を読む

【毎日新聞】安倍首相の手腕、100点中何点? 香山リカ →???

自民党総裁選は、安倍晋三首相の26日の出馬表明を受け、6年ぶりの選挙戦になることが決まった。2012年に石破茂元幹事長に勝利し、 無投票だった15年をまたいで5年8カ月の長期政権を築いた安倍首相を識者らはどう評価するのか。総裁選を前に、その手腕を採点してもらった。

記事を読む

【朝日新聞】アベは石破氏との論戦から逃げるな!モリカケ問題に正面から向き合え!

告示まで10日余りというタイミングで、ようやく安倍首相が自民党総裁選への立候補を表明した。ただし、5年8カ月に及ぶ政権運営をどう総括し、新たな3年の任期にどう臨むのか、具体的な政策の発表は先送りされた。拍子抜けである。 半月前に意思表示した石破茂・元幹事長は、その後、憲法、地方創生など、テーマごとに長時間の記者会見を開くなど、発信を強めている。

記事を読む

これにはパヨクも激怒www 報ステ 新プロデューサー「今の報ステのイメージは偏差値70くらい。偏差値50の庶民が見た時に理解できない」

桐永洋・新チーフプロデューサーは所信表明で「(今の報ステの)イメージは偏差値70くらい。東大は入れるんじゃないかという感じ。偏差値50の庶民が見た時に理解できないからチャンネル変えちゃおうとなっちゃってる」(週刊文春)

記事を読む

文在寅大統領、韓国最大の新聞に「無能」と断言される 強引な最低賃金引き上げで雇用崩壊・所得二極化

雇用の伸びが7月に5000人にまで減少したのに続き、所得分配も過去10年で最悪の状況となった。雇用情勢の悪化に続く「二極化ショック」だ。 4-6月に所得上位20%の所得が10.3%増加したのに対し、下位20%の所得は7.6%減少。中でも最低賃金との関連が大きい勤労所得は15.9%も減少した。その結果、所得分配倍率は5.23で、4-6月期としては2008年以降で最悪を記録した。

記事を読む

【朝鮮日報】韓国に技術移転しない米国、日本と新型ステルス機を共同開発へ

米国が、北朝鮮との非核化交渉を理由に韓米合同演習を全面中断する状況の中、米日同盟を強化する動きを相次いで示している。防衛省は、米国の世界最強のステルス戦闘機F22を日本の技術で改良し、次世代ステルス戦闘機として運用する案について検討に着手したという。日本経済新聞が23日付で伝えた。

記事を読む

文科省汚職で「立憲民主党・吉田統彦の関与疑惑」をマスコミがスルーする理由 「反安倍」なら追求せず!?

 安倍首相のスキャンダルは徹底的に叩く一方で、野党議員の疑惑はスルーするという、マスコミ各社のあからさまな偏向報道を批判する声が高まっている。実は日本のマスコミは終戦後、GHQから「中立公正」よりも「悪との戦い」を旗印にせよと刷り込まれて誕生した。この歴史をひもとけば、なぜマスコミ各社が執拗に「反安倍」に偏るのかが見えてくる。

記事を読む