週刊誌一覧

【週刊朝日】最近、ありもしない陰謀論をうたい、攻撃的な発言をする集団が目立つ 例えば、ヘイトスピーチ

社会を震撼させたオウム真理教事件。一連の事件を指示したとされる元教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら教団元幹部7人の死刑が執行され、真相は闇に葬られた。オウム真理教とはいったい何だったのか──。

記事を読む

【週刊朝日】ヘイトスピーチの根底に、自分の不遇を責任転嫁するオウムと同じものが流れている

「オウムは、社会に人生の希望や理想を見いだせなくなった時代に出てきた。信徒たちが抱いたような虚無感は一般の人々にもある。人生について真面目に考えている人ほど、オウムのようなものに魅了される」

記事を読む

【週刊ポスト】朝日新聞が信頼度最下位に陥ったのは安倍と麻生の印象操作のせい

〈朝日新聞の信頼度は日本の有力紙の中で最下位〉という衝撃的な調査が発表された。 英国オックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所が毎年行なっている国際的なメディア調査レポートの最新版によると

記事を読む

参院議員会館で大麻栽培の可能性、AERA記者(朝日)の通報で現場は一時騒然

日本では無許可の栽培や所持などが法律で禁止されている大麻が、国会議員の事務所などが入る参院議員会館(東京都千代田区永田町)の敷地内で発見された。

記事を読む

【ゲル速報】中村愛媛県知事、石破茂さんとは昵懇(じっこん)

まるで倒閣運動! 「中村時広」愛媛県知事“血気盛ん”のホンネ

記事を読む

【週刊朝日】室井佑月「いいの? 米国>安倍>天皇陛下」

 愛媛県側は柳瀬さんの名刺を持っていた。中村時広知事も国会で説明してもいいといっている。あとは、柳瀬さんがほんとのことをいえばいいだけ。隠してる記録文書を出せばいいだけ。与党側は、野党側が求める中村知事の国会招致も認めず、こう来ましたか!

記事を読む

【週刊文春】有田芳生のお友達 文藝春秋社長 松井清人がクビwwwwwwww

文芸春秋は30日、役員会を開き、中部嘉人常務(58)を社長に、古田維常務(63)を専務にそれぞれ昇格させる人事を内定した。松井清人社長(67)は退任。6月21日の株主総会と取締役会に諮る。今回の役員人事を巡っては、松井社長による当初案に内部で反発の声が上がっていた。

記事を読む

【週刊文春】ヨガスタジオ経営者「私は元AV女優ではなく元グラビアです。文春の記事はセクハラです」文春に訂正と謝罪を要求

もうすでにご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、 明日発売の週刊文春で、林文科相が白昼通う個室ヨガとして報道されるヨガスタジオが私、庄司ゆうこが経営をするポジティブスターヨガであると、一部ネットなどで掲載が御座います。 記事の内容はあたかもいかがわしい内容を想像させるもので事実とはまったく違うため断固否定をさせて頂きます。また、わたくし庄司ゆうこは元AV女優ではなく、元グラビアです。 このような過去の経歴や軽率な記事の掲載により、間違った想像をかきたてる 週刊文春の記事はセクハラであり、職業差別と感じます。 訂正と、謝罪を求めたいと思います。 .

記事を読む

【それはいくらなんでもご容赦ください】太田理財局長の私服姿www www www www

自宅にフン投げ込み?財務省太田理財局長のトンだ受難  週刊新潮(2018-04-26), 頁:14

記事を読む

倉持弁護士元妻が手記「山尾志桜里さん、夫と息子を返して」「私がいちばん深く傷ついたのが、山尾さんが私たち夫婦の寝室にまで上がり込んでいたことでした」

昨年「週刊文春」9月7日発売号が報じた山尾志桜里衆院議員(43)と倉持麟太郎弁護士(35)のW不倫疑惑。 この不倫疑惑が原因で、昨年11月末に倉持夫妻は離婚。 夫妻は2015年4月に結婚し、同年に長男が誕生していた。

記事を読む

室井佑月「軽い気持ちで安倍政権を持ち上げたマスコミが、責任をもって引導を渡すべき」

3月10日付の毎日新聞(電子版)によると、「安倍晋三首相は10日、学校法人『森友学園』への国有地売却に関する決裁文書が書き換えられたとされる疑惑について、『財務省において(大阪地検の)捜査に全面的に協力をする一方、文書の有無を明らかにするために全力を挙げなければならない』と述べた」。

記事を読む

菅野完の性暴力裁判 被害者「心からの反省の言葉が得られないことでより傷つきます」セカンドレイプの問題は未解決

『日本会議の研究』著者の菅野完氏が初対面の女性に性的暴行を働いた事件について、東京高裁(阿部潤裁判長)は2月8日、同氏に慰謝料100万円を含む損害賠償110万円の支払いを命じた一審の東京地裁判決を支持し、同氏側の控訴を棄却した。

記事を読む

【週刊朝日】北原みのり「目が覚めるようなネトウヨ 私がネトウヨ国で息を潜めて暮らしているような気持ちだ」

最近、本屋に入るたび、ケント・ギルバート氏に出会う。ベストセラーコーナーには大抵、ケント氏の本が存在感たっぷりに並べられ、力を見せつけられているような気持ちになる。45万部突破!と宣伝されているケント氏の本を、ぱらぱらとめくってみた。日本人は凄い、日本人は特別だ、ということが言葉を換えて様々に書かれているが、例えばそれは、日本人はまず他人のことを考える美徳があるから、韓国や中国よりもノーベル賞を受賞しているんですとか……で、目が覚めるようなネトウヨ本だ。

記事を読む

【週刊文春】朝鮮労働党幹部が独占告白「戦争の準備はできている」

9月15日に弾道ミサイルを北海道上空に向けて発射、約3700キロの距離を飛ばして以来、不気味な沈黙を守っている北朝鮮。アメリカのトランプ大統領が日本をはじめ、アジア各国を歴訪し、核開発をやめない北朝鮮に対して強硬な姿勢を示すなか、北朝鮮の沈黙は何を意味するのか。

記事を読む

【週刊朝日】室井佑月「安倍首相の演説、司会は北朝鮮のアナウンサーのよう。日の丸持った支持者たちは大声援。怖いと思ったのは私だけか?」

この原稿を書いている今日は、衆議院選挙の投票日。大型台風が近づいていて、全国的に雨降りのところが多いみたいだ。そうテレビの天気予報でいっていた。 あたしは1週間前に期日前投票済みで、今は四国の愛媛にいる。こっちも雨や風が酷(ひど)く、JRが止まってしまうぐらいだ。買い物に出かけたら傘がひっくり返って、びしょ濡れになってしまったよ。

記事を読む