Category: 軍事

20

岩屋防衛相「文大統領は一時期の発言に比べると非常にモデレイト(穏やか)された形になってきている」

岩屋毅防衛相は15日の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による「光復節」の演説について「一時期の発言に比べると非常にモデレイト(穏やか)された形になってきている」と述べた。その上で「北朝鮮のミサイル問題をはじめ日韓や日米韓の防衛協力が重要なときに差し掛かってきている。連携すべき事柄についてはしっかり連携したい」と強調した。
7

【おまいう】中国メディア「増え続ける日本の『防衛費』、日本は『戦争の準備』をしているのか」

防衛省は2020年度予算の概算要求で、5兆3000億円超を計上する方針を固めたという。防衛費は7年連続で増額しており、来年度は過去最大額となる。 中国メディアの今日頭条は9日、「安倍首相は5.3兆円かけて戦争の準備をしている」と主張する記事を掲載した。
4

【悲報】文大統領、北朝鮮のミサイル発射を完全スルー

黄教安自由韓国党代表が北朝鮮のミサイル発射を糾弾し、ムン・ジェイン政府を批判した。 黄代表は10日、北朝鮮が短距離弾道ミサイルと推定される発射体2発を再び東海に発射したことについて、「総体的に安全保障が崩壊状況の中、ムン・ジェイン大統領の立場表明と対国民謝罪を要求する」と述べた。
3

【政府】2019年防衛白書、韓国の順位 2番目から4番目へ重要度「格下げ」

 政府の2019年版防衛白書の原案が9日、判明した。同盟国・米国を除く各国との協力や交流実績を記載する「安全保障協力」の章で重要度を示すとされる記述順を変更。韓国について18年版はオーストラリアに続く2番手だったが、今回は4番手と位置付けている。防衛省筋は「事実上の格下げを意味する」と明言。安保分野でも、韓国との対立を巡る日本の立場を鮮明にした格好だ。
11

【悲報】 韓国、米の意向でGSOMIA破棄には慎重か 

日韓両国の安全保障上の機密情報を共有・保護するための協定=「GSOMIA」は、2016年に締結されて以降、1年ごとに延長されていますが、どちらかが毎年8月24日までに通告すれば破棄できることになっています。
12

米国人ジャーナリスト「韓国の集団ヒステリーの反日が韓米同盟を脅かす」

韓国の反日感情が集団ヒステリーレベルに近づいている。ムン・ジェイン大統領はこの事態を共同の名目の中に韓国の異質な政治勢力を引き込む凝集力と見ている。別の歴史的な敵との対決が新聞のトップ記事を飾る状況で、どうして韓国の右派は北朝鮮に対する強硬路線を要求し、太極旗と星条旗をふることができるだろうか?
8

北朝鮮が連日、文在寅に指示「韓日軍事保護協定は売国協定」「破棄闘争に乗り出せ」

北朝鮮の複数のメディアが連日「韓日軍事保護協定(GSOMIA)」を非難し、破棄を主張している。韓国向け宣伝メディア「わが民族同士」は31日、GSOMIAについて「親日・売国集団である朴槿恵(パク・クンヘ)逆賊集団が安倍集団の脅迫によって締結した『第二の乙支勒約(ろくやく)』であり屈辱の産物」などと主張した。
アクセスランキング