Category: 外交

1

韓国シンクタンク、韓国の北朝鮮傾倒に警鐘「来年も北朝鮮に集中すれば韓国外しが現実化」 

韓国の民間シンクタンク、峨山政策研究院は19日に公表したリポートで「韓国が来年も北朝鮮問題ばかりに集中すれば、北東アジアのパワーバランスが変化する過程で『コリア・パッシング(韓国外し)』が現実化する恐れがある」と指摘した。
1

米ワシントンで討論会「韓国は北朝鮮の思惑通り変わっている」

 今月11日にワシントンで保守系シンクタンク「企業研究所(AEI)」主催の討論会が開かれ、その席で対北朝鮮制裁の専門家として知られるジョシュア・スタントン弁護士がこのように発言した。討論会のテーマは「韓国の開かれた社会とその敵:右派権威主義から左派?」だった。
6

【産経】日韓議連記者会見「産経記者」取材拒否 中国が本紙記者の取材を拒否したことは何度もある。これらとどこが違うのか。容認するわけにはいかない。

日韓議連と韓日議連が14日にソウルの韓国国会で開いた合同総会の閉会式と記者会見について、本紙政治部記者の取材が許可されなかった。産経記者に手続き上の瑕疵(かし)があったためだという。
4

【日韓議連】文在寅が初の言及「個人請求権は消滅してない」 志位和夫「徴用工問題の本質は植民地支配による人権侵害にある」

文大統領は額賀会長から和解治癒財団解散、強制徴用関連判決などの立場を質問されて「和解治癒財団は古くから活動と機能が停止され、理事たちもほとんど退任し議決機能も難しい状態」と「何の活動がない状態での運営と維持費だけ支出されてきたことだし、財団を解散した」と答えた。
9

【インタビュー】韓日議連の姜会長「韓国と日本は運命共同体」知恵結集を

超党派でつくる韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)は12日までに聯合ニュースと共同通信の合同インタビューに応じ、日本による植民地時代に強制徴用された被害者らへの賠償を日本企業に命じた大法院(最高裁)の判決などで両国関係が冷え込んでいることについて、
9

【日韓議連】河村建夫幹事長インタビュー「韓国側に言うべきことは言う」13、14日に合同総会

超党派の日韓議員連盟(会長=額賀福志郎元財務相)は13、14両日、ソウルで、韓国側の韓日議連との合同総会を開く。韓国最高裁のいわゆる「徴用工」をめぐる異常判決で、日本国内ではかつてないほどに反韓感情が強まっている。日韓議連幹事長で、自民党の河村建夫衆院議員は訪韓に先立ち、夕刊フジのインタビューに応じ、「冷静に議論し、未来志向の日韓関係を築くきっかけにしたい」と語った。
2

【ゴーン逮捕】フランス元駐日大使「日本のことを友人だと思っていたのに……」「もし、同じようにトヨタ自動車の会長がフランスで逮捕されたら日本は怒るだろう」

フィリップ・フォール元駐日フランス大使(68)がパリ市内で毎日新聞の取材に応じ、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕に強い不快感を示した。日本政府は逮捕容疑に関する詳細な情報を提供すべきだとし、国際社会で日本が信頼を失う事態に発展しかねないと警告した。
アクセスランキング