Category: 外交

13

中央日報、日本の「おもてなし外交」韓国は「おもてなし」を受けられず、むしろ「軽視」されている

1983年11月、東京都西多摩郡日の出町の首相別荘。当時の中曽根康弘首相が伝統的なかまどを備えた畳の部屋で日本の作法でレーガン米大統領に膝をついて茶を点て心を込めて接待した。その後2人は互いを「ロン」と「ヤス」と呼び合い最高の同盟を構築した。
6

【徴用工】韓日議連会長「日本大使や日本議員は『日本企業による賠償を妨害しない』と言っている」

韓国の国会議員でつくる韓日議員連盟の姜昌一会長は、日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り 「駐韓日本大使や日本の議員たちが『韓国が(解決に向けた)ジェスチャーを見せれば、日本企業の被害者への賠償を妨害しない』と話している」と述べ、日本側が早期の対応を求めていると明らかにした。韓国紙、中央日報が姜氏のインタビューを22日付で報じた。
15

【徴用工】河野外相「これ以上待つこともできない。仲裁委員会開催か国際司法の場で」→二階幹事長「円満に話し合おうよ」

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、日本政府が韓国政府に対し請求権協定に基づく仲裁委員会の開催を要請したことについて、河野外務大臣は「日韓関係にとってゆゆしき事態だ」として、ムン・ジェイン (文在寅)大統領にリーダーシップを発揮して問題解決に取り組むよう求めました。
7

【徴用工訴訟】日本政府、韓国対応に業煮やす 日韓首脳会談見送りか

日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟をめぐり、日本政府は20日、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置要請に踏み切った。1月に2国間協議を求めてから4カ月間、韓国側から何の動きもなく業を煮やした格好だ。政府は国際司法裁判所(ICJ)への提訴をちらつかせて韓国を揺さぶるが、仲裁に応じるかは不透明だ。
アクセスランキング