Category: アメリカ

5

【朝鮮日報】トランプ大統領が日本の「神風特攻隊」を称賛…過去にもわい曲認識「韓国は事実上、中国の一部」

トランプ大統領は今月9日(現地時間)、ニューヨーク州ハンプトンズで開催された選挙資金パーティーで安倍首相との友情に触れ、神風特攻隊のパイロットだった安倍首相の父、故・安倍晋太郎元外相に「魅了された(fascinated)」という趣旨の発言を行った、と米紙ニューヨーク・ポストが報道。
9

金正恩がトランプ大統領に書簡「ミサイル連発してごめん。合同軍事演習が終わればやめる。また会談しよう」

トランプ米大統領は10日、北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長から米韓合同軍事演習の終了後に首脳会談を行いたいとの考えを伝えられたとツイッターで明らかにした。正恩氏から8日に受け取った書簡に書かれていたもので、非核化交渉を再開させたいとの意向が記されていたという。
12

米国人ジャーナリスト「韓国の集団ヒステリーの反日が韓米同盟を脅かす」

韓国の反日感情が集団ヒステリーレベルに近づいている。ムン・ジェイン大統領はこの事態を共同の名目の中に韓国の異質な政治勢力を引き込む凝集力と見ている。別の歴史的な敵との対決が新聞のトップ記事を飾る状況で、どうして韓国の右派は北朝鮮に対する強硬路線を要求し、太極旗と星条旗をふることができるだろうか?
9

ボルトン米補佐官が訪韓して真っ先に会ったのは…? 韓国ネットも驚き「この国は大丈夫か?」

韓国・アイニュース24によると、訪韓したボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は最初の会談相手として最大野党「自由韓国党」のナ・ギョンウォン院内代表を選択した。米外交・安保のツートップの1人であるボルトン補佐官が真っ先に野党代表と会うのは「異例のこと」で、注目が集まっている。
17

ハガティ駐日米大使「時が来た。」と謎の言葉を言い残し離日

ハガティ駐日米大使は22日午後、羽田空港から出国して離任し、空路で帰国の途に就いた。来年の上院選の出馬準備に入るとみられ、航空機の搭乗前に取材に応じたが「(辞任の)時が来た」と述べるにとどめ、具体的な理由には触れなかった。2017年8月の正式就任から約2年間の在任は近年では異例の短期間だった。
アクセスランキング