Category: 軍事

2

【負担金交渉】元在韓米軍司令官「数ドルのために同盟を放棄してはならない」

ソン・ミンスン元長官「在韓米軍の撤退、核武装論につながる恐れも」  テョン・ウンボ分担金交渉大使「米国と引き続き隔たり埋めなければならない状況」 ウォルター・シャープ元在韓米軍司令官は5日(現地時間)、韓米防衛費分担金交渉と関連して「数ドルのために同盟を放棄してはならないと固く信じている」と述べた。
4

【北朝鮮非核化】トランプ大統領、ロケットマン(金正恩)のニックネーム復活 「必要があれば軍事力の行使も辞さない」

トランプ米大統領は3日、非核化交渉が停滞している北朝鮮との関係について、「必要があれば軍事力の行使も辞さない」と述べた。 相次いでミサイルを発射する北朝鮮に対するいら立ちを示したものとみられる。 ロンドンで行われた北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長との会談冒頭で記者団に語った。
5

日本政府、馬毛島を160億円で売買契約 米軍訓練地や自衛隊の防衛拠点として使用

米軍空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の実施候補地の馬毛島(鹿児島県西之表市)について、政府と地権者側が29日、約160億円の売買契約を結んだことが、複数の政府関係者らへの取材で分かった。 FCLPを実施するほか、自衛隊施設も整備し、中国の海洋進出を念頭に置いた南西防衛の拠点とする方針。
1

【韓国政府筋】北朝鮮「超大型放射砲」発射 日本は弾道ミサイルと判断 日本と情報共有行わず

北朝鮮が28日に「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」の連続発射実験を行ったことに関連し、29日午前までに韓国と日本の間で軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基づく情報共有が行われていないことが分かった。韓国政府の消息筋が伝えた。
5

【速報】北朝鮮がミサイル発射!!

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が飛しょう体を発射したことを明らかにしました。韓国軍はアメリカ軍とともに詳しい情報の収集や分析を急いでいます。北朝鮮の飛しょう体発射は、韓国政府が今月22日に日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの維持を決めて以降、今回がはじめてです。
8

日本「韓国、ホワイト国復帰に数年かかる」→韓国政府「長くは待てない」と警告

韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の条件付き延長決定をめぐる両国間の感情的な争いが続いている。 GSOMIA延長をきっかけに韓国に対する日本の輸出規制が緩和されるという韓国政府の発表とは違い、日本はこれに否定的な立場を表している。
アクセスランキング