Category: 地方自治

4

【爆笑】韓服姿の米NJ州テナフライ市長「韓服の日」宣言「韓服の起源は紀元前2333年、檀君が建国した古朝鮮に遡る」

 米ニュージャージー州テナフライ市のマーク・ジンナー市長が6日(現地時間)、市役所講堂で開かれた「韓服の日(Korean Hanbok Day)」宣言式に韓服を着て登場した。同市では今年から毎年10月21日を「韓服の日」として記念することになった。海外の地方自治体では初めてのことだ。この日の式では、韓国系の学生たちが韓服姿で長鼓舞などの伝統舞踊を披露した。
5

横浜市南消防団 外国人防災指導チーム発足 韓国籍、中国籍の団員ら10人「同じ国の仲間たちの力に」

 横浜市南消防団に六日、市内初となる「外国人防災指導チーム」が発足した。南区は市内で三番目に外国人住民が多く、外国人団員らが地域の外国人住民に、日頃は防災指導を行い、災害時には避難誘導を担う。メンバーたちは「同じ国の仲間たちの力になれるよう全力で活動していく」と意気込んでいる。
5

日本の多くの教科書に「竹島は日本の領土」次期韓国大統領候補「日本、過去を否定して歴史歪曲すれば後進国に転落する」

京畿道(キョンギド)の李在明(イ・ジェミョン)知事が、日本の多くの教科書に「竹島(独島の日本名)は日本の領土」という主張が入ることについて、「日本が過去を否定し、歴史を歪曲し、孤立を自ら招けば、遠からず後進国に転落することになるだろう」と批判した。
3

【ソウル市長選】親日狩りを先導した首謀者がまさかの“日本買い「日本のマンション」「日本企業株式」「日本車」

文在寅大統領を支える与党・共に民主党からソウル市長選挙に立候補した朴映宣(パク・ヨンソン)候補の“日本好き”が韓国世論を賑わせている。朴候補が「日本のマンション」「日本企業株式」「日本車」を保有する親日派であるという議論を前に、共に民主党や文在寅支持者らが沈黙しているのは、韓国与党の「反日」が世論を扇動する政治目的に過ぎない証しだろう。
4

【前科5犯も】ソウル市長選、立候補者13人のうち5人が前科者と判明=韓国ネット「あり得ない」「詐欺罪の人も?」

新自由民主連合のペ・ヨンギュ候補は詐欺罪で懲役1年、執行猶予2年を言い渡されるなど前科記録が計5件で最も多い。また、国家革命党のホ・ギョンヨン候補は公職選挙法違反(懲役1年6カ月)など3件、未来党のオ・テヤン候補は兵役法違反(懲役1年6カ月)、民生党のイ・スボン候補は集会デモ法違反(懲役1年)、進歩党のソン・ミョンスク候補は一般交通妨害および集会デモ法違反(罰金100万ウォン=約9万6000円)でそれぞれ1件の前科があるという。
7

【情報流出】「LINE」から他のSNSへ 自治体で続々

無料通信アプリ「LINE」の利用者情報が業務委託先の中国企業から閲覧可能だった問題で、国や自治体などが利用を停止する動きが相次いでいる。自殺防止を目的にした相談窓口も他のSNSに切り替えられるなど影響が広がっている。
アクセスランキング