Category: 地方自治

7

佐竹秋田県知事「イージス・アショア配備計画をめぐり、ネットの意見で『非国民』『知事辞めろ』といっぱい言われる」

秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(陸上イージス)配備計画を巡り、防衛省側の相次ぐ不手際で計画が暗礁に乗り上げている問題で、秋田県の佐竹敬久知事は24日、県議会予算特別委員会などでインターネットを介し県内外から「非国民」などと批判する意見が寄せられていることを明らかにした。
22

【内ゲバ】猪野 亨弁護士「川崎市のヘイト条例に刑罰を科す方針に神奈川県弁護士会が支持する声明を出したというのだ。表現の自由への危機を弁護士会が後押しするなど言語道断だ」⇒しばき隊界隈発狂

川崎市では、ヘイト禁止に刑罰を科す条例を制定しようとしているが、こともあろうことか神奈川県弁護士会がこれを支持する声明を出したというのだ。 在野法曹の立場をかなぐり捨てた暴挙であり、表現の自由への危機を弁護士会が後押しするなど言語道断だ。
25

【神奈川新聞】川崎市 ヘイトスピーチ根絶「日本一の条例」へ ヘイト規制に刑事罰導入、市民団体が歓迎

 被害当事者から市民団体メンバー、弁護士、国会議員が駆け付けた。川崎市が成立を目指す差別根絶条例で福田紀彦市長が表明した「刑事罰導入」という決断。市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」が開いた記者会見は歓迎の声に染まった。
9

【言論弾圧CITY】川崎市が差別禁止条例に罰則規定を設ける方針 福田紀彦市長「表現の自由に留意しつつ、罰則規定である行政刑罰に関する規定を設ける」

川崎市の福田紀彦市長は19日の市議会で、制定を検討しているヘイトスピーチ対策を含む差別禁止条例に罰則規定を盛り込む考えを示した。条例の実効性を確保するため、「表現の自由に留意しつつ、罰則規定である行政刑罰に関する規定を設ける」と述べた。
16

玉城デニー沖縄県知事「日本漁船は中国公船の尖閣周辺パトロールを刺激するようなことを控えろ」

 沖縄県の玉城デニー知事は31日の記者会見で、米海兵隊の沖縄駐留について「海兵隊が沖縄に駐留せずとも、日米の安全保障体制を毀損(きそん)することはないという考えもあろうかと思う」と述べた。また「海兵隊の抑止力は全体の一部で、海兵隊のみが抑止力として強調されるものではない。それ以外の戦力でも十分、対処可能なのではないか」とも述べた。
10

沖縄の玉城デニー知事「基地問題を訴えるため全国行脚します」

2月の県民投票で示された辺野古新基地建設に反対する民意や沖縄の米軍基地問題を全国に伝え、安全保障について全国的な議論を喚起しようと、玉城デニー知事が全国各地に足を運び、沖縄の声を伝える「We love OKINAWA―デニー知事・全国キャラバン」が6月11日から始まる。戦後74年が経過しても沖縄に米軍基地が集中する現状を訴え、日本の民主主義や地方自治の在り方などについて議論する。
9

韓国京畿道議会「学校にある日本の戦犯企業の備品に認識票を付ける」条例発議へ

京畿道(キョンギド)地域の学校で使用するビームプロジェクターやカメラ、コピー機などのうち、日本の戦犯企業の製品に認識票を付着する内容の条例制定が推進される。京畿道議会は17日、ファン・デホ議員(共にに民主党・水原4区)の発議で、『京畿道教育庁の日本の戦犯企業製品の表示に関する条例案』が立法予告されたと明らかにした。
アクセスランキング