Category: 国連

10

【慰安婦資料の記憶遺産】ユネスコ「日本、韓国と対話を」

国連教育科学文化機関(ユネスコ)が、慰安婦問題関連資料の「世界の記憶(記憶遺産)」の登録延期と関連して、1年以上韓国との対話を避けている日本に対話に出るよう促すメッセージを送るという。日本が大法院(最高裁)の元徴用工賠償判決と関連して韓国に対して外交的協議要請で攻勢しているが、日本もこの件で韓国の対話要請に応じていないのだ。
3

瀬取りの韓国船籍タンカー、追跡を逃れるため入出港書類を偽造

国連安全保障理事会による北朝鮮制裁決議に違反した容疑で韓国船籍のタンカーが釜山港内の甘川港に抑留されているが、この貨物船は違法な洋上取引(瀬取り)によって少なくとも4300トンの軽油を北朝鮮に供給してきたことが3日までに分かった。韓国船籍のタンカーが北朝鮮に石油製品を違法に提供した容疑が確認されたのは今回が初めて。
2

【瀬取り】国連安保理 北朝鮮への不法輸出「制裁逃れ」の報告書を公表へ!

北朝鮮の制裁逃れをめぐる報告書について、国連安全保障理事会が公表を決めたことが、JNNの取材で分かりました。  これは、JNNが入手した国連安保理・制裁委員会の専門家パネルによる報告書で、北朝鮮が石油精製品を不法に輸入し、核・ミサイル活動も続けていると制裁逃れの実態が記されています。国連安保理内部で5日、報告書の採択を決めたことが、関係者への取材で分かりました。
5

外務政務官、国連人権理で韓国を批判 癒やし財団解散「受け入れられない」   

ジュネーブで行われている国連人権理事会の定例会合で26日、辻清人外務政務官が演説し、2015年の日韓合意に基づき元慰安婦や遺族への支援事業を行った「和解・癒やし財団」を韓国政府が解散することは「到底受け入れられない」と批判した。
0

【瀬取り】北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」と船籍不明の小型船舶による洋上での物資の積替えの疑い 防衛省が公表

平成31年1月18日(金)午後、北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」(IMO番号:7303803)と船籍不明の小型船舶が、東シナ海の公海上(上海の南約410㎞の沖合)で接舷(横付け)していることを海上自衛隊第1海上補給隊所属「おうみ」(佐世保)が確認しました。
6

国連北朝鮮人権特別報告官「北朝鮮は国全体が監獄」韓国で記者会見 ネット「北は監獄、南は地獄」

所在がいまだつかめていないチョ・ソンギル前駐イタリア北朝鮮大使代理に対して、トーマス・オヘア・キンタナ国連北朝鮮人権特別報告官が11日に韓国で行った記者会見で「全ての者は亡命を申請する権利がある」と述べた。キンタナ氏はまた「私がイタリア政府に要請して提供を受けた事実関係は、チョ氏が消える前にすでに別の大使代理に交代させられる計画があったという程度」とし「追加的に付け加える言葉はないが、国際法の側面から、誰もが難民の認定を受けることができるという点を述べておきたい」と強調した。 
アクセスランキング