Category: 韓国軍

2

香港紙「南シナ海に軍艦派遣、米国の要請を韓国が拒絶」⇒韓国国防部「そんな要請はない」

国際的に領有権を巡る争いがある南シナ海に韓国の軍艦を派遣してほしいと米国が要請したのに対し、韓国政府がこれを拒絶したという。香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」(SCMP)が25日に報じた。中国が南シナ海で軍事活動の範囲を拡大して海上覇権の追及を露骨にし、米国がけん制に乗り出すことで、米中対立は新たな局面に差し掛かっている。
5

【お笑い韓国軍】「道端でK2小銃を拾った」仁川で起きた驚きの出来事にネットも唖然

午前11時30分ごろ、警察にある住民から「仁川富平区の道端でK2小銃を拾った」との通報があった。警察は機動打撃隊や保安課職員らと共に現場に駆け付け、住民から銃を回収した。確認の結果、銃はある一等兵が訓練後、車で移動中に落としたものだった。
11

【真の戦争犯罪】ライダイハンのトラン・ダイ・ナットさんら文在寅大統領にDNA型鑑定と謝罪求める

ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士が現地の女性を性的暴行などして生まれた「ライダイハン」と呼ばれる混血児たちが韓国の文在寅大統領に国連人権委員会の調査と親子関係を確定するDNA型鑑定に応じ、公式謝罪を求める公開書簡を出した。
22

【なにわろてんねん】日韓防衛相が非公式会談。岩屋防衛相「未来志向の関係を作るために、1歩前に踏み出したい」

シンガポールを訪れている岩屋防衛相は、6月1日、韓国の鄭景斗(テョン・ギョンドゥ)国防相と非公式の会談に臨んだ。 岩屋防衛相は、「両国の間で生じた、さまざまな課題をいかに克服していくかということについて、率直な意見交換を行いました」と述べた。
24

【日韓防衛相会談】岩屋防衛相「元の関係に戻したい」と会談に意欲→防衛省幹部「時期尚早」正式な会談は見送りに

31日にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で韓日防衛相間の公式会談を進めないことになったと日本メディアが伝えた。読売新聞は複数の日本政府関係者を引用し、「(岩屋毅防衛相は)韓国の鄭景斗(テョン・ギョンドゥ)国防長官との正式な会談は見送り、立ち話程度の接触にとどめる予定」と28日、報じた。 
6

【お笑い韓国軍】韓国期待の新型護衛艦が5カ月で故障、水深が浅いところを通過した際、スクリューが海底面に接触『艦長、運航ミスを認める』

記事によると、韓国海軍は同日、「国防技術品質院(技品院)が主管となり、海軍、防衛事業庁、製作会社などが大邱艦の推進系統の損傷原因を究明するため、現場調査、停泊試運転、航海試運転などを実施した。今月20日には、技品院が海軍と防衛事業庁に『使用者運用不十分』とする結果を通知した」と発表した。
2

【お笑い韓国軍】 高性能爆弾を積んで敵車両に突っ込む自爆型ドローンを初公開(動画あり)

 高性能爆弾を積んで敵の240ミリ放射砲(多連装ロケット)車両に突っ込み、爆破する「自爆型ドローン」が、16日に初めて公開された。韓国陸軍は16日、陸軍情報学校で監視・偵察・打撃・除毒(除染)・輸送用ドローン運用技術のデモンストレーションを行った。
3

【お笑い韓国軍】北朝鮮ミサイルの種類 韓米当局(韓国だけが)なお「共同分析中」

北朝鮮が短距離ミサイルと推定される飛翔体2発を発射してから3日が過ぎたが、韓国と米国の軍当局は飛翔体の種類や特性の分析を慎重に進めている。 韓国軍関係者は12日、「韓米は共同分析を進めている」として、「分析結果がいつ出るか、明確に言える段階ではない」と述べた。
14

【お笑い韓国軍】 6年もソナーなしで作戦、新型護衛艦はエンジン不調で係留中 名品ヘリは墜落 問題山積の韓国製兵器システム

1970年代レベルの性能不十分なソナーを積み、韓国の「防衛産業不正」の代表例に挙げられてきた水上救助艦「統営」は、依然としてソナーなしで運用されていることが4月9日までに分かった。不良ソナーの問題が指摘されてから5年たったにもかかわらず、「目が悪いままで」海を走っているのだ。
6

【中央日報】読売の報道で韓日哨戒機問題第2ラウンド 哨戒機事件をイシュー化しようとする日本の意図に対し、軍当局が未熟な対応で波紋を広げた

韓日間の哨戒機問題が日本側の報道で第2ラウンドに入った。火器管制レーダー照射に関する韓国の新指針の内容として日本側が自国のメディアに流しながらだ。韓国軍当局は当初、「対応マニュアルについて日本に知らせたことはない」と消極的に対応していたが、後に「関連内容を日本に知らせて警告したことはあるが、一部は事実でない」と反論した。 
アクセスランキング