Category: 東亜日報

8

【東亞日報】大韓民国臨時政府はなぜ国際社会から承認を得られなかったのか…

この本によると、臨時政府承認のカギは連合国が握っており、その中でも米国が重要だった。米国は、国際共同管理下の軍政を経た後、韓国を独立させる計画だったので、臨時政府承認の実益がなかった。米国と英国は、フランスでも軍政を構想していたほどだった。
2

【ムン悲報】元国務省関係者「米政府が韓国に仲裁者を要請したことはない」

ハノイでの米朝首脳会談の決裂後、韓国政府が米朝間の「仲裁者」に代わって「促進者」という概念を本格的に使っているが、トランプ米政権は当初から韓国側に「仲裁」役を担ってほしいと表現したことはないという主張がワシントンから出た。
12

東亜日報「日本は鳩山由紀夫元総理の主張を聞け 。彼の心が、まさに現時点で韓日関係に最も必要な徳性」

1460年頃、日本の地方領主「大名」らは天下をとるために毎日のように戦った。武士政権「幕府」は解決のために喧嘩両成敗法を作った。原因の善し悪しを分けず、戦えば両方どちらにも同じように罰を与えるという意味だ。この法は江戸時代(1603~1867年)に慣習法に変わり近代に消えた。常識的に理解し難い法だが約400年間維持された。「法を作れば必ず守らなければならない」という日本文化の断面を見せる。
【東亞日報】相次ぐ徴用工賠償判決に「韓国資産の差し押さえ」を検討する日本の「居直り」 1

【東亞日報】相次ぐ徴用工賠償判決に「韓国資産の差し押さえ」を検討する日本の「居直り」

日本政府が、元徴用工らへの賠償命令を受けた日本企業の韓国内の資産が差し押さえられた場合、日本国内の韓国側の資産を差し押さえる対抗措置の検討に入ったという。河野太郎外相は30日、「そのような事態になる前にきちんと是正されることを期待したい」と韓国政府に対応を求めた。
アクセスランキング