メディア一覧

【朝鮮日報】留学生にそっぽ向かれるソウル大…説明会ブースにはハエだけ

4月21日、日本の東京大学で行われた「Go Global 東大留学フェア」の会場には、韓国のアイドルグループが歌うK-POPが流れていた。ソウル大は、留学に関心のある東大生を誘致するために職員を派遣し、相談ブースを設置した。イベントでは中国の北京大、香港大、英国のウォーリック大、ドイツ学術交流会(DAAD)など、世界20か国・地域の有名大学や機関と競争する格好だった。

記事を読む

【朝日新聞世論調査】自民党に対抗する勢力として、いまの野党に期待できますか?「できない」80%

世論調査―質問と回答〈8月4、5日実施〉 2018年8月6日21時39分 ◆あなたは、いま、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。  自民党 36(34)  立憲民主党 6(8)  国民民主党 1(1)

記事を読む

【朝日新聞】日本史学者「”歴史に学ぶ”という考え方は危険。物語を求めるならワンピースやスラムダンクでも読んでろ」

「本能寺の変」や「関ケ原の戦い」などを巡り、世にはびこる様々な陰謀論や俗説を、専門家の視点から“ガチ検証”した『陰謀の日本中世史』(角川新書)が11万部のベストセラーになっている。著者で日本史学者の呉座勇一さんは「歴史『を』ではなく、歴史『に』学ぶのは危険」と訴えます。

記事を読む

【東京新聞】 原爆忌に考える「韓国のヒロシマ」から 広島で三万五千人、長崎では一万五千人の朝鮮半島出身者があの原爆の犠牲になりました

 広島、長崎、そして韓国の原爆資料館。被爆者の命の証しに触れる場所。伝えたい言葉はきっと同じです。「過ちを二度と繰り返してはなりません」-。

記事を読む

【悲報】NYタイムズ編集委員の韓国系女性、ヤバ過ぎるヘイトツイートが発覚してしまう

ニューヨーク・タイムス(以下NYT)の編集委員に任命されたサラ・テョン(韓国系)が過去に白人絶滅を願うツイートしていたことが発覚し、大炎上しています。驚くことにNYTは彼女が過去にこうした発言をしていたことを知りながら採用し、非難が殺到した後も擁護する姿勢を貫いています。

記事を読む

【悲報】NHKさん、とんでもない皮肉をかましてしまう… (画像)

【 #済美 #愛媛 - #中央学院 #西千葉 】 3回表 #済美 は芦谷選手のタイムリーヒットで同点です。 3回表終了 #済美 2-2 #中央学院

記事を読む

【朝鮮日報】日本の自営業にあって韓国にはない「天下一」精神

46年間にわたりラーメンを作り続けた主人の足の調子が悪くなり、厨房に立ち続けることができず、閉店を決めたのだ。閉店当日には全国からラーメンファンが押し寄せた。数百人が店の前に並んだ。夕方を迎える前に400杯を完売した。主人が店を閉めようと出てきた。

記事を読む

【自民党】石破氏「よくない改憲いらない」安倍首相案を批判

自民党の石破茂元幹事長は2日のインタビューで、自衛隊明記に関する安倍晋三首相の憲法改正方針を厳しく批判した。9月の総裁選で論争になりそうだ。【

記事を読む

【中央日報社説】暗鬱な韓国経済、安易な政府~今後の見通しは非常に暗い

統計庁が昨日発表した「6月の産業活動動向」によると、設備投資は前月比5.9%減少した。今年3月から4カ月連続の減少となった。設備投資が4カ月連続で減少したのは2000年以来18年ぶりだ。

記事を読む

安倍政権が憎すぎてナチスと同一視し悪魔化する朝日新聞 

日本政府の官僚はユダヤ人虐殺を実行したナチスの官僚や親衛隊と同じなのか?  いまの日本は、ナチス・ドイツのようになる危機が深まっているのか?──朝日新聞(7月29日付朝刊)の長文の社説を読んで、こんな疑問を感じさせられた。

記事を読む

ドイツに実質亡命中の辛淑玉さんが訪日しニュース女子と長谷川幸洋氏を提訴「人間の尊厳取り戻す」

沖縄の米軍基地反対運動をとりあげた情報番組「ニュース女子」で、名誉を傷つけられたとして、市民団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉さんが7月31日、制作会社のDHCテレビジョンと司会者だった長谷川幸洋さん(当時・東京新聞論説副主幹)を相手取り、損害賠償1100万円、ネットからの番組削除、謝罪広告をもとめて、東京地裁に提訴した。

記事を読む

【パヨク悲報】『報道ステーション』の健全化にパヨク激怒 パヨク「報ステはもう見ない!」

最近、『報道ステーション』(テレビ朝日)がヘンだ──。そんな声が視聴者の間で巻き起こっている。『報ステ』といえば、忖度体質が支配するテレビ報道のなかで、安倍政権をきちんと批判ができる数少ない番組として支持を受けてきた番組。

記事を読む

【ゲンダイ】ネトウヨから攻撃される大手新聞。まさにメディアはいま未曽有の危機に立ち往生している。

ネトウヨからの攻撃と権力への「忖度」、そして部数減に悩む大手新聞。まさにメディアはいま未曽有の危機に立ち往生している。

記事を読む

朝日新聞「枝野氏の3時間演説がアマゾン1位になりました!!!」

立憲民主党の枝野幸男代表が7月20日の衆院本会議で行った2時間43分に及ぶ内閣不信任決議案の趣旨説明が本になり、扶桑社から出版される。ネット販売大手のアマゾンでは一時、本の予約で1位に。立憲の福山哲郎幹事長は30日の定例会見で「国民に知って頂く機会になる」とアピールした。

記事を読む

沖縄タイムス「私たちは乱発される政府のウソに慣れ過ぎてはいないか?」

[大弦小弦]「ウソはいけない」と子どもを諭しながら、人は世渡りに「ウソはいけない」と子どもを諭しながら、人は世渡りに必要なウソをつく。みだりにつかないようにと、自らを戒めながら日々を過ごす

記事を読む