政治一覧

【南北会談】日本政府「北の非核化、信用できず」「時間稼ぎを許すだけ」不信募らす声も

日本政府内では6日夜、韓国と北朝鮮が南北首脳会談開催で合意したことに関し「かなり前のめりに物事が進んだ印象だ」(政府当局者)と戸惑いや驚きが広がった。小野寺五典防衛相は「核・ミサイル開発の放棄につながるのか慎重に見定める必要がある」と防衛省で記者団に語った。

記事を読む

【ARICヘイトウォッチチーム】話題になっている科研費disは「極右による攻撃」と見るべき

話題になっている科研費disは「文系学問の価値を理解できない人間が騒ぎ立てている」のではなく、「極右による攻撃」と見るべき。ターゲットになっているのは植民地主義やフェミニズムの研究者であって、明らかに対象を選別し行われている。 

記事を読む

【また騙されるのか】 韓国政府発表 北朝鮮「体制保障されるなら核保有の理由はない」

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領の特使として北朝鮮に派遣され、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と会談した、大統領府のテョン・ウィヨン(鄭義溶)国家安保室長は、北朝鮮側が、朝鮮半島の非核化の意志を明確にし、北朝鮮に対する軍事的な脅威が解消されて北朝鮮の体制の安全が保障されるならば、核を保有する理由はないとする考えを明確にしたと明らかにしました。

記事を読む

金正恩「韓国側と会談し、満足のいく合意に達した」……おい、何を約束したんだよ!

今回の会談について、北朝鮮の国営メディアは、6日朝、「キム委員長は、特使から南北首脳会談と関連したムン大統領の意向を伝えられて意見を交わし、満足のいく合意に達した。関係部署に実務的な措置を取るよう指示した」と伝えました。また、「南北関係を積極的に改善し、朝鮮半島の平和と安定を保障するうえでの問題について、虚心たん懐に意見を交わした」としています。

記事を読む

【ARIC】梁英聖「杉田水脈議員がWiLLにARICのことを書いてるらしい。ぜひ読ませていただきますので、一冊送っていただけませんか?」

杉田水脈@miosugita議員がWiLL にARICのことを書いてるらしい。 建設的な批判なら大歓迎です。 事実に基づかないデマや差別については、こちらも相応の対応を致します。 ぜひ読ませていただきますので、一冊送っていただけませんか?

記事を読む

ガースー久々の笑顔「秋田出身の私もうれしい」ザギトワ選手への秋田犬贈呈で 

平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得した「ロシアからの五輪選手(OAR)」のアリーナ・ザギトワ選手(15)に日本から秋田犬(あきたいぬ)が贈られることについて、菅義偉官房長官は5日の記者会見で「秋田出身の私自身も大変うれしく思っている」と述べた。

記事を読む

【MeToo】韓国与党有力政治家に性暴力疑惑 秘書が告発

2017年大統領選の候補で、与党「共に民主党」の有力政治家である安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事に性暴力疑惑が浮上した。 同氏の秘書が5日のテレビ番組に出演し告発した。安氏は同番組の取材に秘書との「不適切な関係」は認めたものの、合意の上だったと反論している

記事を読む

民進党が4月中に希望の党と合流して新党結成する方針を発表 こいつら何のために分裂したの?

民進党の増子輝彦幹事長は5日の記者会見で、希望の党との合流による新党結成について 「遅くとも統一地方選1年前の4月中、メーデー(5月1日)の前までには新しい党の形で戦うのがいい」と述べ、4月中の結成が望ましいと明言した。

記事を読む

【外国人も参加可能】立憲民主党の「立憲パートナーズ」を来月にも募集開始 「市民団体」で活躍するリーダーの育成などにもつなげる

政策に市民団体やNPOなどの意見を積極的に取り入れようと、立憲民主党は来月にも、18歳以上であれば政策の立案に参画できる 「立憲パートナーズ」という新たな取り組みを本格的に始めることにしています。 この「立憲パートナーズ制度」は、18歳以上で登録料の500円を払えば立憲民主党の政策の立案に参画できるという新たな取り組みで、来月にも参加者の募集を始めることにしています。

記事を読む

【特使派遣】韓国「米朝対話の仲介をする!」→アメリカ「余計な事するな、非核化を明確にして米国に直接連絡しろ」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、5日に北朝鮮に特使団を派遣することを決めたが、特使団派遣を通じて米朝対話の「仲介」を試みる文大統領の構想に対し、米国内で懸念や疑問の声が上がっている。特に「韓国は(米朝の間で)仲介役を務める」「米国も対話のハードルを下げる必要がある」といった文政権の北朝鮮をめぐる方針について、疑問の声が米国政界の内外で広がっている。

記事を読む

【参院選】小泉純一郎「野党が原発ゼロで結束すれば参院選圧勝」、立憲民主党は3月中に原発ゼロ法案を国会提出する方針

衆院選大勝ですっかり安倍一強に戻った永田町。そんな中、元気なのが小泉純一郎元首相(76)だ。2月、初となる回顧録『決断のとき』を出版した。原発ゼロの持論に加え、少年時代から人生を振り返りつつ、郵政解散や電撃訪朝など様々な政治決断の背景を明かしている。取材・構成を手掛けたライターの常井健一氏が経緯を語る。

記事を読む

田中龍作「官僚のモラルを破壊し尽くす男 その名は安倍晋三」

「あなた達は犠牲者だね。安倍内閣の犠牲者だ。隠ぺい、改ざん、不正。すべてのことをあなた達は、やらされてるんだ」。民進党の増子輝彦幹事長は諭すように、居並ぶ財務官僚たちに話しかけた。労働者の命を売り飛ばそうとした厚労省のデータ捏造に続き、今度は財務省の公文書改ざんが明らかになった。

記事を読む

【森友文書問題】立憲・枝野幸男「国家や社会がぶっ壊れる」 

(森友学園問題をめぐって)公文書を改ざんするという、とんでもない疑惑が出てきた。民主主義とか国家とか社会というものがぶっ壊れてしまいます。役所はそういうことをしないと思っているから、例えば、皆さんも納税の通知書がくれば、「正しいだろう」と思って税金を納めるんじゃないですか。

記事を読む

【悲報】米国では今、『韓国疲れ』が広がっている。むき出しの韓国を知って「この人たちはいったい何なんだ」と当惑w

韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は1日のトランプ米大統領との電話会談で、近く北朝鮮に特使を派遣する方針を伝えた。これについて、 サンダース大統領報道官は、朝鮮半島非核化のプロセスとして歓迎の意向を示したが、さて米国の本心はどうか。対北融和路線を突き進む文政権への警戒心を、一層強めたのではないか。

記事を読む

【無効票のカラクリ】 杉田水脈議員『(無効票を減らすには)立会人が重要となります。弱小陣営で立会人が立てられない場合は主張できないので無効票となります。 』

こういう時に立会人が重要となります。私の陣営の立会人の方が「杉田水脈と書こうとしたのだから杉田の票だ」と主張して認められたら (他に間違えるような名前が無い場合など)は私の票になります。が、弱小陣営で立会人が立てられない場合は主張できないので無効票となります。

記事を読む