Category: 外交

1

【徴用工問題】自民で日増しに「早期対抗措置」の声 駐韓大使の召還 査証(ビザ)の免除措置の凍結・廃止など

日本の朝鮮半島統治下で徴用工だったと主張する韓国人らが起こした訴訟で、韓国最高裁が日本企業に相次いで賠償を命じたことを受け、政府は対抗措置の検討に入っている。具体的な措置は、文在寅(ムン・ジェイン)政権の対応を見極めた上で判断する方針で、「あくまでボールは韓国政府にある」(政府高官)と韓国側に解決策を提示するよう一層強く迫る構えだ。
0

【悲報】G20 米韓首脳会談は『立ち話』の予定 米報道官発表

トランプ氏、トルコや韓国首脳らとは「立ち話」の予定 [米大統領専用機上 29日 ロイター] - トランプ米大統領は、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の開催中、トルコや韓国の首脳らとは正式な会談を行わず、「立ち話」の形式で話し合う見通し。サンダース報道官が記者団に明らかにした。
10

飯島勲氏「韓国ほど信義信頼を守らない国はない。韓国からのノービザ入国は即刻廃止。入国者の手荷物検査を徹底的に厳しくする。韓国も北朝鮮と同列に対応すべし」

飯島勲氏が韓国への制裁措置を主張している。『韓国ほど信義信頼を守らない国はない』『韓国からのノービザ入国は即刻廃止』『入国者の手荷物検査を徹底的に厳しくする』
8

韓国「弱腰」外交に不満高まる 韓国ネット民「日本旅行を紹介する番組や日本車の購入を禁止するべき。そうすれば日本の態度も変わる」

2018年11月28日、韓国最高裁が日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じる判決を出したことや、韓国政府が日韓合意(15年12月28日)により設立された「和解・癒し財団」の解散を発表したことで日韓関係が冷え込む中、韓国では外交部の対応に疑問の声が上がっている。
4

スー・チー氏、日本にすり寄る ロヒンギャ問題で窮地 日本は「友人」と繰り返し投資を呼び掛け

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が、日本重視の姿勢を鮮明にし始めた。イスラム教徒の少数民族ロヒンギャ迫害問題への対応をめぐり、欧米から批判を浴びて窮地に陥るスー・チー氏だが、中国依存を強めることには警戒感がある。欧米と一線を画して支援を続ける日本から投資を呼び込み、バランスを取る狙いがありそうだ。
0

中国駐ドイツ大使「中国の完全な市場開放は時期尚早。中国企業に買収されれば、中国からの受注が増え、中国市場に完全にアクセスすることができる」

中国の史明德・駐ドイツ大使は、中国とドイツの関係は、欧州の(訂正)どの国よりも緊密だが、中国は工業化の途上にあり、外国企業に完全に市場を開放することはまだできないとの認識を示した。
2

【南北鉄道共同調査】 韓国外交部高官「米国が強い支持を表明した。対北制裁の例外認定で近日中に朗報があるだろう」

韓国の李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長は22日、韓国と北朝鮮が推進する南北の鉄道連結に向けた北朝鮮区間の共同調査に関連した対北朝鮮制裁の例外認定問題について、「米国は鉄道連結のための調査事業に対し強い支持を表明した」とし、「近い時期に良い便りがあるだろう」と述べた。
2

韓国政府「慰安婦合意、破棄・再協議要求せず…日本の誠意ある努力に期待」

韓国政府は21日、和解・癒やし財団の解散決定に関連して、安倍晋三首相が「国際約束が守られないのであれば、国と国との関係が成り立たなくなってしまう」と述べたことに対して「慰安婦合意の破棄や再協議を要求しないという政府の立場に変化はない」と明らかにした。
アクセスランキング