Category: メディア

11

【ぱよちん界隈激怒w】毎日新聞取締役 小川一「韓国では、大統領が代わるたびに前の大統領が刑事訴追されたり自殺したりを繰り返しています。これでは成熟した社会とは言えません。」

民主化してまだ日が浅い韓国社会の脆弱さのひとつは、司法がポピュリズムに流されやすいことです。韓国では、大統領が代わるたびに前の大統領が刑事訴追されたり自殺したりを繰り返しています。これでは成熟した社会とは言えません。

4

朝日新聞 「韓国は法の上に『国民情緒法』がある。世論の支持を得るために徴用工問題が巻き込まれた」

韓国の最高裁判決は、国と国との約束である請求権協定を覆してでも、元徴用工に賠償するべきだと指摘した。請求権問題の解決は、1965年の国交正常化の前提であり、判決は日本の政府や企業にとって受け入れられないものだ。

3

日本一流新聞「中国との裁判では和解している。日本企業と政府は誠実に向き合え!逃げるな」

 一九六五年の日韓基本条約に向けた交渉で、当時の韓国軍事政権と日本政府が植民地時代の朝鮮(韓国)人被害者による個人補償の請求権を黙殺していたことが、日韓条約文書の一部公開によって明確になったことから、韓国内では日韓両政府の責任を追及する声が噴き出しています。 

2

【東京新聞】朝鮮学校の卒業生側、二審も敗訴→ 佐藤圭記者「またも不当判決。官製ヘイトを司法が追認。」

朝鮮学校を高校無償化の対象から外したのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校高級部の卒業生61人が国に計610万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は30日、請求を退けた一審判決を支持し、原告の控訴を棄却した。卒業生側は最高裁に上告する方針。

2

【中央日報】韓国政府「歴史・未来ツートラック」慎重…日本がICJ提訴すれば外交的負担に

韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が30日、大法院(最高裁に相当)強制徴用判決をめぐり関係部署長官会議を招集した後に出した公式立場には政府の負担と苦心がにじみ出ていた。「強制徴用被害者の傷がはやく最大限癒やされるよう努力する」としながら「政府は韓日両国の関係を未来志向的に発展させていくことを希望する」と併せて明らかにした。

6

朝日新聞 社説「韓国政府は事態悪化を防げ。日本政府は多くの人々に暴力的な動員や過酷な労働を強いた史実を認めることに及び腰であってはならない。」

植民地支配の過去を抱えながらも、日本と韓国は経済協力を含め多くの友好を育んできた。だが、そんな関係の根幹を揺るがしかねない判決を、韓国大法院(最高裁)が出した。戦時中、日本に動員された元徴用工4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟で、1人あたり約1千万円を支払うよう命じた控訴審判決が確定した。

4

中央日報「徴用工問題、1年前の事案も忘れる韓国政府が長期戦に備えた戦略を持っているのか心配だ。長く執拗な外交戦が今始まろうとしているにもかかわらず、だ。」

今月18日。オードレ・アズレ国連教育科学文化機関(ユネスコ)事務局長と会談した安倍晋三首相は「ユネスコの非政治化」に対して謝意を表した。ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)審査過程を日本の意に沿うよう変更することについて「非政治化のための改革」と言って励ましたのだ。

2

【中央日報】韓国タレントのカン・ハンナ、日本の番組で妄言「韓国芸能人100人のうち99人は整形」

韓国の元キャスターで現在日本で活動しているタレントのカン・ハンナが、日本の番組で韓国芸能人の整形に言及して物議をかもしている。

カン・ハンナは今月27日に放送された読売テレビの『特盛!よしもと』に出演し、「(韓国は)整形するのは当たり前の国」とし、一般の人々の間でも整形が盛んだと明かした。

7

【朝日新聞 社説】外国人労働者「人」として受け入れよう

深刻な人手不足に対処するため、外国人を労働者として広く受け入れる出入国管理法改正案が、この国会に提出される。社会を大きく変える可能性をはらみ、日々の暮らしや人権にも密接にかかわる法案だ。丁寧で広範な議論が欠かせない。ところが政府は、是が非でも会期中に成立させ、来年4月から運用を始めるとしている。あまりに性急ではないか。法案の中身も生煮えの感が強く、疑問は尽きない。制定ありきで突き進むようなことをすれば、将来に禍根を残す。

1

【朝鮮日報】「米の官僚ら、表向きは文大統領支持でも内心は怒り」米国の韓半島専門家から懸念の声相次ぐ

米国の韓半島(朝鮮半島)専門家らが、「対北朝鮮制裁の緩和と南北経済協力の推進」をめぐる韓米の考えの違いが深刻なレベルにあると繰り返し警告している。専門家らは米政権の官僚らの話を引用し、韓国の「前のめり」の姿勢に対する米政権内部の「反感」が、韓国が感じているレベルよりはるかに強いと指摘した。

1

【産経】朝鮮総連系企業が北にレアアース抽出核技術移転か? 法整備の問題で実態解明・追及は困難

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の貿易会社が、北朝鮮側と合弁会社を立ち上げ、レアアース(希土類)の抽出技術を北朝鮮に移転した疑いがあることがわかった。希土類の採掘、処理の過程で天然ウランの抽出も可能で、実質的に核開発の基本技術が日本から持ち出された形だ。

2

韓国陸軍元准将が実名で告発「北朝鮮は核を手放さない」米韓も把握不能の「ウラニウム施設」問題

長く緊張状態にあった韓国と北朝鮮の関係が、融和に向かっている。9月19日の南北首脳会談後には、韓国の文在寅大統領が「非核化達成に向けた道筋で合意した」と語った。だが、安堵するのは、まだ早いらしいその理由を韓国陸軍の元准将が語った。

アクセスランキング