Category: 政治

3

【悲報】玉城デニー「辺野古の軟弱地盤の下は活断層、地盤改良工事をすると活断層になんらかの影響も考えられる」

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設をめぐって国民民主党の玉木代表は沖縄県庁で玉城知事と会談し、名護市辺野古の埋め立て予定地に軟弱地盤があるとみられ、予算や工期への影響について検証が必要だとして県と連携して政府に工事の中止を求めていく考えを示しました。
3

【クイズ王】参議院議員 小西ひろゆき「『野菜か果物か』、『翼があるかないか』で正解が絞れるのだろうが、そもそも、こんなクイズのような設問が『大学入試』にふさわしいのだろうか。」→ツッコミ殺到www

「野菜か果物か」、「翼があるかないか」で正解が絞れるのだろうが、そもそも、こんなクイズのような設問が「大学入試」にふさわしいのだろうか。受験生も戸惑ったのではないだろうか。初っぱなからペースを乱された受験生がいないことを祈りたい。
7

【動画】小野寺五典議員「李承晩ラインの後、日本の漁民が拿捕や銃殺された…」

小野寺五典「韓国の中にいる日本人が戦争のどさくさに紛れて様々な被害を受けた。李承晩ラインの後、日本の漁民が拿捕や銃殺された。これら日本が被った被害も無しにしましょうと引きずらないように決めた話。政権代わればまた蒸し返される。言い続けるか距離を置き続けるしかない」
22

【FNN】韓国に喝!ビザなし渡航を制限する制裁は有効か?

冬の韓国・ソウルで生活するのは、なかなか厳しいものがある。氷点下10度以下という寒さには慣れたが、近年深刻化したPM2.5による大気汚染に慣れる事は永遠に無いだろう。酷い日には外出もままならず、市内を流れる漢江(ハンガン)の対岸は白く煙って見えないほどだ。この大気汚染と同様に視界不良なのが、日韓関係だ。
10

【立憲枝野代表】レーザー照射問題について、ついに重い口をひらく「我が方に理がある」⇒ ネット「我が方ってどっち?」「我が方(日本とは言ってない)」 

(海上自衛隊の哨戒機に韓国海軍の駆逐艦が火器管制レーダーを照射したとされる問題について)これは政治問題化をせず、実務的に粛々と事実関係を明らかにしていけば、いま我々が承知している範囲では、明らかに我が方に理があると思っている。
4

柚木みちよし「菅官房長官『県民投票は沖縄でやってる』は?民意をガン無視し続けるから県民投票が必要になっている!国会なら即刻審議ストップの大紛糾!」

米軍基地辺野古建設を問う県民投票を妨害する市長村への抗議の動きに望月記者「政府の認識は?」菅官房長官「県民投票は沖縄でやってる」は?安倍政権が翁長、玉城と2度も県知事選で示された民意をガン無視し続けるから県民投票が必要になっている
23

櫻田淳教授「韓国は豚肉食せないイスラム世界と同じ『異質な文明世界』と初めから割り切って接していれば感情的な反発の対象にはならない。」

1990年代半ば、サミュエル・P・ハンティントン(政治学者)が著書『文明の衝突と世界秩序の再築』を通じて「文明の衝突」仮説を披露した際、彼が提示したのは、「西洋」、「ギリシャ正教」、「ヒンドゥー教」、「イスラム教」といった9つの「文明圏域」から成る世界のイメージであった。
4

韓国紙「韓日外交戦争の序幕が開かれた。『被害者コスプレ』は安倍首相の特技でもある。万全の準備をした『安倍の矢』に我々は対応する準備ができているのだろうか。」

日本で最も尊敬される政治家には吉田茂元首相が最初に挙げられる。敗戦後の日本復興を導いた人物で、第45代から5回も首相を務めた。正統外交官僚出身の吉田元首相は敵だった米国を日本の血盟に変えた第一の貢献者だ。日本には元外相の首相が多い。戦後から今まで(第45-96代)、元外相が首相になったケースは計17回にのぼる。3回に1回は外交トップが内閣を率いたということだ。
9

韓国政府「徴用工賠償の差押えを尊重」と条約無視を宣言

韓国の康京和(カンギョンファ)外相は16日の記者会見で、元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国大法院(最高裁)判決について、 「司法プロセスを尊重することが、政府の基本的立場だ」と述べた。 日本企業の資産差し押さえを司法が認めたことも尊重する必要があるとの考え方を示した形だ。
アクセスランキング