Category: 政治

外務省 国連安保理 3

【害務省】文在寅政権よりも日本のほうが対北朝鮮制裁に消極的!?外務省が国内法を整備しなかった

北朝鮮の「非核化」は膠着している。他方、北朝鮮による石油製品の洋上での「瀬取り」や石炭密輸等は後を絶たない。日本にとって最大の問題は日本自身の対北制裁の実効性にある。国連安保理北朝鮮制裁委員会専門家パネル元委員の古川勝久氏が、解説する。
4

自由韓国党院内代表 「日本の政治家なのか」との与党議員の批判に…「ひどい歪曲」

共に民主党と自由韓国党は15日「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が新年記者会見で不必要に日本を刺激したのではないかという意見がある」という韓国党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表の前日の発言をめぐり攻防を繰り広げた。
2

【韓国メディア】断固とした文大統領に、『責任転嫁・・・盗人猛々しい』などと言う日本

先週、新年の記者会見で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が韓日の過去の問題に断固たる立場を明らかにした事に対し、日本の反発が相次いでいます。 日本政府と与党はもちろんメディアまで加勢して非難を行い、世論にも少なからずの影響を及ぼすものと見られています。
7

韓国野党「文政権が日本を追い詰めるならば、韓国経済には計り知れない打撃となる」

韓国最大野党「自由韓国党」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表は14日、党の非常対策委員会の会合で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の年頭会見について「日本を不必要に刺激したのではないかという話がある」としながら、「文在寅政権が、反韓感情が極度に高まっている日本をどうにもいかない状況まで追い詰めるならば、韓国への経済的な打撃はもちろん、韓米日同盟の弱体化に対する懸念が深まるだろう」と指摘した。
7

韓国、日本に「1965年請求権協定の補完」逆提案を検討へ

日本が韓国大法院(最高裁)の徴用判決に反発して1965年韓日請求権協定に基づいた外交的協議を要請してきたことを受け、韓国政府が「65年協定の際に議論できなかった懸案をすべて協議しよう」と逆提案する方針を検討していると、韓日関係に詳しい外交消息筋が13日、 伝えた。
韓国首相「日本は過去を前に謙虚でなければならない」 5

韓国首相「日本は過去を前に謙虚でなければならない」

李首相は三・一運動100周年を迎え、ソウル 江北区(カンブクグ)水踰里(スユリ)にある独立運動家・孫秉煕(ソン・ビョンヒ)先生の墓所を参拝した後、このように明らかにした。首相が孫秉煕先生の墓所を参拝するのは今回が初めてで、1956年3月1日に李承晩(イ・スンマン)大統領(当時)が訪問して以降、初の高官の訪問でもある。
8

枝野幸男 「立憲民主党は、宏池会と同じく『保守本流』である。」(テレビ朝日の図から)

それから、福山幹事長は立場上の幹事長としての言動から誤解される面がありますが、少なくとも私よりタカということはありません。ご参考に、中島岳史先生がつくられた図をテレビ朝日が修正したものをもっていますので、貼っておきます。かなりしっくりくる図だと思います。
6

国連北朝鮮人権特別報告官「北朝鮮は国全体が監獄」韓国で記者会見 ネット「北は監獄、南は地獄」

所在がいまだつかめていないチョ・ソンギル前駐イタリア北朝鮮大使代理に対して、トーマス・オヘア・キンタナ国連北朝鮮人権特別報告官が11日に韓国で行った記者会見で「全ての者は亡命を申請する権利がある」と述べた。キンタナ氏はまた「私がイタリア政府に要請して提供を受けた事実関係は、チョ氏が消える前にすでに別の大使代理に交代させられる計画があったという程度」とし「追加的に付け加える言葉はないが、国際法の側面から、誰もが難民の認定を受けることができるという点を述べておきたい」と強調した。 
4

【与党関係者】石破茂氏「ニュース番組で『…であることが関係者への取材によりわかりました』報道が多いことに違和感」

明けましておめでとうございます。旧年中は何かとお世話様になり、誠に有り難うございました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。  平成の御代も最後の年となります。よく心してあらゆる事柄に臨んでまいります。
アクセスランキング