Category: 在日

21

【毎日新聞】シャンソン歌手の在日コリアン「在日2世でゲイの自分は一体何者なのだろうか」

「誰でも旅人、迷い人」。在日コリアン2世で、ゲイであることを公表している岐阜市のシャンソン歌手今里哲さん(68)の歌に、観客は心を動かされる。差別や偏見を乗り越え「苦しんでいる人を歌で慰める」との使命感がシャンソンを通じて伝わるからだ。
12

在日韓国人2世「日韓の相互理解を深めるセミナーを開催し、多文化共生社会を実現させたい」

日韓の相互理解を深めるセミナーを開催し、多文化共生社会を実現させたい。 ページをご覧いただきありがとうございます。一般社団法人KJプロジェクト代表の裵哲恩(ペー・チョルン)です。 在日韓国人2世として、日本で生まれ育ちました。大学在学中に韓国社会文化研究会(韓文研)というサークルに出会ったことで、アイデンティティを失わずに「在日」として生きる道を進むことを選択しました。大学卒業後、在日韓国人の生活者団体である「韓国民団」で33年間勤務し、主に日韓相互理解のための記者セミナーを担当し235回開催いたしました。
16

在日コリアン「先ほどのNHKおはよう日本 アイヌを先住民族と言い、日帝の『同化政策』に触れていた。マトモではないか(笑)」

先ほどのNHK「おはよう日本」。 アイヌ民族の伝統儀式を、アイヌの若者たちが芝居で再現するとのニュース。 キチンとアイヌを「先住民族」と言い、日帝(日本帝国主義)の「同化政策」に触れ、アイヌの若者の声を取り上げていた。 どうしたNHK。
29

【朝日新聞】日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさ 「ヘイト」訴えた在日女性

 職場で「在日は死ねよ」などのヘイトスピーチを含む文書を配布され精神的苦痛を受けたとして、東証1部上場の不動産大手「フジ住宅」(大阪府岸和田市)で働く在日韓国人3世の50代女性が、同社と会長を相手取って3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、大阪地裁堺支部であった。
2

【韓日ビジョンフォーラム】日本はまだ韓国内の投資回収、在日に対する報復、金融制裁などカードがある

「韓国の法院(裁判所)が強制徴用日本企業に対する資産差し押さえ公示送達に着手して現金化は時間の問題になった。現金化が現実化すれば、韓日葛藤は両国間「報復措置-正面対抗」の「やられたらやり返す」(tit for tat)のチキンゲームに陥る可能性が高い。
アクセスランキング