メディア一覧

【内ゲバ】反戦映画「沖縄うりずんの雨」が上映差し止めに 琉球朝日放送の映像を無許可で使用

QABが所有する映像が、無許可でドキュメンタリー映画に使用されたのは著作権の侵害に当たると訴えていた裁判で、知的財産高等裁判所は、上映差し止めなどを命じた1審判決を支持し、被告の制作会社の控訴を棄却しました。 この裁判は、沖縄国際大学のヘリ墜落事故を取材したQABの映像が映画「沖縄うりずんの雨」に無断で使用されたことが著作権の侵害に当たるとして、QABが東京の制作会社シグロを訴えていたものです。

記事を読む

【中央日報】「時速4キロ」“亀”速度の台風19号、韓国ではなく日米気象庁の予報が的中

「歴代最大の被害」が懸念され、韓国を非常状態に陥れている台風19号が予想とは違って済州(チェジュ)の海上を亀の速度でゆっくりと北上している。23日午後1時基準で、台風19号は済州道西帰浦(ソギポ)の西90キロメートル付近の海上を時速4キロメートルで進んでいる。秒速1.1メートルで、人の早歩きとほぼ同じ速度だ。

記事を読む

【用日】中央日報「日中は通貨スワップ再開するが…韓日は?」【逃げろー】

日中両国の政府が中央銀行間の通貨スワップ協定再開について協議中で、規模は約3兆円で調整していると、日本の共同通信が21日報じた。両国は2002年から2013年まで約30億ドル規模の通貨スワップを維持していた。今回新たに協議する通貨スワップ規模は従来の10倍。 通貨スワップを締結すれば、有事の際にあらかじめ決めておいた為替レートで日本円と人民元を交換できる。

記事を読む

朝日新聞公式「甲子園の『判官びいき』、度が過ぎてはいないか」⇒wwwwwww

準々決勝でサヨナラ負けを喫した近江(滋賀)の多賀監督のコメントに接して、胸が痛くなった。「相手を応援する球場の雰囲気にものみ込まれた」。劣勢のチームを観衆が後押しする「判官びいき」は、甲子園の常だ。しかし近年、少々度が過ぎてはいないか。

記事を読む

琉球新報 社説「辺野古承認撤回で政府が沖縄県に損害賠償請求するのは恫喝だ。請求したいのは、むしろ、沖縄の方だ」

損害賠償をちらつかせながら県に翻意を迫る。恫喝(どうかつ)以外の何物でもない。 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画を巡り、県が埋め立て承認を撤回した場合、1日当たり約2千万円の損害が発生するとの見積もりを政府がまとめた。撤回に関する訴訟で政府が勝てば、県への損害賠償請求を検討する構えだ。累計で数億円に達する可能性があるという。

記事を読む

【韓国蚊帳の外】中央日報「日中間の通貨スワップ、今までの10倍規模の3兆円規模で再開を調整」

日中両国の政府が中央銀行間の通貨スワップ協定再開について協議中で、規模は約3兆円で調整していると、日本の共同通信が21日報じた。両国は2002年から2013年まで約30億ドル規模の通貨スワップを維持していた。今回新たに協議する通貨スワップ規模は従来の10倍。

記事を読む

【日テレ】スッキリ『LGBT』に関する、皆さんのご意見を募集しています。

#スッキリ では「LGBT」に関する、皆さんのご意見を募集しています。今の日本のどんな場面で生きづらさを感じているのか…。理解はどこまで広がっているのか…。 ツイッターでは、#スッキリLGBT とつけて。番組HPは「ご意見・ご感想募集の欄」からお願いします。 番組内で紹介させていただきます。  

記事を読む

【ハンギョレ新聞www】 応援するときに使う「ファイティン」は軍国主義日本残滓、スポーツにはふさわしくない

「私たちはどこでも「ファイティング(Fighting)」と叫ぶが、それは日本軍国主義時代の残滓です。戦おうという日本式英語「ファイト」からきた言葉なのでスポーツに似合いません。」去る19日、2018ジャカルタ・パレンバン・アジア大会参観のためにインドネシアを訪れたチョ・ジェギ国民体育振興公団理事長は国内取材陣と会ってしばらくこの様な趣旨の話を熱弁した。

記事を読む

【神奈川新聞】ヘイト規制条例「早期制定を」 県有識者会議で意見相次ぐ

県の人権施策のあり方を議論する有識者会議「かながわ人権政策推進懇話会」が20日、横浜市内で開かれ、ヘイトスピーチ対策を巡って意見を交わした。ヘイトスピーチ根絶に向け、県独自の対策の実施を打ち出した黒岩祐治知事の要請を受けたもの。委員からは、事前キャンプや競技会場になっている2020年の東京五輪も見据えた緊急課題として規制条例の早期制定を求める声が相次いだ。

記事を読む

【素粒子】朝日新聞「報道は権力の敵ではあっても、国民の敵ではない。だからこそ権力は報道と国民の対立をあおる」

素粒子 2018年8月18日16時30分報道は「権力の敵」ではあっても、「国民の敵」ではない。だからこそ、権力は報道と国民の対立をあおる。国民の知る権利を嫌うがために。

記事を読む

琉球新報「歴史修正主義に警戒を。政治的思惑ないか見極めよう。恐竜のように滅びてしまわないように」

小学生の頃は恐竜が好きだった。 暇があれば恐竜図鑑ばかり眺めていた。 先日、沖縄美ら島財団と琉球新報社主催の「ティラノサウルス展」に足を運び、久しぶりに巨大生物の世界に思いをはせた

記事を読む

【中央日報】韓日漁業交渉の妥結が失敗、3年間難航…韓国政府「日本に交渉への参加促す」

韓国海洋水産部は2018年漁期韓日漁業交渉妥結のために日本側と協議したが、考え方の溝が埋まらず、今月初めに予定された韓日漁業共同委員会が開かれなかったと16日、発表した。韓日漁業交渉は、局長級小委員会で操業条件などに両国が合意すれば、漁業共同委員会を開いて採択する方法で妥結に至る。

記事を読む

NO IMAGE

【朝鮮日報/社説】韓国経済、サムスン除けば大幅減益という現実 サムスン電子1社にどれだけ依存しているか

韓国有価証券市場(メーンボードに相当)に上場する12月決算企業536社の今年上半期の営業利益は前年同期比8.6%増、純利益は1.3%増だった。しかし、サムスン電子を除くと、営業利益は0.2%の伸びにとどまり、純利益は7.3%の減少だった。韓国企業の業績は事実上後退したことになる。

記事を読む

朝日新聞、報道の自由の危機を憂う「メディアは沈黙してはいけない。国民に知る権利を!」

 社会の中に「敵」をつくり、自分の支持層の歓心をかう。そんな分断の政治が招く破局は、世界史にしばしば現れる。 近年、各地で政治による敵視が目立つのはメディアである。とりわけ民主主義の旗手を自任してきた米国の大統領が、「国民の敵」と公言した。 明確にしておく。言論の自由は民主主義の基盤である。政権に都合の悪いことも含めて情報を集め、報じるメディアは民主社会を支える必須の存在だ。

記事を読む

【国民の敵】報ステが早速フェイクニュースwwwトランプ大統領の演説の字幕を意図的に誤訳か? 

トランプ大統領の音声「I call the fake news “the enemy of the people”」大統領が国民の敵と呼んだのは『メディア』ではなく『フェイクニュース』です。報ステのスタッフの意図的な誤訳でしょう。こんなだからフェイクニュースと言われるのです。

記事を読む