Category: アメリカ



3

ボルトン「中国が韓国に報復してもトランプは韓国を支援しない」電話インタビューで

ジョン・ボルトン元米ホワイトハウス国家安保補佐官は2日(現地時間)に本紙との電話インタビューに応じ、米国のドナルド・トランプ大統領について何度も「予測できない」と述べた。トランプ大統領と1年5カ月にわたりホワイトハウスで共に仕事をしたボルトン氏だが、それでもトランプ大統領の政策と本心はよく理解できないというのだ。
0

トランプ大統領の動画チャンネル停止 米配信サイト、ヘイト禁止規定違反

米アマゾン・コム傘下の動画配信サイト「ツイッチ」は29日、ヘイトスピーチの禁止規定に違反したとして、トランプ米大統領の動画チャンネルを一時停止したと明らかにした。米ニュース共有サイト「レディット」も、トランプ氏支援者が集まる掲示板を閉鎖したと明らかにした。
9

共同通信「トランプ大統領、記念碑や像を破壊した人々の訴追命令 大統領選に向け支持固め狙いか」

トランプ米大統領は26日、歴史的人物の記念碑や像を破壊した人々を訴追するよう関係機関に命じる大統領令に署名した。保護を怠った州政府などに対し連邦政府の支援を停止する。白人警官による黒人男性暴行死事件に端を発した人種差別抗議デモを機に、全米で奴隷制に絡む像などを黒人差別の象徴として引き倒す動きが広がっていた。
3

米「抗議デモでコロナ拡散」現実に 26州で感染拡大

米国で黒人差別への抗議デモが、新型コロナウイルスの感染拡大を招くとの懸念が現実になりつつある。南東部サウスカロライナ州では参加者の間で集団感染が起き、デモを控える動きも出はじめた。「集会の権利」は憲法で保障されており、行政による感染防止策を難しくしている。
5

【米デモ隊】リンカーン元大統領の「奴隷解放記念碑」撤去を計画

 キャピトルヒルのリンカーン公園には、南北戦争中の1863年にリンカーン元大統領が奴隷解放を宣言したことを記念して1876年に建てられた銅像がある。ひざまずいた黒人男性の手かせが壊され、傍らに立つ元大統領がそれを見下ろしているこの像は、パターナリズム(家父長主義)的な印象を与えるとして長く批判されてきた。
4

【図星】韓国大統領府「ボルトン前大統領補佐官は統合失調症患者のよう」ボルトンの比喩にオウム返しw

ジョン・ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が回顧録で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の韓半島(朝鮮半島)非核化構想を 「統合失調症患者のような考え(Schizophrenic idea)」と低俗な表現をした。
8

【パヨク悲報】シアトル自治区に来たヘイワ活動家の大袈裟太郎さん、黒人男性にボコボコにされてしまう

警察が逃げ出し、市民たちが今、自治区にしている #CHOP の様子です。 市長との話し合いもあって今は市からも自治を認められた状態ですが、 一昨日、何者かの銃撃があり、19歳の青年が殺されてしまいました。 現場最前線から情報を発信していきます。
4

【ボルトン回顧録】文大統領、「米朝首脳会談に参加させてほしい」と執拗に要求も米朝が完全拒否

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2018年6・12シンガポール米朝首脳会談と2019年6・30板門店(パンムンジョム)米朝首脳会談に出席を希望したが、北朝鮮と米国はこれを望まなかったことが分かった。ジョン・ボルトン前国家安保補佐官が23日、公式出版する予定の『それが起きた部屋:ホワイトハウス回顧録(The Room Where It Happened: A White House Memoir)』に公開した内容だ。2018年会談には文大統領が出席することができず、2019年会合にはしばらく参加した。
アクセスランキング